134件中 21 - 30件表示
  • 坂本美雨

    坂本美雨から見た葉加瀬太郎葉加瀬 太郎

    11月5日、アルバム「ZOY」を発売。(葉加瀬太郎、森雪之丞、おおはた雄一、高田漣、徳澤青弦、岡田徹、藤戸じゅにあ参加。エンジニアは益子樹(ROVO))坂本美雨 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本美雨

    坂本美雨から見た木根尚登

    第一回ゲストはおおはた雄一、第二回目ゲストは木根尚登坂本美雨 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本美雨

    坂本美雨から見たSUGIZO

    LUNA SEAのギタリストSUGIZOと、そのSUGIZOがYMO時代からリスペクトしている、坂本龍一が共同でプロデュースした。坂本美雨 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本美雨

    坂本美雨から見た俵万智俵 万智

    詩のボクシング(NHK、2002年) - 俵万智や井筒和幸らと同じく会場外で個人的なジャッジ、コメントをするコメンテーターとして出演。また、会場で応援歌として自作『ブランク』を披露し、その様子も放送された。坂本美雨 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本美雨

    坂本美雨から見た今井美樹

    1月29日、16歳にして「Sister M」名義で坂本龍一の「The Other Side of Love」に客演して歌手デビュー。当初 Sister M の正体は公表されておらず、当時フォーライフに所属し、坂本龍一とそれぞれが共演経験を持っていた今井美樹や中谷美紀ではないかと噂が飛び交ったが、J-WAVEのラジオ番組『PAZZ&JOPS』で坂本龍一が正体を公表した。この曲はドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』の主題歌で、CD売上が70万枚を越えるヒットとなる(オリコン推定売り上げ721,690枚、最高位6位)。坂本龍一によれば本来、中谷美紀の為に書いた曲だが(のちに日本語の歌詞で『砂の果実』としてリリースされた)、素人っぽい謎めいたアーティストを探していた際にニューヨークの自宅でたまたま美雨に歌わせてみたところ、「イメージとピッタリ合ったので起用した」と語っている。坂本龍一はそれまで娘の歌声は聞いたことがなかったと言う。坂本美雨 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本美雨

    坂本美雨から見たTM NETWORK

    父親は坂本龍一、母親は矢野顕子という、ミュージシャンの両親の元に生まれ、YMOやクラフトワークを胎教として育った。5歳年上の異父兄、風太がいる。祖父は編集者の坂本一亀。9歳だった1990年(平成2年)には家族でアメリカ合衆国・ニューヨーク州に移住し、高校卒業まで同地で過ごしたため、英語と日本語のバイリンガルである。高校時代には美術を専攻していた。名前の「美雨」は、突然変異を意味する英語、「ミュータント(mutant)」に由来し、父が名付けた。初恋の人は両親の友人であった音楽バンド、ジャパンのボーカル、デヴィッド・シルヴィアン。初めて買ったCDはTM NETWORKの「JUST ONE VICTORY」だった。坂本美雨 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本美雨

    坂本美雨から見たアンダーグラフ

    アンダーグラフとの共作曲「地球はやっぱり青かった」を発表。坂本美雨 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本美雨

    坂本美雨から見た細野晴臣細野 晴臣

    細野晴臣トリビュート・アルバム『細野晴臣STRANGE SONG BOOK/V.A. -Tribute to Haruomi Hosono 2-』に参加。(2008年1月23日発売)坂本美雨 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本美雨

    坂本美雨から見た渋さ知らズ

    渋さ知らズニューアルバム『渋彩歌謡大全』に参加。「渡」を歌唱。坂本美雨 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本美雨

    坂本美雨から見たクラムボン

    12月、3枚目のアルバム『朧の彼方、灯りの気配』をリリース。"人力トランス"として知られるバンドROVOのメンバー、クラムボンのミト、ポラリスのオオヤユウスケ、THE JETZEJOHNSONの藤戸じゅにあなどと組み、自身の声を中心とした色彩豊かな音を創りあげる。坂本美雨 フレッシュアイペディアより)

134件中 21 - 30件表示

「坂本美雨」のニューストピックワード