252件中 31 - 40件表示
  • 坂本真綾

    坂本真綾から見た中島敦

    山月記(中島敦著、2011年8月16日、ISBN 978-4-06-138808-6)坂本真綾 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本真綾

    坂本真綾から見た鈴木祥子

    楽曲の歌詞は、自らで作詞を行うほか、主に日本語詞は岩里祐穂や一倉宏、英語詞はTim Jensenやtroyなどから提供を受けている。2005年以降は、鈴木祥子をはじめとしたシンガーソングライターや作詞家から提供された歌詞を歌うことも多い。また前述の通り、2008年にテレビアニメ『マクロスF』において挿入歌の作詞を行ったのを機に、作詞家としても数度歌詞提供を行っている。坂本真綾 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本真綾

    坂本真綾から見た田村充義

    歌手としての活動は実質子役時代より行っており、当時は主にCMソングを歌唱していた。本格的な歌手活動は、1996年にテレビアニメ『天空のエスカフローネ』へ出演したことがきっかけで始めており、同作のオープニングテーマソングである「約束はいらない」をシングルとして発売し、同年4月にビクターエンタテインメントよりデビューした。以降、声優・ラジオパーソナリティ・女優業と並行しながら活動を続け、2014年現在において、シングル24枚、オリジナルアルバム8枚、コンセプトアルバム3枚、コレクションアルバム3枚、ベストアルバム1枚、ライブDVD4枚を発表している。アニメのサウンドトラックにおける楽曲収録も多く、自身が声優として関わっていない作品の楽曲を担当することもある。作品および楽曲は、デビューから2003年まで菅野よう子がプロデュースを行っていたが、2005年以降は坂本自身が田村充義と共同で、2013年以降は坂本がセルフプロデュースを行っている。坂本真綾 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本真綾

    坂本真綾から見た河野伸

    ライブコンサートでは楽曲提供で縁のあった菅野よう子や河野伸、北川勝利といったアーティストがバンマスを務めており、ドラムは佐野康夫の参加率が高い。坂本真綾 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本真綾

    坂本真綾から見た乙一

    ベッドタイム・ストーリー(乙一著、2011年9月15日、ISBN 978-4-06-138814-7)坂本真綾 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本真綾

    坂本真綾から見たCLAMP

    1997年にラジオドラマおよびテレビアニメ『CLAMP学園探偵団』のテーマソングを担当して以来、CLAMP原作の多数の作品において登場キャラクターの声を演じたり主題歌を担当するなどしている。坂本真綾 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本真綾

    坂本真綾から見た一倉宏

    楽曲の歌詞は、自らで作詞を行うほか、主に日本語詞は岩里祐穂や一倉宏、英語詞はTim Jensenやtroyなどから提供を受けている。2005年以降は、鈴木祥子をはじめとしたシンガーソングライターや作詞家から提供された歌詞を歌うことも多い。また前述の通り、2008年にテレビアニメ『マクロスF』において挿入歌の作詞を行ったのを機に、作詞家としても数度歌詞提供を行っている。坂本真綾 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本真綾

    坂本真綾から見た平清盛

    第34回世界遺産劇場 ‐嚴島神社‐ 平清盛公生誕九百年 前年祭 坂本真綾 Open Air Museum 2017(厳島神社高舞台 2017年6月3日・4日)坂本真綾 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本真綾

    坂本真綾から見た北川勝利

    ライブコンサートでは楽曲提供で縁のあった菅野よう子や河野伸、北川勝利といったアーティストがバンマスを務めており、ドラムは佐野康夫の参加率が高い。坂本真綾 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本真綾

    坂本真綾から見た冨田恵一

    冨田ラボ LIVE -COMBO-(Blue Note Tokyo、2011年5月20日)坂本真綾 フレッシュアイペディアより)

252件中 31 - 40件表示