774件中 71 - 80件表示
  • 大江千里 (アーティスト)

    大江千里 (アーティスト)から見た坂本龍一坂本龍一

    ファーストアルバムのプロデュースを務めた大村憲司がYMOのサポートギタリストだった縁から、大村とともに坂本龍一の『サウンドストリート』(NHK-FM)にゲスト出演したことがある。まだデビュー間もない頃だったため、坂本を目の前にして非常に緊張していた。大江千里 (アーティスト) フレッシュアイペディアより)

  • アルヴァ・ノト

    アルヴァ・ノトから見た坂本龍一坂本龍一

    アルヴァ・ノト(Alva Noto)の活動名で知られるカールステン・ニコライ (Carsten Nicolai、1965年- ) は、ドイツのミュージシャン。ジャンルはエレクトロニカ・グリッチ(en)・ミクロサウンド(en)・実験音楽など。坂本龍一とのコラボレーションにより日本国内での知名度も高まった。実験音楽のミュージシャン、池田亮司とのユニット・Cyclo.での活動でも知られる。アルヴァ・ノト フレッシュアイペディアより)

  • 土取利行

    土取利行から見た坂本龍一坂本龍一

    1970年代初頭、前衛ジャズドラマーとして活動を開始。近藤等則、坂本龍一、阿部薫、高木元輝、音楽評論家の間章らと音楽活動を展開。世界的なフリージャズの演奏家、ミルフォード・グレイブス、デレク・ベイリー、スティーヴ・レイシーらと共演を重ねる。また、ピーター・ブルック国際劇団の音楽家となり、世界各地を巡演、アジア・アフリカの民族音楽の渉猟を続けるなか、日本のうたもの、語りものを追求する三味線演奏家・音楽家の桃山晴衣と出会う。87年に、岐阜県郡上八幡に活動の拠点として茅葺きの芸能堂「立光学舍」「立光学舎レーベル」を桃山と共同で設立。土取利行 フレッシュアイペディアより)

  • 松本 隆

    松本隆から見た坂本龍一坂本龍一

    君に、胸キュン。 (1983年3月25日、作曲:坂本龍一 ? 高橋幸宏 ? 細野晴臣)松本隆 フレッシュアイペディアより)

  • 清水靖晃

    清水靖晃から見た坂本龍一坂本龍一

    静岡県に生まれる。幼少よりピアノの訓練を受け、音楽に対する強い興味を育んでいた。1970年代、様々な楽器を扱うマルチプレイヤーとなり、とりわけサキソフォンの演奏に秀でた気鋭の音楽家として表舞台に登場する。78年、自作曲含む初のソロアルバムを発表。その後、土方隆行、笹路正徳、山木秀夫らと実験的ロックバンド「マライア」を結成。83年の解散までに、多数のコンサートツアーを行い、『うたかたの日々』(83)など計5枚のアルバムを残した。一方で多彩な音楽表現の可能性を探るべく『IQ-179』(81)、『案山子』(82)などのソロアルバムをリリース。こうしたユニークな活動を通して、清水は絶えず創作領域の限界を突破することに喜びを見出していた。後に坂本龍一と共に出演したナム・ジュン・パイクによる東京・ニューヨーク・ソウルを結んだ衛星通信プロジェクト『バイ・バイ・キップリング』(86)や、東京で行われた清水のライブインスタレーション作品『ヒューマン・クック・クロック』(02)などの活動に、そうした清水の創作上の探求心がうかがえる。清水靖晃 フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・シルヴィアン

    デヴィッド・シルヴィアンから見た坂本龍一坂本龍一

    1982年、ジャパン解散後、ソロに転向。以降ソロアルバムと共に坂本龍一やロバート・フリップ等のミュージシャンとのコラボレーション作品を多数発表している。デヴィッド・シルヴィアン フレッシュアイペディアより)

  • 山崎春美

    山崎春美から見た坂本龍一坂本龍一

    1983年、山崎の歌詞と、坂本龍一、遠藤ミチロウ、町田町蔵、工藤冬里、上野耕路、宮沢正一、NON、川島バナナなど多彩な参加ミュージシャンとのコラボレーションによる1st.アルバム『タコ』 を発表。ピナコテカレコードからのリリースで、ジャケットは花輪和一と合田佐和子だった。また、日比谷野外音楽堂で行われた、雑誌「HEAVEN」主催のイベント「天国注射の昼」を開催。じゃがたら、町田町蔵、THE FOOLS、GAUZE、突然段ボール、コクシネルなど当時のアンダーグラウンドシーンで活躍するバンドが多数出演した。山崎春美 フレッシュアイペディアより)

  • 大島渚

    大島渚から見た坂本龍一坂本龍一

    監督・演出家としての才能だけではなく、演技者の素質を見抜く才能は希有なものがあった。当時お笑い芸人としてしか認知されていなかったビートたけしを「彼以外には考えられない」として『戦場のメリークリスマス』の重要な役に抜擢し、桜井啓子(『無理心中日本の夏』、映画出演前はフーテン族だった)、荒木一郎(『日本春歌考』)、ザ・フォーク・クルセダーズ(『帰ってきたヨッパライ』)、横尾忠則(『新宿泥棒日記』)、栗田ひろみ(『夏の妹』、本作が映画デビュー作で主演)、坂本龍一(『戦場のメリークリスマス』)など、俳優を本業としない人物や素人に近い新人俳優を多く抜擢し、作品においても彼らの生のままの素材を活かすことに成功している。また、1950年代後半から人気ファッションモデルとして活躍していた芳村真理に女優への転向を促したのも大島であった。大島渚 フレッシュアイペディアより)

  • 山下達郎

    山下達郎から見た坂本龍一坂本龍一

    朝まで一緒に(作詞:中原理恵、作曲:山下達郎、編曲:山下達郎 ? 坂本龍一山下達郎 フレッシュアイペディアより)

  • ビハインド・ザ・マスク (曲)

    ビハインド・ザ・マスク (曲)から見た坂本龍一坂本龍一

    ビハインド・ザ・マスク(BEHIND THE MASK)は、坂本龍一作曲、クリス・モズデル作詞の楽曲。ビハインド・ザ・マスク (曲) フレッシュアイペディアより)

774件中 71 - 80件表示

「坂本龍一」のニューストピックワード