63件中 51 - 60件表示
  • 栗山巧

    栗山巧から見た坂口智隆坂口智隆

    神戸市立小寺小学校時代は神戸市少年団リーグの小寺に所属し、武内晋一と同リーグだった。神戸市立太山寺中学校時代はヤングリーグの「神戸ドラゴンズ」に所属し、チームの一年後輩には坂口智隆がいた。育英高校に進学し、2年時には3番左翼手として第72回選抜高等学校野球大会、第82回全国高等学校野球選手権大会に春夏連続出場。春は開会式直後の1回戦で國學院栃木高校と対戦し初戦敗退。夏は大会第1試合となる1回戦で田村彰啓を擁する秋田商業高校と対戦して勝利するも、準決勝で中村一生・山田憲らを擁する東海大浦安高校に敗れた。自身は5試合で打率.348、9打点を記録。3年夏は兵庫大会5回戦敗退。高校通算47本塁打。栗山巧 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・クロッタ

    マイケル・クロッタから見た坂口智隆坂口智隆

    初奪三振:同上、7回表に坂口智隆から空振り三振マイケル・クロッタ フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木紗理奈

    鈴木紗理奈から見た坂口智隆坂口智隆

    坂口智隆 - プロ野球・東京ヤクルトスワローズ外野手。登場曲にMUNEHIROの楽曲を使用している。鈴木紗理奈 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年の日本

    1984年の日本から見た坂口智隆坂口智隆

    7月7日 - 坂口智隆、プロ野球選手1984年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 大西宏明

    大西宏明から見た坂口智隆坂口智隆

    の開幕はベンチスタートだったが、坂口智隆の不振により1番・中堅に抜擢された。師匠である鈴木の命日であった5月17日の対ソフトバンク戦では、7回表の打席で鈴木の応援歌が演奏される中、和田毅から同点の2点適時打を放って逆転勝利に繋ぎ、チームのシーズン2度目の大型連敗を6で阻止した(大西は「鈴木さんが打たせてくれた」とコメントしている)。一時は4割を超える打率を残し、完全に不動の1番として定着したかに見えたが、6月に入ると大幅に調子を落とし、以後はほぼ左投手のときに出番が限定される。その後も調子はあがらず、9月に降格。再昇格した坂口が好調だったため、閉幕まで一軍へ戻ることはなかった。結局、83試合に出場して打率.247、4本塁打と不本意な成績に終わる。対左投手の方が打率が低く、1番で多く起用されたにもかかわらず、得点圏打率こそ.389ながら、無走者からの出塁率が低いなど、ちぐはぐな1年であった。大西宏明 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐亮太

    五十嵐亮太から見た坂口智隆坂口智隆

    ''、3月29日の対東北楽天ゴールデンイーグルスとの開幕戦で日本復帰後初登板、本拠地初登板、8回5点リードから3番手として登板、打者3人に対して無失点に抑えた。4月7日の対北海道日本ハムファイターズ戦、8回2点リードで登板。先頭陽岱鋼のショートゴロを今宮健太が悪送球エラーして出塁となると、一死一二塁で迎えた中田翔に左中間への逆転スリーランホームランを浴び、帰国後初のホールド機会は救援失敗、敗戦投手となった。4月11日、対オリックス・バファローズ戦の延長10回同点から登板し無失点、続く11回は坂口智隆にヒットを許し一死二塁で降板したが、後続の森福允彦が抑えて帰国後初のホールドを記録し、チームのサヨナラ勝利を呼んだ。4月18日対楽天戦7回6点ビハインドから登板、本多雄一のファンブルにより先頭鉄平の出塁を許すと、続く嶋基宏、西田哲朗に連続四球、藤田一也に2点タイムリーを打たれた。4月20日に二軍調整を志願し、首脳陣に受理され出場選手登録抹消となった。昇格した5月31日のセ・パ交流戦、対広島戦において、7回7点リードで登板すると、1回を三者連続三振に抑え、6月22日から7月3日に5試合連続のホールドを記録した。7月9日の対埼玉西武ライオンズ戦、9回1点リードで登板し、帰国後初のセーブを挙げた。続く7月14日の対オリックス戦でも、9回1点リードで登板。四球、単打で一三塁とすると高橋信二のショートゴロ間に糸井嘉男が生還して同点にされ、これが帰国後初のセーブ失敗となったが、裏に今宮健太のタイムリーヒットによりサヨナラ勝ちし、これが帰国後初勝利、本拠地福岡ヤフオク!ドーム初勝利となった。その後は主にクローザーとして起用され7月25日から9月16日までの20試合連続無失点と活躍。9月30日の対西武戦(福岡ヤフオク!ドーム)で1点ビハインドの9回から登板し、2イニングを無失点に抑え、チームが10回サヨナラ勝ちした事で、NPB史上初の救援のみで通算50勝目を挙げた。五十嵐亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 迎祐一郎

    迎祐一郎から見た坂口智隆坂口智隆

    、2番左翼手でプロ8年目にして初の開幕スタメンの座をつかんだ。主に左投手先発時のスタメン起用が多かったが、またしても打率1割台にとどまり、二軍でも打率.217、出塁率.281と不調に終わった。同年は迎よりも若い坂口智隆がレギュラーに定着し、新人の小瀬浩之の台頭もあって、打者としてのタイプは違うものの同じ外野手として一気に苦しい立場となった。迎祐一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 濱中治

    濱中治から見た坂口智隆坂口智隆

    移籍初年度のは、6番・右翼手として開幕戦にスタメン出場。4月1日の対西武戦では西口文也から逆転決勝1号満塁本塁打、4月30日の対楽天戦では9回裏に青山浩二から代打同点3号2ラン、5月6日の対ロッテ戦では成瀬善久から逆転決勝4号2ランと、開幕直後はチャンスで好打をたびたび放った。しかし、打率は伸び悩み、大石大二郎に監督が代わると、スタメンから外れるケースも多くなった。7月中旬に一旦2軍降格、8月初旬に1軍に復帰した。復帰直後はまずまずの打撃を見せたものの、坂口智隆・下山真二の活躍やルーキー・小瀬浩之の台頭もあり、出場機会をあまり得られなかった。最終的には85試合に出場して打率.253、9本塁打の成績に終わった。前年ほどの不振ではないにしろ、カムバック賞を獲得した平野とは対照的に、期待された成績を残したとは言い難かった。濱中治 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヤクルトスワローズ

    東京ヤクルトスワローズから見た坂口智隆坂口智隆

    シーズン終了後、バーネットがテキサス・レンジャーズに移籍。オリックス・バファローズを自由契約となった坂口智隆、北海道日本ハムファイターズを戦力外となった鵜久森淳志を獲得。一方で、由規が肩の負傷を理由に戦力外となり、育成選手契約を結んだ。東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • 42

    42から見た坂口智隆坂口智隆

    日本プロ野球では「42="死に"」と連想されることから、日本人選手にはあまり好まれておらず、下柳剛が阪神タイガース時代につけていたなど少数の例にとどまる(2016年はロッテの香月良仁、ソフトバンクの飯田優也、阪神の竹安大知、ヤクルトの坂口智隆が着用)。逆に、前項の通りメジャーリーグでは大変に名誉ある背番号でありながら普段身に付けることは不可能なため、同リーグ出身の外国人選手が好んで背番号42を付けている。42 フレッシュアイペディアより)

63件中 51 - 60件表示

「坂口智隆」のニューストピックワード