774件中 11 - 20件表示
  • DEADLY DRIVE

    DEADLY DRIVEから見た坂本龍一坂本龍一

    1975年6月15日をもってシュガー・ベイブを抜けた伊藤銀次は、7月からりりィのバック・バンドである“バイバイ・セッション・バンド”に土屋昌巳の後任で参加した。バイバイ・セッション・バンドは1976年1月のメンバー・チェンジでキーボードは茂木由多加から坂本龍一、ドラムは平野肇から上原裕にそれぞれ代わり、その直後に始まった大瀧詠一、山下達郎とのオムニバス・アルバム『NIAGARA TRIANGLE Vol.1』のレコーディングは、このときのメンバーを中心にツアーの合間を縫って行われた。DEADLY DRIVE フレッシュアイペディアより)

  • 坂本美雨

    坂本美雨から見た坂本龍一坂本龍一

    父親は坂本龍一、母親は矢野顕子という、ミュージシャンの両親の元に生まれ、YMOやクラフトワークを胎教として育った。5歳年上の異父兄、風太がいる。祖父は編集者の坂本一亀。9歳だった1990年(平成2年)には家族でアメリカ合衆国・ニューヨーク州に移住し、高校卒業まで同地で過ごしたため、英語と日本語のバイリンガルである。高校時代には美術を専攻していた。名前の「美雨」は、突然変異を意味する英語、「ミュータント(mutant)」に由来し、父が名付けた。初恋の人は両親の友人であった音楽バンド、ジャパンのボーカル、デヴィッド・シルヴィアン。初めて買ったCDはTM NETWORKの「JUST ONE VICTORY」だった。坂本美雨 フレッシュアイペディアより)

  • 国際科学技術博覧会

    国際科学技術博覧会から見た坂本龍一坂本龍一

    少女「エリ力」と犬「ボゾ」の冒険を描く偏光方式の立体映像「大地の歌」が上映された。メインテーマ「空に会おうよ」は作詞・矢野顕子、作編曲・坂本龍一、歌・モモ(やまがたすみこ)。レコードはパビリオン内でも販売していた。国際科学技術博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • 大貫妙子

    大貫妙子から見た坂本龍一坂本龍一

    都会(作詞・作曲:大貫妙子、編曲:坂本龍一大貫妙子 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋悠治

    高橋悠治から見た坂本龍一坂本龍一

    執筆や対談、鼎談を精力的に行うようになった。この活動に啓発された音楽家に、坂本龍一がいる。音楽雑誌だけでなく、『現代詩手帖』『展望』『思想の科学』『新日本文学』『朝日ジャーナル』『月刊総評』などで活躍した。著作の多くは、上に示した単行本に収録されている。対談のいくつかは、『行動する作曲家――岩城宏之対談集』や『続・谷川俊太郎の33の質問』などで読むことができる。高橋悠治 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島真理

    飯島真理から見た坂本龍一坂本龍一

    1983年9月に自身の作詞作曲、坂本龍一プロデュースによるファーストアルバム『Rosé』でデビューする。同年12月にはシングル『きっと言える』をリリース。飯島真理 フレッシュアイペディアより)

  • 戦場のメリークリスマス

    戦場のメリークリスマスから見た坂本龍一坂本龍一

    出演は、デヴィッド・ボウイ、坂本龍一、ビートたけし、トム・コンティなど。戦場のメリークリスマス フレッシュアイペディアより)

  • 高野寛

    高野寛から見た坂本龍一坂本龍一

    ギタリストとしては、1994年に坂本龍一のワールドツアーや、2003年に宮沢和史のヨーロッパツアー、2004年の南米ツアーに参加し、その他にもテイ・トウワ、中村一義、CHARA、YUKI、スキマスイッチ、BONNIE PINK、クラムボン等のアルバムでギターをプレイしている。高野寛 フレッシュアイペディアより)

  • わらべ

    わらべから見た坂本龍一坂本龍一

    1982年12月、坂本龍一編曲による最初のシングル『めだかの兄妹』がフォーライフ・レコード(現:フォーライフミュージックエンタテイメント)よりリリースされた。もともと番組のエンディングで、就寝するシーンの中で使われていた曲をリリースしたもので、番組の企画物であったこと等もあり、1983年の年間シングルチャート第3位。88万枚以上を売り上げるヒットとなり、番組を放送していたテレビ朝日以外の局の音楽番組にも多数出演した。曲の内容は、『すずめ、こねこ、めだか』が成長したら何になりたいかを歌ったもので、パジャマにちゃんちゃんこの衣装で歌っていた。わらべ フレッシュアイペディアより)

  • Grey Skies

    Grey Skiesから見た坂本龍一坂本龍一

    本作品は元シュガー・ベイブのメンバーであった大貫の、1976年に発表された1枚目のソロ・アルバムである。当時のインタビューではソロアーティストとしてやって行く自信は無かったが、周囲の勧めによりソロ活動を続けていこうと思ったと語っている。特に、後に『ロマンティーク』と『アヴァンチュール』をプロデュースすることになる牧村憲一の薦めがあったという。また、不安は大きかったが周囲に恵まれ、プレッシャーもそれほど無く、自分が一緒に仕事をしたいアレンジャーたちと作れたという。但し初めての作業となる人物も多く、緊張で疲れたとも語っている。その他、坂本龍一との出会いが大きかったといい、次作『グレイ・スカイズ』ではアレンジを担当してもらったという。坂本は大貫のメロディーの器楽的な部分がクラシック音楽の要素が強いという点を良く理解していたという。Grey Skies フレッシュアイペディアより)

774件中 11 - 20件表示