774件中 21 - 30件表示
  • SUNSHOWER

    SUNSHOWERから見た坂本龍一坂本龍一

    全曲坂本龍一による編曲で、参加ミュージシャンも当時最も旬な人物を集めたという。また「本場の色」を付加したかったために、1977年4月8日?10日まで晴海国際展示場で開催された“ローリング・ココナツ・レビュー”というコンサートに出演した“Stuff”を見に行き、気に入ったドラムのクリス・パーカーにその場で参加の交渉を行ったという。またクリスの参加が当アルバムの出来上がりを大きく決定付けたという。SUNSHOWER フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・バラカン

    ピーター・バラカンから見た坂本龍一坂本龍一

    6年後、YMOのマネジメント事務所、ヨロシタ・ミュージックに転職し、YMOの海外コーディネイトや楽曲の英補作詞を担当した。きっかけは、日頃通っていた吉祥寺のレコードショップで知人に「知り合いがロンドンでアルバムを作るので英語の作詞を手伝ってくれる人を探している」と誘われていたことであり、そのアルバムとは坂本龍一の『B-2ユニット』であった。ピーター・バラカン フレッシュアイペディアより)

  • Ryuichi Sakamoto Trio World Tour 1996

    Ryuichi Sakamoto Trio World Tour 1996から見た坂本龍一坂本龍一

    『Ryuichi Sakamoto Trio World Tour 1996』(リュウイチ・サカモト・トリオ・ワールド・ツアー・1996)は、2003年にリリースされた坂本龍一のライブアルバム。Ryuichi Sakamoto Trio World Tour 1996 フレッシュアイペディアより)

  • as close as possible

    as close as possibleから見た坂本龍一坂本龍一

    B-5「嘘と噂」での坂本龍一の参加はシングル「今だから」での編曲や、坂本が当時パーソナリティを務めていたラジオ番組に小田がゲストで呼ばれる等の経緯から。またこの曲には大貫妙子がゲスト・ボーカルで参加している。これについて小田は「外部の人と組むことには積極的になろうと思っていましたからね。二人がひとつの曲に重なったのは結果としてそうなっただけのことで深い意味はありません。それにしても、最初は女の子のボーカルを入れるつもりはなかったんですが、詞を書いているうちに、これだったら女の子が歌ったほうがいいだろうと考えが出てきたんですよ。この曲では、たとえば3行目と4行目は女の子の気持ちを書いたわけで、それを女の子が歌えばストレートにその気持ちが伝わるでしょ。彼女の声も前から好きだったし。それで今回、彼女のあの声であの歌い方でいったらこの曲にハマるだろうなと考えて参加してもらったんですよ」と答えている。この曲は後に、CM、映画、TVで使われた曲を集めた大貫のオフィシャル・セレクション・アルバム『palette』にボーナス・トラックとして“オフコース featuring 大貫妙子”名義で収録された。as close as possible フレッシュアイペディアより)

  • 第60回アカデミー賞

    第60回アカデミー賞から見た坂本龍一坂本龍一

    第60回目の節目となったアカデミー賞授賞式は、 シュライン・オーディトリアムで初めて行われた。結果は、ベルナルド・ベルトルッチが愛新覚羅溥儀の生涯を映画化した『ラスト・エンペラー』が、作品賞、監督賞、坂本龍一の作曲賞を含む9部門を受賞した。第60回アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 東京は夜の7時

    東京は夜の7時から見た坂本龍一坂本龍一

    1979年の中野サンプラザ、渋谷公会堂でのライブ録音。すでにイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を結成していた高橋幸宏、細野晴臣、坂本龍一が参加しているが、YMOとしてはクレジットされていないうえ、曲目の重なりもない。一方、1979年は矢野自身が渡辺香津美(本アルバムには不参加)のKYLYN BAND、坂本龍一のカクトウギ・セッションに参加していた時期であり、これらの活動と曲目が重なるところが多い。東京は夜の7時 フレッシュアイペディアより)

  • LET'S DO IT -愛は思うまま-

    LET'S DO IT -愛は思うまま-から見た坂本龍一坂本龍一

    作詞 : 吉田美奈子, 作曲 : 吉田美奈子, 坂本龍一LET'S DO IT -愛は思うまま- フレッシュアイペディアより)

  • 東風 (曲)

    東風 (曲)から見た坂本龍一坂本龍一

    東風(とんぷう、Tong Poo)は坂本龍一作の楽曲。東風 (曲) フレッシュアイペディアより)

  • ただいま。

    ただいま。から見た坂本龍一坂本龍一

    坂本龍一の共同プロデュースのもと、シンセサイザー音を多用したテクノポップ系の音を中心としたアルバム。イエロー・マジック・オーケストラのメンバーである坂本龍一、高橋幸宏、細野晴臣(春咲小紅のみ)が参加している。第1,2曲にはひばり児童合唱団が参加。第6曲は児童詩集に曲をつけた異色作である。ヒット曲「春咲小紅」を含むアルバムでもあるが、実験的な作風の曲も目立つアルバムである。アルバムジャケットは湯村輝彦の作である。ただいま。 フレッシュアイペディアより)

  • 愛の園 (AI NO SONO)

    愛の園 (AI NO SONO)から見た坂本龍一坂本龍一

    スティーヴィー・ワンダーのアルバム『シークレット・ライフ』収録曲のカヴァーとなる作品で、編曲はYMOの坂本龍一が担当した。バックコーラスは子供たちが担当した。愛の園 (AI NO SONO) フレッシュアイペディアより)

774件中 21 - 30件表示

「坂本龍一」のニューストピックワード

  • ベスト・スコア・サウンドトラック・フォー・ビジュアル・メディア賞

  • 最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム

  • ROG STRIX GL502VS