943件中 11 - 20件表示
  • 山崎春美

    山崎春美から見た坂本龍一坂本龍一

    1983年、坂本龍一、遠藤ミチロウ、町田町蔵、工藤冬里、上野耕路、宮沢正一、NON、川島バナナなど多彩なミュージシャンと山崎の歌詞とのコラボレーションによる1st.アルバム『タコ』 を発表。ピナコテカレコードからのリリースで、ジャケットは花輪和一と合田佐和子だった。『タコ』は自主制作盤としては破格のヒットを記録するが、アルバムに収録された「きらら」という曲の歌詞に差別用語が使われていたため、団体からクレームがつき自主回収・発売禁止となる。この影響でピナコテカレコードは翌年解散に追い込まれた。山崎春美 フレッシュアイペディアより)

  • GEISHA GIRLS

    GEISHA GIRLSから見た坂本龍一坂本龍一

    GEISHA GIRLS(ゲイシャガールズ・芸者ガールズ)は日本のラップユニット。1994年結成、1996年以降活動中止。ダウンタウンの二人が「芸者」めいた姿で歌う、というコミックバンドじみたコンセプトとは裏腹に、坂本龍一とテイ・トウワ、富家哲を始めアート・リンゼイ、小室哲哉など豪華なアーティストが参加していることで知られる。GEISHA GIRLS フレッシュアイペディアより)

  • トベタ・バジュン

    トベタ・バジュンから見た坂本龍一坂本龍一

    2005年:坂本龍一のラジオ番組『RADIO SAKAMOTO』(J-WAVE)内コーナー、オーディション卒業生。トベタ・バジュン フレッシュアイペディアより)

  • ROMANTIQUE (大貫妙子のアルバム)

    ROMANTIQUE (大貫妙子のアルバム)から見た坂本龍一坂本龍一

    サウンドのイメージは「フランソワーズ・アルディ。それと『ラジオのように』のブリジット・フォンテーヌ。」「プロデューサーがアイデアを出してくれた一方で、それを音にしていく上では坂本さんの力が大きかったですね」としている。ただ、アルバム全編フランスというわけでもなく、イタリアやロシア的な雰囲気の曲があったりもする。また、歌い方もこのアルバムを境にはっきりと変化したが、「それまでは“ア?ッ”とか結構乱暴に歌っていたのが、『ロマンティーク』には全然合わなかった。それこそフランソワーズ・アルディじゃないけど、フランス語独特の息の抜き方を意識したんです。当時は語るようなヴォーカルに、自分の歌い方のひとつを見つけた感じがしました」という。ROMANTIQUE (大貫妙子のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • わらべ

    わらべから見た坂本龍一坂本龍一

    1982年12月、坂本龍一編曲による最初のシングル「めだかの兄妹」がフォーライフ・レコード(現:フォーライフミュージックエンタテイメント)よりリリースされた。もともと番組のエンディングで、就寝するシーンの中で使われていた曲をリリースしたもので、番組の企画物であったことなどもあり、1983年のオリコン年間シングルチャート第3位のロングヒットとなり、番組を放送していたテレビ朝日以外の局の音楽番組にも多数出演した。曲の内容は、『すずめ、こねこ、めだか』が成長したら何になりたいかを歌ったもので、パジャマにちゃんちゃんこの衣装で歌っていた。ただ、このシングルがあまりにも売れすぎたため、これが当時の物品税の課税対象となる歌謡曲扱いか、または非課税となる童謡扱いかで国税庁とレコード会社の主張が対立し、論争となった。わらべ フレッシュアイペディアより)

  • 高橋悠治

    高橋悠治から見た坂本龍一坂本龍一

    執筆や対談、鼎談を精力的に行うようになった。この活動に啓発された音楽家に、坂本龍一がいる。音楽雑誌だけでなく、『現代詩手帖』『展望』『思想の科学』『新日本文学』『朝日ジャーナル』『月刊総評』などで活躍した。著作の多くは、上に示した単行本に収録されている。対談のいくつかは、『行動する作曲家――岩城宏之対談集』や『続・谷川俊太郎の33の質問』などで読むことができる。高橋悠治 フレッシュアイペディアより)

  • DEADLY DRIVE

    DEADLY DRIVEから見た坂本龍一坂本龍一

    をもってシュガー・ベイブを抜けた伊藤銀次は、7月からりりィのバック・バンドである“バイバイ・セッション・バンド”に土屋昌巳の後任で参加した。バイバイ・セッション・バンドはのメンバー・チェンジでキーボードは茂木由多加から坂本龍一、ドラムは平野肇から上原裕にそれぞれ交代。その直後に始まった大滝詠一、山下達郎とのオムニバス・アルバム『NIAGARA TRIANGLE Vol.1』のレコーディングは、このときのメンバーを中心にツアーの合間を縫って行われた。DEADLY DRIVE フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木さえ子

    鈴木さえ子から見た坂本龍一坂本龍一

    その後、鈴木さえ子はスタジオ・ミュージシャンやCM音楽作家としての活動を開始。更に”B-2 Units”(坂本龍一バンド)、”H”(立花ハジメバンド)、”FILMS”など複数のバンドに並行して参加している。忌野清志郎と坂本龍一のシングル『い・け・な・いルージュマジック』では、『夜のヒットスタジオ』、『ザ・ベストテン』などの音楽番組でドラムを叩く姿が放送された。また、この時期、ビートたけしのバックでドラムを叩く鈴木さえ子をテレビで観た泉谷しげるに声をかけられ、翌1983年から1985年まで泉谷のライブサポートを務めている。鈴木さえ子 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島真理

    飯島真理から見た坂本龍一坂本龍一

    1983年9月に自身の作詞作曲、坂本龍一プロデュースによるファーストアルバム『Rosé』でデビューする。同年12月にはシングル「きっと言える」をリリース。飯島真理 フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・シルヴィアン

    デヴィッド・シルヴィアンから見た坂本龍一坂本龍一

    1982年、ジャパン解散後、ソロに転向。以降ソロアルバムと共に坂本龍一やロバート・フリップ等のミュージシャンとのコラボレーション作品を多数発表している。デヴィッド・シルヴィアン フレッシュアイペディアより)

943件中 11 - 20件表示

「坂本龍一」のニューストピックワード