127件中 101 - 110件表示
  • 坂口智隆

    坂口智隆から見た野手

    はウエスタン・リーグで打率.302を残し、ドラフト指名を受けて入団した高卒野手では球団史上8人目となる1年目での一軍初出場を果たし、初安打も記録した。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見た永久欠番

    東京ヤクルトスワローズでは、オリックスからの退団発表を受けて、坂口の獲得調査に着手。2015年11月13日には、坂口の獲得で合意に達したことを発表した。推定年俸は3,000万円で、オリックスでの最終年俸(7,500万円)から半額以上(4,500万円)ダウン。また、「(アフリカ系アメリカ人初のメジャーリーガーとされる)ジャッキー・ロビンソンに倣って、引退の際に他の選手が『背番号を引き継ぎたい』と思えるような活躍したい」との意向から、ロビンソンの現役時代と同じ背番号42(MLB全球団の永久欠番)を着用する。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見たバット (野球)

    野球を始めた時から新庄剛志が好きで自宅には新庄のポスターを貼っており、プロ入り後に公言した赤いリストバンドの着用も新庄の影響とのこと。2004年には本人と対面し、譲り受けたバットは自宅に飾ってある。その影響や、球団合併に伴うプロ野球再編問題の中でファンの大切さを再認識したことから、ファンサービスに積極的である。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見たプロ野球選手

    坂口 智隆(さかぐち ともたか、1984年7月7日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属する兵庫県神戸市生まれ・明石市出身のプロ野球選手(外野手)。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見たアフリカ系アメリカ人

    東京ヤクルトスワローズでは、オリックスからの退団発表を受けて、坂口の獲得調査に着手。2015年11月13日には、坂口の獲得で合意に達したことを発表した。推定年俸は3,000万円で、オリックスでの最終年俸(7,500万円)から半額以上(4,500万円)ダウン。また、「(アフリカ系アメリカ人初のメジャーリーガーとされる)ジャッキー・ロビンソンに倣って、引退の際に他の選手が『背番号を引き継ぎたい』と思えるような活躍したい」との意向から、ロビンソンの現役時代と同じ背番号42(MLB全球団の永久欠番)を着用する。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見た明石市立望海中学校

    小学2年時に軟式野球の「鵯台ライオンズ」で野球を始め、投手で4番。明石市立望海中学校時代は硬式野球のヤングリーグ「神戸ドラゴンズ」でプレー、チームの1年先輩には栗山巧がいた。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見たサウスポー

    も開幕1番に選ばれ、前半戦は好調を維持。夏場以降は打率が下がり三振も増えたが、主に1・2番打者として、タフィ・ローズと並ぶチーム最多の142試合に出場、初めて規定打席に到達するなどレギュラーに定着した。6三塁打・13盗塁(後藤光尊と同数)はチームトップ、安打数・犠牲バント数・犠牲フライ数はいずれもチーム2位を記録し、満塁時には9打席で7打数6安打11打点と満塁男ぶりも見せた。守備でも外野手としてリーグ3位の7補殺を記録し、ゴールデングラブ賞を初受賞した。一方で、全打席の半分以上で、3球目までに打った打撃スタイルとチーム4位の三振数を記録した、追い込まれてからの脆さから四死球が少なく、アベレージタイプの打者としては出塁率が低い事や、サウスポーに対し打率.232に終わるなど課題も残した。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見た燕市

    燕市年間ヒーロー賞:1回 (2017年)坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見た第73回選抜高等学校野球大会

    神戸国際大学附属高等学校に進学後、1年秋から背番号1を着けてエースとなり秋季近畿大会でベスト4入りし、翌春に春夏通じて同校初の甲子園出場となる第73回選抜高等学校野球大会にエースで5番として出場。3年時は背番号1のままながら外野手として出場することが多かった。夏の全国高等学校野球選手権兵庫大会では準決勝で金刃憲人を擁する市立尼崎高校を相手に9回裏2死から5点差を逆転してサヨナラ勝ちし、決勝では尾崎匡哉・大谷智久らを擁する報徳学園高校に敗れたものの準優勝。高校通算23本塁打。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見た犠牲フライ

    も開幕1番に選ばれ、前半戦は好調を維持。夏場以降は打率が下がり三振も増えたが、主に1・2番打者として、タフィ・ローズと並ぶチーム最多の142試合に出場、初めて規定打席に到達するなどレギュラーに定着した。6三塁打・13盗塁(後藤光尊と同数)はチームトップ、安打数・犠牲バント数・犠牲フライ数はいずれもチーム2位を記録し、満塁時には9打席で7打数6安打11打点と満塁男ぶりも見せた。守備でも外野手としてリーグ3位の7補殺を記録し、ゴールデングラブ賞を初受賞した。一方で、全打席の半分以上で、3球目までに打った打撃スタイルとチーム4位の三振数を記録した、追い込まれてからの脆さから四死球が少なく、アベレージタイプの打者としては出塁率が低い事や、サウスポーに対し打率.232に終わるなど課題も残した。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

127件中 101 - 110件表示

「坂口智隆」のニューストピックワード