774件中 81 - 90件表示
  • テイ・トウワ

    テイ・トウワから見た坂本龍一坂本龍一

    16歳頃よりデモテープ作りを始め(初めて購入したシンセサイザーはコルグのMS-10である)、武蔵野美術短期大学在学時から坂本龍一のFMラジオ番組『サウンドストリート』でデモテープが発表された。坂本は後に「テクニックはないけれどもセンスが異常に良くて他を圧倒していた」と当時を振り返って述べている。テイ・トウワ フレッシュアイペディアより)

  • 筑紫哲也 NEWS23

    筑紫哲也 NEWS23から見た坂本龍一坂本龍一

    1997年9月29日にリニューアル。筑紫と1996年10月から出演していた佐古忠彦に加え、草野満代・進藤晶子の4人となる。金曜以外の第2部を廃止(若者向け情報バラエティ『ワンダフル』をスタートさせる)。オープニングテーマ曲が坂本龍一作曲のものに刷新されて、Nスタジオのセットや番組ロゴ・グラフィックデザインもリニューアルし、新聞表記も「ニュース23」(初期のロゴから英語の「NEWS23」となったまま)から「NEWS23」となった。筑紫哲也 NEWS23 フレッシュアイペディアより)

  • 月刊カドカワ

    月刊カドカワから見た坂本龍一坂本龍一

    見城徹が編集長になった1986-87年頃から人気歌手・タレント・漫画家を多く起用するようになり、音楽雑誌の傾向が強くなる一方、坂本龍一と尾崎豊で赤軍ムーブメントまで含む対談等、見城が後に設立する幻冬舎が求める、アウトローの気概が混合していた。月刊カドカワ フレッシュアイペディアより)

  • 小林武史

    小林武史から見た坂本龍一坂本龍一

    25歳の頃、大村憲司との出会いをきっかけに井上陽水、坂本龍一、高橋幸宏、大貫妙子など数多くのアーティストの楽曲やライブにキーボーディストとして参加したり、松本隆・筒美京平コンビの楽曲の編曲を手掛けるなど、あっという間に引っ張りだことなる。小林武史 フレッシュアイペディアより)

  • 郷ひろみ

    郷ひろみから見た坂本龍一坂本龍一

    デビュー当時、週刊誌に自分はマザコンで童貞であることを告白して話題となったが、1980年代に坂本龍一との雑誌対談で、初体験は20歳の時ソープランドであったことをリアルに告白。人気アイドルの告白だけに話題になった。近年では、アダルトビデオの類は観たことがないと言っている。郷ひろみ フレッシュアイペディアより)

  • グレン・グールド

    グレン・グールドから見た坂本龍一坂本龍一

    グールドは、異様に低い椅子(父親に依頼して作ってもらった特製の折りたたみ椅子で、いつもこれを持ち込んでいた)に座り極端に猫背で前のめりの姿勢になり、時に大きな手振りでリズムを取るといった特異な奏法と斬新な演奏で世間の注目を集めた。坂本龍一は、この伝統的には正しくない姿勢について、上半身の力が過度にかからず、音が非常に清潔でクリアになっていると指摘している。伝統的な「正しい姿勢」による奏法は、強大なフォルテを生み出すことが可能である反面、一つ一つの音の精度を下げているという考え方である。グールド自身も、自身の奏法について、ほとんどの点において有利であるが、「本当のフォルテが出せない」と分析していた。演奏時にはスタジオ内録音の際でも常にメロディーや主題の一部を歌いながら演奏するため、一聴しただけでグールドの「鼻歌」が聞こえ、彼の演奏と分かることが多い。レコーディングエンジニア等が再三注意し止めさせようとしたにも関わらず、グールドは黙ってピアノを弾くことはできないとして生涯この癖が直ることは無かった。しかしこの歌声によって現在弾いている曲の隠れた旋律や主題を分かりやすく聞くことができる。その点で指揮者ニコラウス・アーノンクールに類似するという指摘もある。また、歌っていることにより、旋律がなめらかに聞こえるという者もある。なお、猫背でかがみこむような奏法や指の独立には、その師であるゲレーロの「フィンガー・タッピング技法」の影響も指摘されている。グレン・グールド フレッシュアイペディアより)

  • 桜井和寿

    桜井和寿から見た坂本龍一坂本龍一

    4月30日、TBSの開局50周年プロジェクトとして坂本龍一が呼びかけ、地雷撲滅を訴えかけるチャリティー企画ユニット・N.M.L.に参加。テーマ曲「ZERO LANDMINE」が発売され、CDの売り上げは地雷除去のために全額寄付された。桜井和寿 フレッシュアイペディアより)

  • ケイゾク

    ケイゾクから見た坂本龍一坂本龍一

    坂本龍一プロデュース。楽曲自体は坂本のアルバム『未来派野郎』に収録されている「Ballet Mechanique」を改作したもの。岡田有希子の「WONDER TRIP LOVER」のカバー曲でもある。英詞であったものに中谷美紀が日本語詞を書いた。シングル・ヴァージョンとアルバム(リミックス)ヴァージョンがあり、後者は中谷美紀のアルバム『私生活』に収録。ケイゾク フレッシュアイペディアより)

  • 王立宇宙軍 オネアミスの翼

    王立宇宙軍 オネアミスの翼から見た坂本龍一坂本龍一

    監督は当時24歳の山賀博之。スタッフの平均年齢も24歳である。のちに『新世紀エヴァンゲリオン』などで有名となった貞本義行や庵野秀明も参加し、音楽監督として坂本龍一を起用している。大衆向け娯楽作とは異なり、興行的には成功とは言えなかったが、一部でロングラン上映をする館もあった。また、ビデオ・レーザーディスクは長く好調な販売を記録した。1997年(平成9年)に「サウンドリニューアル版」(ドルビーデジタル版)が制作、同年11月2日に公開された。王立宇宙軍 オネアミスの翼 フレッシュアイペディアより)

  • リゲイン

    リゲインから見た坂本龍一坂本龍一

    この歌および当時のCMはバブル期のサラリーマン(歌詞中ではビジネスマン)を題材にしているが奇しくもこの頃からバブル期は終焉に向かって動き出すことになる。そして、バブル崩壊後の不況が慢性化した時期にはその世相を反映する形で、CM曲として坂本龍一のピアノによる「energy flow」が使われ、同曲もOA当時は支持を集めた。また、この時期に佐藤浩市扮するサラリーマンが電柱、銅像など至るものにぶつかったり、下車駅で降り損ねる、ゴミの代わりにカバンを捨ててしまう、などロクな目に遭わないCMも放送され、『24時間戦えますか』の時代とは正反対の当時の世相を反映していた。リゲイン フレッシュアイペディアより)

774件中 81 - 90件表示

「坂本龍一」のニューストピックワード