127件中 61 - 70件表示
  • 坂口智隆

    坂口智隆から見た中堅手

    はオープン戦で結果を残し、テリー・コリンズは「平野恵一が離脱している中で1番バッターは彼以外いない」と絶賛。1番中堅手で初の開幕スタメン出場を果たし、初回に同年のチーム初安打を放った。5月初旬に打撃不振で二軍に降格するも、シーズン終盤に再昇格後はレギュラーに定着し、9月以降は3割近い打率を残し猛打賞も記録。二軍では48試合に出場、打率.317、チームトップの10盗塁を記録。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見た投手

    小学2年時に軟式野球の「鵯台ライオンズ」で野球を始め、投手で4番。明石市立望海中学校時代は硬式野球のヤングリーグ「神戸ドラゴンズ」でプレー、チームの1年先輩には栗山巧がいた。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見た出塁率

    も開幕1番に選ばれ、前半戦は好調を維持。夏場以降は打率が下がり三振も増えたが、主に1・2番打者として、タフィ・ローズと並ぶチーム最多の142試合に出場、初めて規定打席に到達するなどレギュラーに定着した。6三塁打・13盗塁(後藤光尊と同数)はチームトップ、安打数・犠牲バント数・犠牲フライ数はいずれもチーム2位を記録し、満塁時には9打席で7打数6安打11打点と満塁男ぶりも見せた。守備でも外野手としてリーグ3位の7補殺を記録し、ゴールデングラブ賞を初受賞した。一方で、全打席の半分以上で、3球目までに打った打撃スタイルとチーム4位の三振数を記録した、追い込まれてからの脆さから四死球が少なく、アベレージタイプの打者としては出塁率が低い事や、サウスポーに対し打率.232に終わるなど課題も残した。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見た神戸総合運動公園野球場

    にも、一軍の公式戦に開幕からスタメンで出場。一時、3番打者として起用されていた。「『プロになりたい』と思わせてくれた」という阪神・淡路大震災発生年(1995年)のオリックス・ブルーウェーブ復刻ユニフォームで臨んだ4月18日の対西武戦では、地元に近いほっともっとフィールド神戸で、この年唯一の本塁打を放っている。しかし、5月11日に出場選手登録を抹消。抹消の直後に右肘を痛めた影響などから、一軍への復帰を果たせなかった。さらに9月には、翌年の契約について、野球協約上の減額制限を超える大幅な減俸を球団から提示される。坂口はこの提示に同意せず自由契約を申し入れ、球団はシーズン終了直前の10月1日に坂口の退団を発表した。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見たプロ野球再編問題 (2004年)

    に大阪近鉄バファローズに入団した後に、2004年の球団合併を経て、からまでオリックス・バファローズでプレー。からまでは、オリックスの選手会長を務めた。愛称は「グッチ」。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見た外野手

    坂口 智隆(さかぐち ともたか、1984年7月7日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属する兵庫県神戸市生まれ・明石市出身のプロ野球選手(外野手)。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見たMLB

    東京ヤクルトスワローズでは、オリックスからの退団発表を受けて、坂口の獲得調査に着手。2015年11月13日には、坂口の獲得で合意に達したことを発表した。推定年俸は3,000万円で、オリックスでの最終年俸(7,500万円)から半額以上(4,500万円)ダウン。また、「(アフリカ系アメリカ人初のメジャーリーガーとされる)ジャッキー・ロビンソンに倣って、引退の際に他の選手が『背番号を引き継ぎたい』と思えるような活躍したい」との意向から、ロビンソンの現役時代と同じ背番号42(MLB全球団の永久欠番)を着用する。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見た野球

    小学2年時に軟式野球の「鵯台ライオンズ」で野球を始め、投手で4番。明石市立望海中学校時代は硬式野球のヤングリーグ「神戸ドラゴンズ」でプレー、チームの1年先輩には栗山巧がいた。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見た硬式野球

    小学2年時に軟式野球の「鵯台ライオンズ」で野球を始め、投手で4番。明石市立望海中学校時代は硬式野球のヤングリーグ「神戸ドラゴンズ」でプレー、チームの1年先輩には栗山巧がいた。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見た守備率

    は、シーズン途中から元近鉄選手用の汎用応援歌に替わり、新たに専用応援歌が作られた。オープン戦では打率.349と好調だったが開幕後は5月初旬まで打率1割台と打撃不振に陥り、同年から加入した近鉄時代のチームメイトでもある大村直之が1番を打つようになった。その後は徐々に復調していき、6月からは大村に替わって再び1番打者に定着。5月以降は7月以外全て月間打率3割以上で8月には月間打率.386、イチロー以来球団史上2人目となる月間40安打を記録し、最終的にはチームトップの137試合に出場してチーム内の規定打席到達者で唯一の打率3割となるリーグ2位の打率.317に同2位の167安打、前年の自己最多を更新するチームトップでリーグ10位の16盗塁を記録。また、リーグ6位の出塁率.381で左投手に対しても打率.297と前年課題を残した部分でも改善が見られた。守備では外野手としてリーグトップの14補殺に同2位の守備率を記録してゴールデングラブ賞を2年連続で受賞し、下位に低迷したチームの中で活躍した。この年は、野手8人の中で唯一日ハムではない選手の受賞となった。同年オフ、背番号を9に変更する事が決まった。12月21日には、阪神・淡路大震災復興15年チャリティーマッチに参加し、地元選手、ブルーウェーブOBらで構成された「がんばろう神戸ドリームズ」の選手として出場した。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

127件中 61 - 70件表示

「坂口智隆」のニューストピックワード