774件中 91 - 100件表示
  • 仮面の告白

    仮面の告白から見た坂本龍一坂本龍一

    1949年(昭和24年)7月5日に河出書房より刊行。担当編集者は坂本龍一の父・坂本一亀。同年12月26日付の読売新聞の「1949年読売ベスト・スリー」に、選考員10名中、平野謙、川端康成、福田恆存、伊藤整、青野季吉、丹羽文雄ら6名の推薦を受け選ばれた。翌年1950年(昭和25年)7月には、福田恒存の解説を入れた新潮文庫が刊行(三島作品最初の文庫版での刊行)。以来半世紀を越え、数度の改版を経て絶えず重刷されている。1996年(平成8年)6月には、初版本完全復刻版『仮面の告白』が河出書房新社より刊行された。仮面の告白 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道員 (小説)

    鉄道員 (小説)から見た坂本龍一坂本龍一

    1999年6月5日、東映系で公開された。興行収入は20.5億円。高倉健が『新幹線大爆破』以来24年ぶりに東映映画に出演する作品であり、広末涼子との共演や坂本龍一の起用なども話題を集めた。鉄道員 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 松武秀樹

    松武秀樹から見た坂本龍一坂本龍一

    その後1972年にモーグ・III-Cを購入の後、1974年エム・エー・シー(MAC,Musical Advertising Corps.)を設立し独立。1977年矢野顕子のアルバム「いろはにこんぺいとう」制作前後から、後のイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)のメンバーとの付き合いが始まる。1978年の坂本龍一のアルバム「千のナイフ」に参加したことをきっかけに、YMOの多くのアルバム・レコーディングや世界ツアーに、シンセサイザーのマニピュレーターとして参加するようになり、『4人目のYMO』と呼ばれた。1979〜80年のYMOのツアーでは、ソニーのカセットデンスケをデータ・ストア(記憶装置)として利用し(これは「YMOはステージで演奏しておらず、カセットで曲を流している」という誤解を生んだ)、シーケンサーのローランド MC-8を介して、モーグ・III-CとE-MU・カスタムモジュールシンセサイザーを交互に駆使し、コンサート中絶え間なく電子音を鳴らしていた。しかし、この当時の人の手によるアナログな準備作業では装置のトラブルにも悩まされ、ニューヨークのボトムラインでのライブでは、「デイ・トリッパー」の演奏時に電子音が出ず、ギターのリフを頼りに演奏を始めたりもしている(この演奏は、当時YMOの公演を追っていた日本国内のFMラジオ番組でも放送された)。松武秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 映画音楽

    映画音楽から見た坂本龍一坂本龍一

    国際的に有名な映画音楽家はジョルジュ・オーリックやジョン・ウィリアムズやヴァンゲリスなどがいる。日本人では宮崎駿や北野武の映画を担当する久石譲、「ゴジラ」の音楽を担当した伊福部昭、黒澤明の音楽を担当した早坂文雄や武満徹、他には坂本龍一、川井憲次などがよく知られている。映画音楽 フレッシュアイペディアより)

  • ナム・ジュン・パイク

    ナム・ジュン・パイクから見た坂本龍一坂本龍一

    1984年、ジョージ・オーウェルの小説『1984年』にちなみ、ニューヨーク・パリ間衛星生中継番組『グッドモーニング・ミスター・オーウェル』(ニューヨーク・WNET/パリ・FR3)を企画制作。アメリカ・フランス・西ドイツ・韓国で放送される。日本で初の作品集『ナム・ジュン・パイク タイム・コラージュ』(ISSI PRESS) が出版される。出版記念会で高橋悠治、坂本龍一、細野晴臣とパフォーマンスを行う。東京都美術館では6月14日 - 7月29日の会期で大規模な個展『ナムジュン・パイク展:ヴィデオ・アートを中心に』を開催。同時期に西武美術館で個展を開いていたヨーゼフ・ボイスとともにパフォーマンスを行う。ナム・ジュン・パイク フレッシュアイペディアより)

  • 見城徹

    見城徹から見た坂本龍一坂本龍一

    1975年、角川書店に入社。『野性時代』副編集長を経て、『月刊カドカワ』編集長に。編集長時代には部数を30倍に伸ばし、雑誌界の伝説となる。つかこうへい『蒲田行進曲』、有明夏夫『大浪花諸人往来』、村松友視『時代屋の女房』、山田詠美『ソウルミュージックラバーズオンリー』、景山民夫『遠い海から来たCOO』の5つの直木賞作品を担当し、森村誠一『人間の証明』、五木寛之『燃える秋』、村上龍『トパーズ』等々のベストセラーを手がけ、名編集者として名を馳せる。このカドカワ時代に培った芸能人、ミュージシャンとの親交も深く、坂本龍一、松任谷由実、尾崎豊らとの関係は、様々なメディアで今も語り継がれる。41歳にして取締役編集部長に昇進。見城徹 フレッシュアイペディアより)

  • 風の谷のナウシカ (映画)

    風の谷のナウシカ (映画)から見た坂本龍一坂本龍一

    細野以外には坂本龍一、高橋悠治、林光が候補だったという。風の谷のナウシカ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • りりィ

    りりィから見た坂本龍一坂本龍一

    東芝EMI時代にはバックバンドとして「バイ・バイ・セッション・バンド」を従えていた。坂本龍一は著書で「その当時、在京のミュージシャンに最も人気の高いセッションバンドはサディスティック・ミカ・バンドとバイ・バイ・セッション・バンドであり、多くのミュージシャンが入れ替わり立ち替わり参加していた」というようなことを述懐している。主なメンバーには木田高介、土屋昌巳、伊藤銀次、坂本龍一、吉田建、斉藤ノブ、井上鑑など。バイ・バイ・セッション・バンドは現在も再結成し全国のライブハウスなどで公演している。ただし、りりィとの共演は久しく行われていない。りりィ フレッシュアイペディアより)

  • 岡田有希子

    岡田有希子から見た坂本龍一坂本龍一

    1985年(昭和60年)にはTBS系『禁じられたマリコ』で連続ドラマ初主演。1986年(昭和61年)1月、カネボウのキャンペーン・ソングであり、作曲家・坂本龍一が作曲した初めてのアイドル歌謡曲であった「くちびるNetwork」(作詞:松田聖子)がオリコン初登場1位となった。岡田有希子 フレッシュアイペディアより)

  • イエロー・マジック・オーケストラ

    イエロー・マジック・オーケストラから見た坂本龍一坂本龍一

    1978年2月19日に行われた細野のソロアルバム『はらいそ』に収録される「ファム・ファタール」のレコーディングの際に、坂本龍一、高橋幸宏の2人と、初めて3人で顔を合わせることとなった。イエロー・マジック・オーケストラ フレッシュアイペディアより)

774件中 91 - 100件表示

「坂本龍一」のニューストピックワード

  • ベスト・スコア・サウンドトラック・フォー・ビジュアル・メディア賞

  • 最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム

  • ROG STRIX GL502VS