943件中 61 - 70件表示
  • ニューローズホテル (映画)

    ニューローズホテル (映画)から見た坂本龍一坂本龍一

    フォックス(ウォーケン)とX(デフォー)は、半ばヘッドハンター、半ば誘拐者という、企業人材の引き抜きの専門家で、研究開発にあたる科学者に、競争相手の下で働かれるよりは死んでもらった方が良いと考えている企業の手から、科学者たちを脱出させる手助けをする仕事をしている。フォックスは、マース (Maas) 財閥が囲い込んでいるヒロシ(天野喜孝=ファイナルファンタジーシリーズのキャラクターデザイナー)というパラダイムを粉砕するような超天才に目をつける。このために、フォックスとXは、サンディ(アルジェント)というコールガール、通称「新宿ガール」を雇い、ヒロシを「説得」させ、フォックスが繋がりをもつ別の財閥ホサカ (Hosaka) の役員(坂本龍一)の下へ逃亡させようとする。フォックスはホサカとの取引を担当し、サンディはヒロシを誘惑してマラケシュにあるホサカの研究所に逃亡させようとする。フォックスとXは東京を拠点としており、新宿ガールを雇えたわけだが、Xは、サンディに、ヒロシを誘惑させる手法を仕込む。やがて、サンディは姿を消し、フォックスは殺され、残されたXは、彼の知る最も安全な場所である、寂れたカプセルホテル「ニュー・ローズ・ホテル」に逃れる。ニューローズホテル (映画) フレッシュアイペディアより)

  • リゲイン

    リゲインから見た坂本龍一坂本龍一

    この歌および当時のCMはバブル期のサラリーマン(歌詞中ではビジネスマン)を題材にしているが奇しくもこの頃からバブル期は終焉に向かって動き出すことになる。そして、バブル崩壊後の不況が慢性化した時期にはその世相を反映する形で、CM曲として坂本龍一のピアノによる「energy flow」が使われ、「勇気のしるし」とは正反対と言える静謐なメロディーのピアノソロ曲はOA当時に支持を集めた。また、この時期に佐藤浩市扮するサラリーマンが電柱、銅像など至るものにぶつかったり、下車駅で降り損ねる、ゴミの代わりにカバンを捨ててしまうなどロクな目に遭わないCMも放送され、『24時間戦えますか』の時代とは正反対の当時の世相を反映していた。リゲイン フレッシュアイペディアより)

  • タイトゥン・アップ

    タイトゥン・アップから見た坂本龍一坂本龍一

    ベースは細野晴臣だが、演奏にはかなり高度な技術が必要で、坂本龍一は細野の腕前を高く評価している。タイトゥン・アップ フレッシュアイペディアより)

  • グルッポ・ムジカーレ

    グルッポ・ムジカーレから見た坂本龍一坂本龍一

    グルッポ・ムジカーレ(Gruppo Musicale)は、1989年9月22日に発売された坂本龍一のベスト・アルバム。グルッポ・ムジカーレ フレッシュアイペディアより)

  • OPERA (アルバム)

    OPERA (アルバム)から見た坂本龍一坂本龍一

    OPERA(おぺら)は、坂本龍一のベスト・アルバム。1993年11月21日に発売された。OPERA (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 愛の園 (AI NO SONO)

    愛の園 (AI NO SONO)から見た坂本龍一坂本龍一

    スティーヴィー・ワンダーのアルバム『シークレット・ライフ』収録曲のカヴァーとなる作品で、編曲はYMOの坂本龍一が担当、またシンセサイザー・プログラミングを松武秀樹が担当した。バックコーラスは子供たちが担当した。愛の園 (AI NO SONO) フレッシュアイペディアより)

  • アンジェリカ (タレント)

    アンジェリカ (タレント)から見た坂本龍一坂本龍一

    2014年12月より歌う『“戦場のメリークリスマス”』(作詞アンジェリカ 作曲坂本龍一)を皮切りにオリジナルのほか、クラシックやトラディショナルミュージックに、歌詞を書き下ろしたクラシカルクロスオーバー作品や、アンジェリカ (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • 中島英樹

    中島英樹から見た坂本龍一坂本龍一

    中島 英樹 (なかじま ひでき、1961年 - )は、日本のアートディレクター、グラフィックデザイナー。埼玉県出身。坂本龍一のCDジャケットのデザインや『Cut』やEテレの『ETV特集』のロゴデザイン、講談社の講談社現代新書の装丁(2004年‐)で知られる。中島英樹 フレッシュアイペディアより)

  • Grey Skies

    Grey Skiesから見た坂本龍一坂本龍一

    大貫妙子はシュガー・ベイブのメンバーとして3年弱の活動を経て、1976年にクラウン・レコードと契約。ソロ・アーティストとして活動をはじめることになった。当時の様子を大貫は「シュガー・ベイブを離れて一人になったら、全く自信がなかった。もう、このままやめるんじゃないかと思ったし。でも、周りの勧めにより、続けていこうと。いつも、山下くんの影に隠れてピアノを弾いていただけの存在だったけど、そんな私にも何か可能性を感じてくれた人がいたんですね。話を進めてくれたのは、後に『ロマンティーク』と『アヴァンチュール』をプロデュースしてくださった牧村さんです。そういう意味では周りの人に恵まれていた」「乗り気ではなかったというか、不安は大いにありました。でも、シュガー・ベイブが売れてたわけじゃないし、ソロになって初めの第一歩だから、そんなにプレッシャーは無かったけど。それよりも、自分の好きな人とできるということで楽しかった。私が一緒にお仕事したいアレンジャーが何人かおりまして、頼んだら皆やってくれるというので、あの頃はスタジオに入ってヘッド・アレンジみたいな感じでワイワイっていう感じで作りました。でも、あんなにレコーディングで疲れたことはありませんでした。シュガー・ベイブの時っていうのは、自分のパートだけこなしてればよかったし、歌も数曲でよかったわけだし。でも、ソロでは全部自分でやらなければいけなかった。だから、緊張しちゃって。で、つきあう人も初めての人が多かったし、気を遣って、ものすごく疲れた」「それでも、まだ『グレイ・スカイズ』を出したときは半信半疑でした。これからどうやっていくかも具体的に考えられませんでした。とにかく、これからは自分でやっていこうと思った時に、やっぱり音楽的パートナーが必要だった。今までは山下くんというパートナーがいたわけで。いろいろな人とソロ・アルバムで仕事した中で、坂本さんとの出会いが、ものすごく自分にとって大きかったわけですね。まだ彼はそんなに有名ではなかったけれど、とても才能のある人だと思ったし、もう芽生え始めていましたから。その頃、新しいシンセサイザーが出だした頃で、いち早く取り入れて使っていました。随分、勉強熱心だったし、研究熱心だったから。『グレイ・スカイズ』の中でやってるんだけど、彼のアレンジで。坂本くんも、最初は私の仕事を通じて、いろいろ試しながらやってたようなところがある。でも、自分のやりたいものとはすごく近いところを持っていた、最初から。私のメロディーというのは、すごく器楽的なので、どこかクラシックの要素が強く、その点、坂本くんは基本的なところで、よく理解してくました」と答えている。さらに「今まで詞を先に書いたことは一度もありません。全部メロディーが先です。この頃はヘッド・アレンジといって、前もってアレンジは考えてくるという事はしないで、スタジオに入ってみんなであーだこうだ言いながら作るシステムだったんです。1曲1曲に関して、そういう感じでのんびりやりました。ここで関わったアレンジャーたちとは後々もやはりずっと付き合っていく訳なんです」と話している。Grey Skies フレッシュアイペディアより)

  • G2010

    G2010から見た坂本龍一坂本龍一

    村上龍 歌うクジラ(2010年)音楽:坂本龍一G2010 フレッシュアイペディアより)

943件中 61 - 70件表示

「坂本龍一」のニューストピックワード