943件中 51 - 60件表示
  • 東京は夜の7時

    東京は夜の7時から見た坂本龍一坂本龍一

    1978年の中野サンプラザ、渋谷公会堂での、「ト・キ・メ・キ ツアー」のライブ録音。すでにイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を結成していた高橋幸宏、細野晴臣、坂本龍一が参加しているが、YMOとしてはクレジットされていないうえ、曲目の重なりもない。一方、1979年は矢野自身が渡辺香津美(本アルバムには不参加)のKYLYN BAND、坂本龍一のカクトウギ・セッションに参加していた時期であり、これらの活動と曲目が重なるところが多い。東京は夜の7時 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ・EXシリーズ

    ヤマハ・EXシリーズから見た坂本龍一坂本龍一

    1998年2月にシリーズ最初のモデルにあたるEX5が発売。イメージキャラクターは坂本龍一ヤマハ・EXシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • スケッチ・ショウ

    スケッチ・ショウから見た坂本龍一坂本龍一

    当初"Audio Sponge"を名義として使用する予定だったが、当時狂牛病問題が取り沙汰されていることから、このユニット名でデビュー。2002年8月に開催された石野卓球主催のイベント「WIRE02」にスペシャル・ゲストとして参加。同年9月には、坂本龍一やテイ・トウワも参加したデビュー・アルバム『AUDIO SPONGE』をリリース、12月に行なわれたライブ「WILD SKETCH SHOW」にはコーネリアスもサポートメンバーとして参加した。スケッチ・ショウ フレッシュアイペディアより)

  • Design Channel

    Design Channelから見た坂本龍一坂本龍一

    オープニングはクレジットは無いが、砂原良徳のearth beat。エンディングはm-flo loves 坂本龍一のI WANNA BE down。Design Channel フレッシュアイペディアより)

  • RAW LIFE OSAKA

    RAW LIFE OSAKAから見た坂本龍一坂本龍一

    RAW LIFE OSAKA(ロー・ライフ・おおさか)は、1999年9月4日と9月5日に行われた坂本龍一のオペラ「LIFE a ryuichi sakamoto opera 1999」大阪公演を収録したアルバム。1999年10月27日にワーナーミュージック・ジャパンからリリースされた。RAW LIFE OSAKA フレッシュアイペディアより)

  • RAW LIFE TOKYO

    RAW LIFE TOKYOから見た坂本龍一坂本龍一

    RAW LIFE TOKYO(ロー・ライフ・とうきょう)は、1999年9月9日〜9月12日に行なわれた坂本龍一のオペラ「LIFE a ryuichi sakamoto opera 1999」東京公演を収録したアルバム。1999年10月27日にワーナーミュージック・ジャパンからリリースされた。RAW LIFE TOKYO フレッシュアイペディアより)

  • 藤波心

    藤波心から見た坂本龍一坂本龍一

    2011年3月23日には自身のブログに東北地方太平洋沖地震への気遣いと、原子力撤廃を訴え、話題となった(賛否両論相次ぎ、2011年現在も炎上状態になっている。賛同しているのは主に“中学生なのにしっかり自己を持っている”とする意見で、否定的なのは「もっと社会を知れ」という意見)。このブログは2ちゃんねるやツイッターで拡散され、孫正義の「同意!」他、坂本龍一、小川和久らもリツイート(RT)し、高橋源一郎、池田香代子等は絶賛した。なお、RTは数万件に及んでいる。同年5月7日には、代々木公園で行われた反原発デモ「原発やめろ渋谷・超巨大サウンドデモ」に参加した。その後、6月11日には、新宿中央公園及び周辺で行われた反原発デモ「原発やめろ新宿デモ」に参加、新宿東口アルタ前で演説と童謡「ふるさと」を歌唱した。藤波心 フレッシュアイペディアより)

  • 毛利泰士

    毛利泰士から見た坂本龍一坂本龍一

    坂本龍一の専属オペレーター(マニピュレイター)に抜擢、レコーディング、ライブ・コンサートなどのサポートをつとめる。毛利泰士 フレッシュアイペディアより)

  • 江渡浩一郎

    江渡浩一郎から見た坂本龍一坂本龍一

    1996年、岩井俊雄と坂本龍一によるコンサート『Music Plays Images × Images Play Music』にて、『RemotePiano』と題したパフォーマンスを披露したが、両名は翌年のアルス・エレクトロニカでインタラクティブアート部門のゴールデン・ニカ賞を受賞した。また、同じく1996年には、「sensorium」の一員としてWebサーバの地理的な位置を基にインターネットの接続経路を可視化する『WebHopper』の開発に参画し、sensoriumは翌年のアルス・エレクトロニカで.NET部門のゴールデン・ニカ賞を受賞するとともに、Javaに関する技術・応用・表現大賞にて表現部門の準大賞を受賞している。1998年、インターネット経由で入力されたメロディーと展示会場の来訪者が指示した音のコマンドに基づき、ロボットが演奏しながら動き回り、ロボット同士が衝突すると互いの音の情報を交換する『SoundCreatures』を発表し、翌年のアルス・エレクトロニカでインタラクティブアート部門の栄誉賞を授与された。また、ユーザー参加型研究の世界の実現を目的として、「ニコニコ学会β」の起ち上げにも参画した。ニコニコ学会βでは実行委員会の委員長に就任したが、こちらの学会も翌年のアルス・エレクトロニカでデジタルコミュニティー部門の栄誉賞を受賞している。また、江渡がニコニコ学会βのプロデューサー的な役割を果たしたことから、産業技術総合研究所に対して2012年度のグッドデザイン・ベスト100が授与された。江渡浩一郎 フレッシュアイペディアより)

  • more trees

    more treesから見た坂本龍一坂本龍一

    一般社団法人more trees(モア・トゥリーズ)は、音楽家坂本龍一氏の呼びかけにより、2007年に発足された森林保全団体。インドネシアの熱帯雨林再生プロジェクトに従事していた水谷伸吉氏が団体発足時に事務局長に起用され、現在に至る。「都市と森をつなぐ」をテーマに国内は間伐を推進した森づくりを、海外は植林による森林再生を中心に、現地の人々と協働で展開している。団体名の由来は、代表を務める坂本龍一氏が社会活動の中で思いついたキャッチコピーの一節から。more trees フレッシュアイペディアより)

943件中 51 - 60件表示

「坂本龍一」のニューストピックワード