63件中 41 - 50件表示
  • 神戸国際大学附属高等学校

    神戸国際大学附属高等学校から見た坂口智隆坂口智隆

    坂口智隆 - プロ野球選手神戸国際大学附属高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 古谷拓哉

    古谷拓哉から見た坂口智隆坂口智隆

    シーズンは先発として迎えたが、オープン戦では不安定な投球で開幕一軍はならなかった。しかし、5月30日のイースタン・リーグの対横浜DeNAベイスターズ戦(平塚球場)でノーヒットノーランを達成した。この投球が評価され、一軍に昇格すると6月26日の対オリックス・バファローズ戦であと一人でノーヒットノーランを達成するところまで漕ぎ着けたものの、坂口智隆に3塁打を打たれ達成はならなかった。しかし続く代打の辻俊哉を遊ゴロに打ち取り、7年(2492日)ぶり2度目の先発を初完封先発初勝利で飾った。その後もシーズン終了までローテーションの一角として活躍し、自己最多となる9勝、防御率2.73をマークし、同じくこの年それまで同じ左腕で伸び悩んでいた服部泰卓と共にチーム3位に貢献した。クライマックスシリーズのファーストステージでは西武と対戦。第1戦に先発し、相手の先発は岸孝之だった。打線の大量援護だったが5回途中で降板する。ファイナルステージの楽天戦には第3戦に先発するも敗戦投手となった。古谷拓哉 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彰布

    岡田彰布から見た坂口智隆坂口智隆

    自らが現役時代に首位打者まであと一歩に迫りながら逃した経験から、選手起用において個人記録を重視しており、「チームの勝利が最優先であることが大原則」という条件つきながら「監督として手助けできることがあれば最大限に手を貸したつもりである」と述べている。金本の連続試合フルイニング出場、鳥谷敬の連続試合出場の記録更新、坂口智隆の首位打者争いなどにも全面的に協力する姿勢を貫いていた。岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • 聖澤諒

    聖澤諒から見た坂口智隆坂口智隆

    は、4月2日の対オリックス戦(コボスタ宮城)で9回表に坂口智隆の中飛を捕球し、藤井栄治と並ぶ外野手のNPBタイ記録の820連続守備機会無失策とし、翌4月3日の同戦の5回表にエステバン・ヘルマンの中飛を捕球し同記録を821として、NPB新記録とした。同月20日、体調不良を理由に一軍選手登録を抹消された、5月20日に再昇格している。聖澤諒 フレッシュアイペディアより)

  • 小瀬浩之

    小瀬浩之から見た坂口智隆坂口智隆

    試合後のヒーローインタビューなどではノリの良さが垣間見られ、ユニークな発言を連発していた。アレックス・カブレラが後ろにいたのに気が付かず、突然もみあげを引っ張られ、「痛っ!」と叫んでチームメイトらに大笑いされるなど、オリックスの選手たちの間ではいじられキャラとしてよく登場していた。特に年の近い大引啓次・坂口智隆と仲が良く、ファン感謝祭では3人で羞恥心のパロディとして「Bs羞恥心」を結成し、踊りを披露していた。小瀬浩之 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷智久

    大谷智久から見た坂口智隆坂口智隆

    報徳学園高校に進学後は2年春からエースとなり、尾崎匡哉らと共に3年時には第74回選抜高等学校野球大会に出場して西村健太朗・白濱裕太らを擁する広陵高校、須永英輝を擁する浦和学院高校、谷哲也を擁する鳴門工業高校などを破り優勝。自身は初戦から決勝戦までの6日間で5試合を全て完投した。夏は兵庫大会決勝で坂口智隆を擁する神戸国際大附高校を破り、第84回全国高等学校野球選手権大会に春夏連続となる出場を果たすも1回戦で浦和学院高校に敗れた。大谷智久 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のラジオ (日本)

    2011年のラジオ (日本)から見た坂口智隆坂口智隆

    これぞ!Bs魂 〜気になるオリックス・バファローズ〜年始番外編『ぐっち・ゴンゾウの「きばっていこうぜ!!」』(ABCラジオ、14:00。出演:坂口智隆、横山徹也、田野和彦 )2011年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 中村一生

    中村一生から見た坂口智隆坂口智隆

    は公式戦の開幕を二軍で迎えた。正中堅手の坂口智隆が5月17日の対巨人戦(東京ドーム)で負傷したことから、19日に移籍後初の出場選手登録。代走、外野の守備要員、左投手の先発が予想される試合でのスタメン要員として、シーズン終盤まで一軍に帯同した。一軍公式戦には、通算で62試合に出場。中日時代を上回る11安打6打点を記録した。5月には、23日の対阪神タイガース戦で岩田稔から一軍で3年振りの本塁打を放つと、31日の対中日戦(いずれも京セラドーム大阪)では3番打者としてスタメンに起用された。中村一生 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た坂口智隆坂口智隆

    も前年同様に二番・遊撃手として開幕戦に出場。開幕直後は高打率を残すも、緩やかに調子を落としていくが、坂口智隆や後藤の打撃不振もあって、5月5日の日本ハム戦ではプロ入り後初の一番打者、5月19日の対東京ヤクルトスワローズ戦では初の三番打者を務めた。8月に入ると更に調子を落とし、8月29日に腰痛のため登録抹消。シーズン終盤に一軍に復帰したが、結局は規定打席に14不足した。一方で、自己最多の6本塁打を放っており、本拠地である京セラドーム大阪では前年までの5年間で2本塁打しか放っていなかったが、この年だけで4本塁打を記録している。また、7月27日の日本ハム戦では自身初の右方向への本塁打を、7月8日のロッテ戦と10月1日の楽天戦では決勝本塁打を記録している。オフには引退した鈴木郁洋に代わって選手会長に就任したが、1月25日に八木智哉・糸井嘉男との交換トレードで、木佐貫洋・赤田将吾と共に日本ハムに移籍した。背番号は糸井の7を受け継いだ。なお日本ハムおよびその前身球団の背番号7を内野手登録の選手が使用するのは西園寺昭夫(1957年 - 1966年)以来で、47年ぶりである。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た坂口智隆坂口智隆

    市立尼崎高校進学後は2年冬に甲子園未出場ながら高校全日本台湾遠征メンバーに選出され、MVPを受賞。3年夏の兵庫大会では準々決勝でグエン・トラン・フォク・アンを擁する東洋大姫路高校を完封するまで全て2失点以内に抑えたが、準決勝で坂口智隆を擁する神戸国際大附高校に9回裏2死から5点差を逆転されてのサヨナラ負けを喫してベスト4。1学年後輩には宮西尚生がいる。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

63件中 41 - 50件表示

「坂口智隆」のニューストピックワード