943件中 101 - 110件表示
  • 天外魔境 ZIRIA

    天外魔境 ZIRIAから見た坂本龍一坂本龍一

    「外国人から観た誤った日本観」をコンセプトとする「ジパング」という架空の国を舞台にした天外魔境シリーズの1作目。当時まだ百科事典や辞書などの用途で使われ始めた程度だったCD-ROMの大容量を活かし、アニメーション処理された映像表現や声優による音声、メインテーマを含む3曲の坂本龍一が作曲した生楽曲を使用するなどして、当時のゲームでは規格外の演出を実現した。また、キラーソフトとして『イースI・II』とともにCD-ROM2普及の火付け役となった。CD-ROM黎明期であり、CD-ROM2の開発と同時進行の制作でもあったため蓄積技術がなく、また当時の家庭用ゲーム機は読み込み時間を感じないロムカセットが主流だったため、ロード時間の長さが欠点として挙げられていた。天外魔境 ZIRIA フレッシュアイペディアより)

  • 仮面の告白

    仮面の告白から見た坂本龍一坂本龍一

    1949年(昭和24年)7月5日に書き下ろしとして河出書房より刊行された。擱筆日は同年4月27日である。出版社企画の「第五回書き下ろし長篇小説」として刊行されたもので、この時の担当編集者は坂本一亀(坂本龍一の父)であった。同年12月26日付の読売新聞の「1949年読売ベスト・スリー」に選ばれ、翌年1950年(昭和25年)6月25日に文庫版(三島作品最初の文庫本)が新潮文庫より刊行された。仮面の告白 フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・バラカン

    ピーター・バラカンから見た坂本龍一坂本龍一

    6年後、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)のマネジメント事務所、ヨロシタ・ミュージックに転職し、YMOの国外コーディネートや楽曲の英補作詞などを担当した。きっかけは、知人に「知り合いがロンドンでアルバムを作るので英語の作詞を手伝ってくれる人を探している」と誘われたことであり、そのアルバムとは坂本龍一の『B-2ユニット』であった。ピーター・バラカン フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のラジオ (日本)

    2010年のラジオ (日本)から見た坂本龍一坂本龍一

    文化放送開局記念スペシャル「坂本龍一 ラジオのチカラ オンガクのチカラ」(19:00)2010年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 王立宇宙軍 オネアミスの翼

    王立宇宙軍 オネアミスの翼から見た坂本龍一坂本龍一

    監督は当時24歳の山賀博之。スタッフの平均年齢も24歳である。のちに『新世紀エヴァンゲリオン』などで有名となった貞本義行や庵野秀明も参加し、音楽監督として坂本龍一を起用している。興行的には成功とは言えなかったが、一部でロングラン上映をする館もあった。また、ビデオ・レーザーディスク(「メモリアルボックス」)は長く好調な販売を記録した。1997年(平成9年)にドルビーデジタル版(「サウンドリニューアル版」)が制作、同年11月2日に公開された。王立宇宙軍 オネアミスの翼 フレッシュアイペディアより)

  • m-flo

    m-floから見た坂本龍一坂本龍一

    2004年5月、3年振りとなるオリジナルアルバム『ASTROMANTIC』をリリースした。このアルバムは、先述したアーティストの他にも、Dragon Ash、坂本龍一、CRAZY KEN BAND、野宮真貴(元ピチカート・ファイヴ)ら、豪華アーティストと共演した。このアルバムはオリコン初登場2位、最高1位を獲得した。また、『ASTROMANTIC』に収録されている、m-flo loves Ryuichi Sakamoto「I WANNA BE DOWN」は、米Billboard誌のHot Dance/Club Playチャートで最高12位(2005年2月19日付)を獲得する国際的なヒットとなった。m-flo フレッシュアイペディアより)

  • 第30回東京国際映画祭

    第30回東京国際映画祭から見た坂本龍一坂本龍一

    第4回“SAMURAI(サムライ)”賞授賞記念 坂本龍一スペシャルトークイベント〜映像と音の関係〜第30回東京国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 1992年バルセロナオリンピック

    1992年バルセロナオリンピックから見た坂本龍一坂本龍一

    バルセロナ市内のオリンピック体育館を磯崎新が設計したほか、開会式では坂本龍一がマスゲームの音楽を作曲、会場でオーケストラを指揮するなど、日本人が競技以外でも活躍した大会となった。1992年バルセロナオリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 小林武史

    小林武史から見た坂本龍一坂本龍一

    25歳の頃、大村憲司との出会いをきっかけに井上陽水、坂本龍一、高橋幸宏、大貫妙子など数多くのアーティストの楽曲やライブにキーボーディストとして参加したり、松本隆・筒美京平コンビの楽曲の編曲を手掛けるなど、あっという間に引っ張りだことなる。小林武史 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田美奈子

    吉田美奈子から見た坂本龍一坂本龍一

    にほんのうた 第三集(2009年3月4日)? にほんの童謡・唱歌を現在のアーティストが、新たなアプローチで子供たちに伝え残していく坂本龍一監修のプロジェクトによるシリーズ作。「早春賦」で参加。吉田美奈子 フレッシュアイペディアより)

943件中 101 - 110件表示

「坂本龍一」のニューストピックワード