774件中 51 - 60件表示
  • かの香織

    かの香織から見た坂本龍一坂本龍一

    ベルカントを用いイタリアオペラと現代ポップスを融合させた斬新な音楽性で、当時イタリアの未来派などに傾倒していた坂本龍一をはじめ業界内で絶賛されるが翌1986年に発展的活動休止。Caolina Bambina名義でCM音楽の制作や他アーティストのレコーディングやセッション等への参加、ミック・イタヤ、森美幸とのビジュアルプロジェクト「ステラフィーネ」などでのデザイン活動を経て、1991年6月21日、シングル『TINY LESSON』でソロデビュー。かの香織 フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ドルビー

    トーマス・ドルビーから見た坂本龍一坂本龍一

    トーマスはニュー・ウェイヴとポップ、楽器ではシンセサイザーなどの電子楽器類を得意とするミュージシャンだが、幅広い音楽ジャンルにも対応している。彼が作り出した音楽の中でヒットした作品の中にはアルバム『The Golden Age of Wireless』に収録されていて、サンプリング音源を多用し、ビルボード・ホット100で最高位5位を記録した「彼女はサイエンス (She Blinded Me With Science) 」や、『ハイパーアクティブ』『フィールド・ワーク』(坂本龍一と共作)などがある。トーマス・ドルビー フレッシュアイペディアより)

  • 日本の学生運動

    日本の学生運動から見た坂本龍一坂本龍一

    1960年代には現アートディレクターの北川フラムが大学全共闘リーダーとして1人でバリケードを作った(が決壊した)ほか、70年前後には高校在学時以来、馬場憲治らと活動していた音楽家の坂本龍一らが参加するなどといった形で、いくつかの動きがあったものの活動は断片的であり、結果的に終息に追い込まれている。日本の学生運動 フレッシュアイペディアより)

  • m-flo

    m-floから見た坂本龍一坂本龍一

    2004年5月、3年振りとなるオリジナルアルバム『ASTROMANTIC』をリリースした。このアルバムは、先述したアーティストの他にも、Dragon Ash、坂本龍一、CRAZY KEN BAND、野宮真貴(元ピチカート・ファイヴ)ら、豪華アーティストと共演した。このアルバムはオリコン初登場2位、最高1位を獲得した。また、『ASTROMANTIC』に収録されている、m-flo loves Ryuichi Sakamoto「I WANNA BE DOWN」は、米Billboard誌のHot Dance/Club Playチャートで最高12位(2005年2月19日付)を獲得する国際的なヒットとなった。m-flo フレッシュアイペディアより)

  • フォーライフ・レコード

    フォーライフ・レコードから見た坂本龍一坂本龍一

    1990年代前半はZOOやさねよしいさ子の楽曲がスマッシュヒットを記録したもの、1997年に入るとプライベートレーベルを置いた坂本龍一や「PRIDE」でミリオンセラーとなった今井美樹らの主力アーティストが相次いで移籍し、A&Rによる新人アーティストの売上不振と世田谷区池尻に銀行融資で竣工したレコーディングスタジオを兼ねた本社ビルの返済負担から経営が悪化。1999年に発売した井上陽水の「GOLDEN BEST」がダブルミリオンを記録するなど、売上は陽水に大きく依存する状況となった。2001年9月には原盤権を有するアーティストのベストアルバム「Pure Best」をレーベル主導で企画し、10タイトル発売した。フォーライフ・レコード フレッシュアイペディアより)

  • 三田寛子

    三田寛子から見た坂本龍一坂本龍一

    セカンド・シングル「夏の雫」は、編曲者の坂本龍一のピアノ演奏でレコーディング・スタジオで練習した。三田寛子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤波心

    藤波心から見た坂本龍一坂本龍一

    2011年3月23日には自身のブログに東北地方太平洋沖地震への気遣いと、原子力撤廃を訴え、話題となった(賛否両論相次ぎ、2011年現在も炎上状態になっている。賛同しているのは主に“中学生なのにしっかり自己を持っている”とする意見で、否定的なのは「もっと社会を知れ」という意見)。このブログは2ちゃんねるやツイッターで拡散され、孫正義の「同意!」他、坂本龍一、小川和久らもリツイート(RT)し、高橋源一郎、池田香代子等は絶賛した。なお、RTは数万件に及んでいる。同年5月7日には、代々木公園で行われた反原発デモ「原発やめろ渋谷・超巨大サウンドデモ」に参加した。その後、6月11日には、新宿中央公園及び周辺で行われた反原発デモ「原発やめろ新宿デモ」に参加。新宿東口アルタ前で原発を廃し、良き日本を取り戻そうと2万人の観衆を前に堂々演説・童謡「ふるさと」を熱唱した。藤波心 フレッシュアイペディアより)

  • 不毛地帯

    不毛地帯から見た坂本龍一坂本龍一

    メインテーマ - 坂本龍一不毛地帯 フレッシュアイペディアより)

  • オーエス オーエス

    オーエス オーエスから見た坂本龍一坂本龍一

    東京とロサンゼルスで録音が行われ、Willie Weeks (bass), Carlos Vega (drums)など米国人ミュージシャンを起用している。また、坂本龍一が共同プロデュース・シンセサイザーを担当するほか、細野晴臣、高橋幸宏といった、解散後のイエロー・マジック・オーケストラのメンバーの参加もみられる。オーエス オーエス フレッシュアイペディアより)

  • タヌキ

    タヌキから見た坂本龍一坂本龍一

    作詞:荒木とよひさ・作曲・編曲:坂本龍一タヌキ フレッシュアイペディアより)

774件中 51 - 60件表示

「坂本龍一」のニューストピックワード