943件中 111 - 120件表示
  • テイ・トウワ

    テイ・トウワから見た坂本龍一坂本龍一

    16歳頃からデモテープ作りを始めた。初めて購入したシンセサイザーはコルグのMS-10である。武蔵野美術短期大学在学時から坂本龍一のFMラジオ番組『サウンドストリート』でデモテープが発表された。坂本は後に「テクニックはないけれどもセンスが異常に良くて他を圧倒していた」と当時を振り返って述べている。テイ・トウワ フレッシュアイペディアより)

  • SUGIZO

    SUGIZOから見た坂本龍一坂本龍一

    11月 - 1stオリジナル・アルバム『TRUTH?』リリース。坂本龍一、ミック・カーン、ルイーズ・ローズ(ラム)、ヴァレリー・エティエンヌ(ガリアーノ)ほか、多彩なゲストミュージシャンが参加。SUGIZO フレッシュアイペディアより)

  • 風の谷のナウシカ (映画)

    風の谷のナウシカ (映画)から見た坂本龍一坂本龍一

    音楽は、後の宮崎作品にも関わっていく久石譲が初めて参加している。当初、久石は映画に先行して発売されたイメージアルバムのみの担当で、映画の劇伴音楽は安田成美の歌うシンボルテーマソングを作曲した細野晴臣が担当する予定であった。細野以外には坂本龍一、高橋悠治、林光が候補だったという。しかし、宮崎と高畑が久石のイメージアルバムを気に入ったため、本編の音楽にも起用され、テーマソングのみが存在することになった。久石のイメージアルバムへの起用は徳間グループ系列のレコード会社で過去にアルバムを出していたことから関係者の推薦で、それまで宮崎も高畑も久石の予備知識は何もなかったとされる。映画で使われている「遠い日々」は、当時4歳だった久石の娘、麻衣が歌っている。風の谷のナウシカ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • コトリンゴ

    コトリンゴから見た坂本龍一坂本龍一

    2003年学位取得後、ニューヨークに生活拠点を移し、2005年秋より自宅での曲作り/デモテープ作りを始める。2006年3月、坂本龍一のラジオ番組J-WAVE『RADIO SAKAMOTO』のオーディション宛にデモテープを送り、それが坂本の耳に留まる。同年11月commmonsより『こんにちは またあした』でデビュー。コトリンゴという名前は、自身が大好きな「小鳥」と毎日食べていた「りんご」を合わせてできたもの。また曲作りの際に使っていたパソコンもMacだったため。本人はインタビューで「本名でやりたいと言ったが、一曲目だけコトリンゴでリリースして、後で変えてもいいからと言われて結局そのままに」と語っている。コトリンゴ フレッシュアイペディアより)

  • 桑原茂一

    桑原茂一から見た坂本龍一坂本龍一

    1982年3月、原宿に「ピテカントロプス・エレクトス」開店、代表に就任。同店では、盟友中西俊夫率いるMELON、東京ブラボー、ショコラータ、ミュート・ビート、坂本龍一、高橋悠治などのライブ、高木完、藤原ヒロシによるDJプレイが披露され、また、ジョン・ライドン、クラウス・ノミ、キース・ヘリング、ジャン・ミッシェル・バスキア、ナム・ジュン・パイク、デヴィッド・バーンをはじめ海外からも数々のミュージシャン・アーティストが訪れるなど、その存在は以後の日本のストリート・カウンターカルチャーに多大な影響を与えることになる。同年、ゲストミュージシャンとして高橋幸宏、細野晴臣、土屋昌巳、パーシー・ジョーンズを迎え製作されたMELONのファースト・アルバム「Do You Like Japan?」をプロデュース。桑原茂一 フレッシュアイペディアより)

  • りりィ

    りりィから見た坂本龍一坂本龍一

    東芝EMI時代にはバックバンドとして「バイ・バイ・セッション・バンド」を従えていた。坂本龍一は著書で「その当時、在京のミュージシャンに最も人気の高いセッションバンドはサディスティック・ミカ・バンドとバイ・バイ・セッション・バンドであり、多くのミュージシャンが入れ替わり立ち替わり参加していた」と回想している。主なメンバーには木田高介、土屋昌巳、伊藤銀次、坂本龍一、吉田建、斉藤ノブ、井上鑑、国吉良一など。バイ・バイ・セッション・バンドは長らく活動し、全国のライブハウスなどを周っていた。りりィ フレッシュアイペディアより)

  • ABSOLUTE VALUE

    ABSOLUTE VALUEから見た坂本龍一坂本龍一

    ジャケット・デザインは、それまでの2枚のアルバムや坂本龍一関連をデザインしていた中島英樹ではなく、GLAY、華原朋美、BoAなどのジャケットをデザインしていたDIAMOND HEADSが担当している。ABSOLUTE VALUE フレッシュアイペディアより)

  • うたかたのオペラ

    うたかたのオペラから見た坂本龍一坂本龍一

    『うたかたのオペラ』は1920年代のベルリンをテーマにしたアルバムである。前作『パパ・ヘミングウェイ』の制作中、加藤はヘミングウェイが若き日々を送った1920年代のパリをはじめとするヨーロッパの文化に興味を抱き、映画『暗殺の森』やポンピドゥー・センターの展覧会カタログ、クラフトワークのアルバムなどからもインスパイアされ、次のアルバムで当時世界屈指の産業都市だったベルリンをテーマにすることを着想する。今回もテーマに基づいた録音場所を選び、合宿による現地レコーディングでミュージシャンのテンションを高めるという方針に従い、レコーディングは西ベルリンの壁沿いにあったハンザ・バイ・ザ・ウォールで行なうこととなった。ミュージシャンはYMOのメンバー3人と大村憲司を予定していたが、日本を発つ数日前に坂本龍一が急病のためにキャンセルになり、代わりに矢野顕子が自らベルリン行きを志願した。渡独は1980年7月で、ベルリンの壁がそびえ、戦災で破壊された歴史的遺構が残る閉塞的な雰囲気は一行に少なからぬ影響を与えたが、レコーディングは順調に進み、8月に帰国したのち東京でオーバーダビングが行われた。うたかたのオペラ フレッシュアイペディアより)

  • 岡田有希子

    岡田有希子から見た坂本龍一坂本龍一

    1986年(昭和61年)1月29日、シングル『くちびるNetwork』が発売され、オリコンチャートで初登場1位となった。この曲は、当時妊娠により休業中だった松田聖子初の提供作品(作詞)であり、作曲は坂本龍一という、異色のコンビにより誕生した。松田が岡田のために、自身の歌声を吹き込んだデモテープを制作しただけでなく、坂本とともに録音スタジオを訪れたことに、岡田は感激したという。岡田と同じ1984年デビューの沢口靖子をイメージキャラクターとした『カネボウ・春のキャンペーン』ソングとして使用された。2月11日から3月2日まで、握手会イベント『くちびる・ときめきネットワーク』が全5都市で開催される。初日の東京(後楽園ホール)では、二部構成で合計4,000人のファンを動員している。岡田有希子 フレッシュアイペディアより)

  • スネークマンショー

    スネークマンショーから見た坂本龍一坂本龍一

    ラジオ番組としてのスネークマン・ショー終焉の悲劇は、最初は朗報としてもたらされた。「ローリング・ストーン日本版」時代から多くのミュージシャンと交流があった桑原に、1980年当時若者に絶大な人気があったイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の細野晴臣と高橋幸宏が、まとまったアルバムを制作する時間が取れない忙しさから、ギャグと音楽で構成されるスネークマン・ショー形式のミニ・アルバムの制作を決めて、スネークマン・ショーにコントの提供を申し出て、スネークマン・ショーはYMOとの全面的なコラボレーションを行う。このアルバムの制作中にYMOからもう一つの依頼を受けた。それは1980年4月23日、日本武道館で行う小学館の雑誌「写楽」創刊イベント「写楽祭」の演出で、意気に感じた桑原はスネークマン・ショー的なシュールで不思議な余興を演じた後、最後にYMOのコンサートを行うという、それまでの番組で繰り返してきたコンセプトを再現したのだが打ち合わせがあまり行われないまま本番となってしまう。元々、通常のコンサート形式ではなく、ギャグが主体のイベントだということが1万人の観客に事前に伝わっておらず、トラブル続発の上、いつまでたってもYMOのコンサートが始まらないことで観客が暴動を起こし、新雑誌創刊のセレモニーが早々中止されてスポンサーの小学館は怒り心頭であった(詳細は後述)。すでに大スターであるYMOを怒るわけにもいかず、TBS上層部の怒りの矛先はスネークマン・ショーに向けられ、同番組は1980年6月いっぱいでいきなり終了してしまう(終了までの間、坂本龍一の怒鳴り声は番組のジングルとして使用された)。どんどん先鋭化するスネークマンワールドを危惧していた局や、スポンサー、放送関係者はここぞとばかり責任をスネークマンショーに転嫁したといわれる。スネークマンショー フレッシュアイペディアより)

943件中 111 - 120件表示

「坂本龍一」のニューストピックワード