943件中 21 - 30件表示
  • エクソル

    エクソルから見た坂本龍一坂本龍一

    坂本龍一を起用したCM第一弾。エクソル フレッシュアイペディアより)

  • 柿崎順一

    柿崎順一から見た坂本龍一坂本龍一

    坂本龍一、小林武史、櫻井和寿が発起し、環境保護や自然エネルギー促進事業、省エネルギーなど環境保全のためのプロジェクトを行う「Artists’ Power(アーティスト・パワー)」及びap bank に賛同人として加わる。柿崎順一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本美雨

    坂本美雨から見た坂本龍一坂本龍一

    父親は坂本龍一、母親は矢野顕子という、ミュージシャンの両親の元に生まれ、YMOやクラフトワークを胎教として育った。5歳年上の異父兄、風太がいる。祖父は編集者の坂本一亀。9歳だった1990年(平成2年)には家族でアメリカ合衆国・ニューヨーク州に移住し、高校卒業まで同地で過ごしたため、英語と日本語のバイリンガルである。高校時代には美術を専攻していた。名前の「美雨」は、突然変異を意味する英語、「ミュータント(mutant)」に由来し、父が名付けた。初恋の人は両親の友人であった音楽バンド、ジャパンのボーカル、デヴィッド・シルヴィアン。初めて買ったCDはTM NETWORKの「JUST ONE VICTORY」だった。坂本美雨 フレッシュアイペディアより)

  • 大島渚

    大島渚から見た坂本龍一坂本龍一

    その後は日本国外資本での映画製作が中心となり、1978年(昭和53年)に再び日仏合作による『愛の亡霊』を発表。性的描写は前作よりは抑制されたが、不倫した妻が愛人と共謀して夫殺しに走るという前作と類似する題材を扱った。同作は第32回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞。1983年(昭和58年)にはビートたけしや坂本龍一、デヴィッド・ボウイなど異色のキャスティングが話題となった国際的合作『戦場のメリークリスマス』を発表。第36回カンヌ国際映画祭に出品された際にはパルム・ドール最有力候補と目されたが、無冠に終わった。同作で初めて映画音楽を担当した坂本龍一は英国アカデミー賞作曲賞を受賞した。1986年(昭和61年)の『マックス、モン・アムール』では人間とチンパンジーの愛を描いた。同作は主演にシャーロット・ランプリング、脚本にジャン=クロード・カリエール、撮影監督にラウール・クタールを起用し、全編フランスで撮影された。大島渚 フレッシュアイペディアより)

  • 国際科学技術博覧会

    国際科学技術博覧会から見た坂本龍一坂本龍一

    3D-ファンタジアム:7歳の少女「エリカ=ハミルトン」と犬「ボゾ」の冒険を描く偏光方式の立体映像「大地の詩」が上映された。犬の種類はオールド・イングリッシュ・シープドッグ。スクリーンは縦8.5メートル、横18メートルで上映時間は15分。収容人数は450人。70ミリフィルムを用いた2台のカメラで撮影し、2台の映写機で投影するステレオスペース方式の立体映像で、画面の明るさと鮮明度が特徴だった。開発はアメリカのユナイテッド・アーチスト・コミュニケーションズ社。音響は29個のスピーカーで7チャンネル構成のスーパーマルチチャンネル立体音響。劇場は、前の人の肩越しに画面が見えるように床角度を7度にしたり、コンピュータを用いてシミュレーション設計された。観客は偏光メガネを使用し、メガネはプレゼントされた。メインテーマ曲の「空に会おうよ」は作詞・矢野顕子、作編曲・坂本龍一、歌・モモ(やまがたすみこ)。レコードはパビリオン内でも販売していた。国際科学技術博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • コルグ・TRINITYシリーズ

    コルグ・TRINITYシリーズから見た坂本龍一坂本龍一

    いち早くパフォーマンスで使用したのは坂本龍一である。コルグ社のペーパーマガジン「PROVIEW」誌8号インタビュー記事内で「黒のボディーのってないんですか?」という彼のコメントが掲載された。これを具現化したブラックボディモデル「BK」が製作されたが、メジャーシーンで主に使ったのは小室哲哉で、皮肉にも坂本モデルではなく小室モデルと称される。坂本龍一とのライブ共演以降、小室もTRINITYをメインシンセとしていたが、globeのライブ等でこのBKモデルを使用するようになった。当時キーボード・マガジン誌の広告には、限定100台生産且つ「超大物アーティストが使用」と銘打たれつつ、61鍵ノーマルタイプ仕様のみが先行発売された。坂本のメインシンセはこの後、ヤマハ・Sシリーズ及びMOTIFシリーズへ移行していく。コルグ・TRINITYシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 小室哲哉

    小室哲哉から見た坂本龍一坂本龍一

    坂本龍一とは「クリエイティブな少数派に向けた作風」を追求する坂本と「メジャーでスターになるための方法論」を追求する小室、インターネットでのファンに対するアプローチの方針の違いからして、小室曰く「お互い中和しない関係」と称しつつも、「何をどうするかが絶対に違うけど、無い物ねだりながらもお互いに無い物を求めている」「誤解されるのを承知で言えばホモセクシャルな感覚を持っていて会うと安心できる」と話している。反面「芸術家であり、その方面では未だに何一つ彼との差は縮まっていない」と賛美と嫉妬を込めた発言をしている。小室哲哉 フレッシュアイペディアより)

  • ウィー・ラヴ・ユー

    ウィー・ラヴ・ユーから見た坂本龍一坂本龍一

    ウィー・ラヴ・ユー (We Love You) は、1990年にリリースされた坂本龍一のソロシングル。ウィー・ラヴ・ユー フレッシュアイペディアより)

  • MUSIC TREE

    MUSIC TREEから見た坂本龍一坂本龍一

    MUSIC TREE(ミュージック・トゥリー)は「株式会社USEN(代表:宇野康秀)」と森を守り育てるエコ活動を行っている「more trees(代表:坂本龍一)」とのコラボレーションによって誕生したチャリティープロジェクト。MUSIC TREEは「more music! more trees!」を合言葉としてサービスを展開。MUSIC TREE フレッシュアイペディアより)

  • ライオット・イン・ラゴス

    ライオット・イン・ラゴスから見た坂本龍一坂本龍一

    ライオット・イン・ラゴス(Riot In Lagos)は坂本龍一の楽曲。ライオット・イン・ラゴス フレッシュアイペディアより)

943件中 21 - 30件表示

「坂本龍一」のニューストピックワード