前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
774件中 1 - 10件表示
  • 矢野 顕子

    矢野顕子から見た坂本龍一坂本龍一

    2人の子供の母親。前夫とのあいだにできた長男は客室乗務員。歌手の坂本美雨は再婚相手の坂本龍一との間に生まれた長女。ミュージシャンとしてデビューした坂本美雨について、「(iTunes Storeのダウンロード数では)絶対負けたくない」としている。矢野顕子 フレッシュアイペディアより)

  • トベタ・バジュン

    トベタ・バジュンから見た坂本龍一坂本龍一

    2008年にアルバム『青い蝶』を発表(坂本龍一、高橋幸宏、大貫妙子、堀込泰行(馬の骨/キリンジ)、トベタ・バジュン フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャン・フェネス

    クリスチャン・フェネスから見た坂本龍一坂本龍一

    クリスチャン・フェネス(Christian Fennesz、1962年12月25日 - )は、オーストリアのギタリスト。フェネス(Fennesz)名義でも活動しており、エレクトロニカの楽曲などに多く参加している。坂本龍一とコラボレーションした作品などもある。クリスチャン・フェネス フレッシュアイペディアより)

  • 原田大三郎

    原田大三郎から見た坂本龍一坂本龍一

    坂本龍一、LUNA SEAやTM NETWORK、globe、安室奈美恵等のコンサート映像監督や演出などが有名。また多くの映画のCG製作やスチル写真撮影、またシャープ製液晶テレビのAQUOSで流れる映像作成やNHKでの仕事も多い。原田大三郎 フレッシュアイペディアより)

  • やくしまるえつこ

    やくしまるえつこから見た坂本龍一坂本龍一

    坂本龍一、鈴木慶一、近田春夫、高橋幸宏、砂原良徳、栗コーダーカルテット、大友良英、Giulietta Machine、ジム・オルーク、d.v.d、菅野よう子、sim、メルツバウ、ECD、ドラびでお、フィッシュマンズら数々のアーティストとの共作や共演を行い、ポップソングから、ジョン・ゾーンのコブラのような即興セッションへの参加まで、ボーダーレスな活動が特徴的である。作詞・作曲を行う際の別名義はティカ・α。やくしまるえつこ フレッシュアイペディアより)

  • 村上龍

    村上龍から見た坂本龍一坂本龍一

    2001年、未だ世界各地に埋没する地雷の除去費用寄付のためにと、友人である坂本龍一の呼びかけで結成されたチャリティーグループN.M.L.(NO MORE LANDMINE)の楽曲「ZERO LANDMINE」の歌詞の日本語訳を担当する。村上龍 フレッシュアイペディアより)

  • CUBE(K5)

    CUBE(K5)から見た坂本龍一坂本龍一

    2005年には、坂本龍一公認プロジェクトmusicplans skmt tribute に参加。アルバムをリリース。坂本龍一トリビュートアルバム "music plans skmt tribute"  (Green Enagy/GECA1106)  CUBE(K5) フレッシュアイペディアより)

  • ZERO LANDMINE

    ZERO LANDMINEから見た坂本龍一坂本龍一

    『ZERO LANDMINE』(ゼロ・ランドマイン)は、坂本龍一の呼びかけで結成されたユニット、N.M.L. (NO MORE LANDMINE) が2001年4月25日にリリースしたシングル。ZERO LANDMINE フレッシュアイペディアより)

  • ROMANTIQUE

    ROMANTIQUEから見た坂本龍一坂本龍一

    その沈黙の後、80年初頭にレコーディングの話が持ち上がる。そのきっかけを大貫は「以前からの知人だった牧村憲一さんという人物が、プロデューサーとして登場するんです。“ヨーロッパっぽい音楽をやってみない? 合ってると思うんだけど”って。すごい資料魔なんですよ、彼。私もヌーヴェル・ヴァーグが好きだったし、ちょうど“休みを取った後”だったから。やってもいいかなという気になって」と振り返っている。サウンドのイメージは「フランソワーズ・アルディですね。それと『ラジオのように』のブリジット・フォンテーヌ。その後凝っていろいろと聴きましたけど、映画音楽を通じて聴いていたフランシス・レイとミシェル・ルグラン以外だと、前もって知ってたのはその二人くらいだった」「プロデューサーがアイデアを出してくれた一方で、それを音にしていく上では坂本さんの力が大きかったですね」としている。ただ、アルバム全編フランスというわけでもなくて、イタリア的な雰囲気の曲があったり「ロシアのほうにも行っているんじゃないですか。やは“モスクワッ”って感じがするし。広がりのある“ヨーロッパ”ですよね。それと、こういう曲をアレンジしてほしいという時、音以外にもヴィデオとか本とか、イメージを生み出せる材料をごっそり渡しておくんです。実際坂本さんとは一緒に曲作りをしていたようなものでしたね。“その音はいやだ”とか“もっとこうしてくれ”とか、それこそ千個くらい注文をつけながらやってるんで」「やっぱり映像的な表現は、どんな曲であれいつも意識してます。歌詞がつくのは一番最後なんですよ。まずメロディがあってサウンドがあって、その段階で大体世界が見えていないといやなんです。そこに乗せるべき言葉を探していく。歌詞なんて別に重要じゃないというと語弊があるけど、歌詞によってメッセージを伝えるというのはあまり好きじゃない。音楽全体を通して何かが見える。むしろ言葉がない部分にこそ重要なものがある、そういう状態が自分としては好きだし目指したいですよね」とも答えていた。また、歌い方もこのアルバムを境にはっきりと変化したが、「それまでは“ア?ッ”とか結構乱暴に歌っていたのが、『ロマンティーク』には全然合わなかった。それこそフランソワーズ・アルディじゃないけど、フランス語独特の息の抜き方を意識したんです。当時は語るようなヴォーカルに、自分の歌い方のひとつを見つけた感じがしました」という。ROMANTIQUE フレッシュアイペディアより)

  • GEISHA GIRLS

    GEISHA GIRLSから見た坂本龍一坂本龍一

    GEISHA GIRLS(ゲイシャガールズ・芸者ガールズ)は日本のラップユニット。1994年結成、1996年以降活動中止。ダウンタウンの二人が「芸者」めいた姿で歌う、というコミックバンドじみたコンセプトとは裏腹に、坂本龍一とテイ・トウワ、富家哲を始めアート・リンゼイ、小室哲哉など豪華なアーティストが参加していることで知られる。GEISHA GIRLS フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
774件中 1 - 10件表示

「坂本龍一」のニューストピックワード