774件中 31 - 40件表示
  • 遠藤ミチロウ

    遠藤ミチロウから見た坂本龍一坂本龍一

    8月15日 - 「プロジェクトFUKUSHIMA!」のイベントとして、大友良英、坂本龍一等と「8.15世界同時多発フェスティバルFUKUSHIMA!」を開催。遠藤ミチロウ フレッシュアイペディアより)

  • 星川淳

    星川淳から見た坂本龍一坂本龍一

    九州芸術工科大学中退後、インドやアメリカ合衆国に居住。1982年に、妻子とともに鹿児島県屋久島へ移住した。2001年に発生したアメリカ同時多発テロ事件後には、音楽家の坂本龍一らと『非戦』(幻冬舎)を発表した。星川淳 フレッシュアイペディアより)

  • 金井夕子

    金井夕子から見た坂本龍一坂本龍一

    「チャイナ ローズ(詞:伊達歩、曲:細野晴臣、編:細野晴臣・坂本龍一)/郷愁(詞:金井夕子、曲・編:梅垣達志)」(1980年4月21日発売)金井夕子 フレッシュアイペディアより)

  • MC Sniper

    MC Sniperから見た坂本龍一坂本龍一

    セカンドアルバム『初行』で、坂本龍一が作曲した「シェルタリング・スカイ」(ピアノバージョン)にラップをかぶせた「Baby Don't Cry」を発表した。MC Sniper フレッシュアイペディアより)

  • シャドー・ボクサー

    シャドー・ボクサーから見た坂本龍一坂本龍一

    編曲はベーシストの後藤次利で、彼の編曲家としてのデビュー作となった。キーボードでスタジオミュージシャン時代の坂本龍一、コーラスで吉田拓郎もクレジットされている。シャドー・ボクサー フレッシュアイペディアより)

  • ライオット・イン・ラゴス

    ライオット・イン・ラゴスから見た坂本龍一坂本龍一

    ライオット・イン・ラゴス(Riot In Lagos)は坂本龍一の楽曲。ライオット・イン・ラゴス フレッシュアイペディアより)

  • 国際青年年記念 ALL TOGETHER NOW

    国際青年年記念 ALL TOGETHER NOWから見た坂本龍一坂本龍一

    はっぴいえんどとサディスティック・ミカ・バンド(ヴォーカルは松任谷由実)の再結成の他、吉田拓郎、オフコース、佐野元春、サザンオールスターズ、さだまさし、南こうせつ、チェッカーズ、THE ALFEE、山下久美子、坂本龍一、武田鉄矢、財津和夫、イルカ、白井貴子、アン・ルイス、ラッツ&スターらが出演し、再現は不可能な顔ぶれが揃ったが、吉田拓郎、オフコースから始まり、はっぴいえんど、松任谷由実を経由してトリが佐野元春、飛び入りゲストがサザンオールスターズという演奏順で世代交代を象徴する流れだったため、後に細野晴臣が「ニューミュージックの葬式」などと揶揄した。国際青年年記念 ALL TOGETHER NOW フレッシュアイペディアより)

  • A PLACE IN THE SUN

    A PLACE IN THE SUNから見た坂本龍一坂本龍一

    また、坂本龍一も初めて今井のプロデュースに参加しているほか、小森茂生が自身初のプロデュースとして3曲の編曲を担当。A PLACE IN THE SUN フレッシュアイペディアより)

  • 以心電信 (YMOの曲)

    以心電信 (YMOの曲)から見た坂本龍一坂本龍一

    坂本龍一のコメントによると、楽曲的にはビートルズのにぎやかな曲に影響されており、華やかさがある式典をイメージしているとのこと。以心電信 (YMOの曲) フレッシュアイペディアより)

  • Shing02

    Shing02から見た坂本龍一坂本龍一

    06年坂本龍一のプロジェクト、STOP ROKKASHOに参加。Shing02 フレッシュアイペディアより)

774件中 31 - 40件表示

「坂本龍一」のニューストピックワード

  • ベスト・スコア・サウンドトラック・フォー・ビジュアル・メディア賞

  • 最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム

  • ROG STRIX GL502VS