943件中 31 - 40件表示
  • ただいま。

    ただいま。から見た坂本龍一坂本龍一

    坂本龍一の共同プロデュースのもと、シンセサイザー音を多用したテクノポップ系の音を中心としたアルバム。イエロー・マジック・オーケストラのメンバーである坂本龍一、高橋幸宏、細野晴臣(春咲小紅のみ)が参加している。第1,2曲にはひばり児童合唱団が参加。第6曲は児童詩集に曲をつけた異色作である。ヒット曲「春咲小紅」を含むアルバムでもあるが、実験的な作風の曲も目立つアルバムである。アルバムジャケットは湯村輝彦の作である。ただいま。 フレッシュアイペディアより)

  • 土取利行

    土取利行から見た坂本龍一坂本龍一

    1970年代初頭、前衛ジャズドラマーとして活動を開始。近藤等則、坂本龍一、阿部薫、高木元輝、音楽評論家の間章らと音楽活動を展開。世界的なフリージャズの演奏家、ミルフォード・グレイブス、デレク・ベイリー、スティーヴ・レイシーらと共演を重ねる。また、ピーター・ブルック国際劇団の音楽家となり、世界各地を巡演、アジア・アフリカの民族音楽の渉猟を続けるなか、日本のうたもの、語りものを追求する三味線演奏家・音楽家の桃山晴衣と出会う。87年に、岐阜県郡上八幡に活動の拠点として茅葺きの芸能堂「立光学舍」「立光学舎レーベル」を桃山と共同で設立。土取利行 フレッシュアイペディアより)

  • パス・レコード

    パス・レコードから見た坂本龍一坂本龍一

    1980年3月25日、3枚のシングル、Phew+坂本龍一『終曲(フィナーレ)/うらはら』突然段ボール『ホワイト・マン/変なパーマネント』ボーイズ ボーイズ『MONKEY MONKEY/CONTROL TOWER』発表。パス・レコード フレッシュアイペディアより)

  • STOP ROKKASHO

    STOP ROKKASHOから見た坂本龍一坂本龍一

    STOP ROKKASHO(ストップ ロッカショ)は、坂本龍一による反原発プロジェクト。STOP ROKKASHO フレッシュアイペディアより)

  • シャドー・ボクサー

    シャドー・ボクサーから見た坂本龍一坂本龍一

    編曲はベーシストの後藤次利で、彼の編曲家としてのデビュー作となった。キーボードでスタジオミュージシャン時代の坂本龍一、コーラスで吉田拓郎もクレジットされている。シャドー・ボクサー フレッシュアイペディアより)

  • 不毛地帯 (テレビドラマ)

    不毛地帯 (テレビドラマ)から見た坂本龍一坂本龍一

    メインテーマ - 坂本龍一不毛地帯 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • NEW YORK

    NEW YORKから見た坂本龍一坂本龍一

    作曲:B.スキャッグス、編曲:坂本龍一、松原正樹NEW YORK フレッシュアイペディアより)

  • 大貫妙子 懐かしい未来

    大貫妙子 懐かしい未来から見た坂本龍一坂本龍一

    2008年8月22日夜に2時間の特別番組が放送され、この時のゲストは坂本龍一と高城剛だった。そして2009年4月からレギュラー番組として放送された。大貫妙子 懐かしい未来 フレッシュアイペディアより)

  • 体操 (YMOの曲)

    体操 (YMOの曲)から見た坂本龍一坂本龍一

    細野晴臣からの「ジョン・ケージの“プリペアド・ピアノ”みたいなミニマルな曲を」という発注に応えて、坂本龍一が作った。現代音楽のミニマル・ミュージック的な手法を用いつつ、ポップミュージックとして成立している。体操 (YMOの曲) フレッシュアイペディアより)

  • MEISO

    MEISOから見た坂本龍一坂本龍一

    2006年、坂本龍一やShing02らが主導するSTOP ROKKASHOプロジェクトの曲「無知の知 6MCs REVAMP」に参加した。この曲はMEISOのほかにカクマクシャカ、Shing02、Hisomi-TNP、Mouth Peace、Elevenが参加している。青森県六ケ所村の放射線汚染をテーマにするといった社会性を帯びたこの曲はフリーダウンロードで公開され、注目を集めた。ちなみにこの時期にはすでに「MEISO」に改名されている。MEISO フレッシュアイペディアより)

943件中 31 - 40件表示

「坂本龍一」のニューストピックワード