943件中 41 - 50件表示
  • SUNSHOWER

    SUNSHOWERから見た坂本龍一坂本龍一

    パナム・レーベルでの最後のオリジナル・アルバム。プロデュースを担当した国吉静治によれば、「この2枚目のアルバムは、シュガー・ベイブ色の強かったファースト・アルバムに比べ、クロスオーバーぽい味付けがされている作品となっています。この時代、ジャズから派生したクロスオーバーというジャンルが確立され、皆それぞれ大なり小なり影響を受けていたわけで、アルバム制作の打ち合わせでも自然とその方向性が打ち出されました。全曲、坂本龍一さんの編曲。参加ミュージシャンも当時最も旬な人たちに決定。でもそこに何かひとつ本場の色を付加したく思案していました。そんな頃、1977年4月8日から10日まで晴海国際展示場で開催された“ローリング・ココナツ・レビュー”というコンサートがありました。我々レコーディング・スタッフでお目当ての“Stuff”を見に行ったところ、『あー、これこれこのドラムの人に是非お願いしたい』と盛り上がり、無謀にもその場で交渉。とりあえず一度ニュー・ヨークに戻り5月に再度来日してくれることになり、交渉成立。このことが、このアルバムの出来上がりを大きく決定つける要因になりました」という。SUNSHOWER フレッシュアイペディアより)

  • MC Sniper

    MC Sniperから見た坂本龍一坂本龍一

    セカンドアルバム『初行』で、坂本龍一が作曲した「シェルタリング・スカイ」(ピアノバージョン)にラップをかぶせた「Baby Don't Cry」を発表した。MC Sniper フレッシュアイペディアより)

  • アルヴァ・ノト

    アルヴァ・ノトから見た坂本龍一坂本龍一

    アルヴァ・ノト(Alva Noto)の活動名で知られるカールステン・ニコライ (Carsten Nicolai、1965年- ) は、ドイツのミュージシャン。ジャンルはエレクトロニカ・・・実験音楽など。坂本龍一とのコラボレーションにより日本国内での知名度も高まった。実験音楽のミュージシャン、池田亮司とのユニット・Cyclo.での活動でも知られる。アルヴァ・ノト フレッシュアイペディアより)

  • 竹田賢一

    竹田賢一から見た坂本龍一坂本龍一

    1975年、坂本龍一と「学習団」という芸術-実践の運動体を組織した。同年、間章に勧められてジャズ専門誌『ジャズ批評』や『ジャズ』への寄稿を始め、その後は、各種の雑誌への寄稿やライナーノートなども手がけた。竹田賢一 フレッシュアイペディアより)

  • LIFE IN PROGRESS

    LIFE IN PROGRESSから見た坂本龍一坂本龍一

    LIFE IN PROGRESS(ライフ・イン・プログレス)は、1999年に行われた坂本龍一のオペラ『LIFE a ryuichi sakamoto opera 1999』のスケッチとなったアルバム。1999年9月12日にワーナーミュージック・ジャパンからリリースされた。LIFE IN PROGRESS フレッシュアイペディアより)

  • 星川淳

    星川淳から見た坂本龍一坂本龍一

    九州芸術工科大学中退後、インドやアメリカ合衆国に居住。1982年に、妻子とともに鹿児島県屋久島へ移住した。2001年に発生したアメリカ同時多発テロ事件後には、音楽家の坂本龍一らと『非戦』(幻冬舎)を発表した。星川淳 フレッシュアイペディアより)

  • サマー・ナーヴス

    サマー・ナーヴスから見た坂本龍一坂本龍一

    当初、坂本龍一にソニーから企画がもちかけられた時点では、ボサノヴァでアルバム1枚ということだったが、坂本はレゲエアルバムに逆提案したと言う。サマー・ナーヴス フレッシュアイペディアより)

  • ライヴ・アット・紀伊国屋ホール1978

    ライヴ・アット・紀伊国屋ホール1978から見た坂本龍一坂本龍一

    YMOが演奏したWANTED(原曲はピンク・レディー)および、PLASTIC BAMBOO(原曲は坂本龍一)のライブ音源を収録したアルバムはこれだけである。ライヴ・アット・紀伊国屋ホール1978 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤ゴロー

    伊藤ゴローから見た坂本龍一坂本龍一

    2005年に来日したキアラ・シヴェロ(Chiara Civello)のプロモーションライブをサポートした際、素晴らしいハーモニーだ!と賞賛される。作曲、編曲、ボサノヴァギターについて、坂本龍一をはじめチェリストのジャキス・モレレンバウム、マリオ・アジネー、ブラジルレコーディング時に共演したミュージシャンからも絶賛される。またイギリスのバンドThe High Llamasのショーン・オヘイガンから「伊藤ゴローは素晴らしい作曲家であり、音楽家である。その才能はアントニオ・カルロス・ジョビンと同じ原石から削りだされたものだと思うが、ボイシングは彼独自のものである。ハーモニーはポスト・ジョビン、ポスト・ジョアン・ジルベルトと言えるが、それがヨーロッパや日本的な手法と反応しあってゴロー独自のサウンドを生み出しているのだ。今回、幸運にも彼と音楽を作る機会があり、その作業を通じて彼のハーモニーに対する愛情を見いだすことができた。こういった資質を持った作曲家はそれほど多くはないと思う。ゴローは我々を更なる高みへと誘おうとしている。」とコメントされる。伊藤ゴロー フレッシュアイペディアより)

  • AUDIO LIFE

    AUDIO LIFEから見た坂本龍一坂本龍一

    AUDIO LIFE(オーディオ・ライフ)は、1999年に行われた坂本龍一のオペラ『LIFE a ryuichi sakamoto opera 1999』からベストテイクを抽出したアルバム。2000年2月23日にワーナーミュージック・ジャパンからリリースされた。AUDIO LIFE フレッシュアイペディアより)

943件中 41 - 50件表示

「坂本龍一」のニューストピックワード