943件中 81 - 90件表示
  • オーエス オーエス

    オーエス オーエスから見た坂本龍一坂本龍一

    東京とロサンゼルスで録音が行われ、Willie Weeks (bass), Carlos Vega (drums)など米国人ミュージシャンを起用している。また、坂本龍一が共同プロデュース・シンセサイザーを担当するほか、細野晴臣、高橋幸宏といった、解散後のイエロー・マジック・オーケストラのメンバーの参加もみられる。オーエス オーエス フレッシュアイペディアより)

  • 1996 (アルバム)

    1996 (アルバム)から見た坂本龍一坂本龍一

    1996(いちきゅうきゅうろく)は、1996年5月17日に発売された坂本龍一のコンピレーション・アルバム。1996 (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • かの香織

    かの香織から見た坂本龍一坂本龍一

    国立音楽大学声楽科在学中の1982年、早稲田大学の音楽サークル「モダンミュージックトゥループ」(MMT)のメンバー等と共にバンド「ショコラータ」(Cioccolata)を結成、ボーカル、作詞などを担当。原宿のクラブ「ピテカントロプス・エレクトス」への出演やカセットマガジン「TRA」への参加などを経て1985年にキングレコードからメジャーデビュー。ベルカントを用いイタリアオペラと現代ポップスを融合させた斬新な音楽性で、当時イタリアの未来派などに傾倒していた坂本龍一をはじめ業界内で絶賛されるが翌1986年に発展的活動休止。かの香織 フレッシュアイペディアより)

  • シルクラドー

    シルクラドーから見た坂本龍一坂本龍一

    前作『エストランジェイロ』(1989年)に引き続き、アート・リンゼイがプロデューサーに起用された。「うつくしいおまえ」はヴェローゾと坂本龍一の2人だけで録音され、坂本は「ネイヂ・カンドリーナ」でもキーボードとサンプラーを担当した。また、息子の、旧知のジルベルト・ジルやガル・コスタがゲスト・ボーカリストとして参加した。シルクラドー フレッシュアイペディアより)

  • 風になれるなら

    風になれるならから見た坂本龍一坂本龍一

    作詞:伊藤銀次・大貫妙子、作曲・編曲:伊藤銀次、コーラス編曲:大貫妙子、ストリングス編曲:坂本龍一風になれるなら フレッシュアイペディアより)

  • ZERO LANDMINE

    ZERO LANDMINEから見た坂本龍一坂本龍一

    「ZERO LANDMINE」(ゼロ・ランドマイン)は、坂本龍一の呼びかけで結成されたユニット、N.M.L. (NO MORE LANDMINE) が2001年4月25日にリリースした曲。およびライブ・アルバムのCD。8月22日にはLP盤レコードもリリースされる。ZERO LANDMINE フレッシュアイペディアより)

  • 宇川直宏

    宇川直宏から見た坂本龍一坂本龍一

    2010年3月1日。日本初のUSTREAMライブストリーミングスタジオ兼チャンネル「DOMMUNE」を個人で開局。開局と同時に記録的なビューアー数をたたき出し、国内外で話題を呼び続ける。宇川は、2009年10月から実験配信を繰り返し、辿り着いた方法論から、トーク番組とDJ番組の2つのプログラムを1日に合計5時間配信するというスタイルを編み出す。番組は月曜-木曜日にかけて平日毎日配信(開局半年間は日曜も配信していた)され、国内外の様々なゲストを呼び開催される19時から21時のトーク・プログラムと、世界各国のDJやミュージシャンが演奏する21時から24時のミュージック・プログラム(BROADJ)の2部で構成されている。宇川はDOMMUNEスタジオで日々産み出される番組の、撮影行為、配信行為、記録行為を、自らの現在美術作品と位置づける。以降、開局以来、世界各国から様々なゲストが来日のたびに出演する文化プラットフォームとして、存在し続けている。前半は、ヤン・シュヴァンクマイエル、アレハンドロ・ホドロフスキーからエルメット・パスコアール、[[杉本博司、横尾忠則からChim↑Pom、ライゾマティクスなどのアーティストが登壇し、また養老孟司から宮台真司、脳科学者から社会学者、特殊漫画家から前衛画家まで、これまで、5千組以上の世界各国の文化人が登壇しトークを繰り広げている。また、後半は、デリック・メイ、ジェフ・ミルズ、ニーナ・クラビッツ、カールステン・ニコライから、DJ NOBU、メルツバウ、灰野敬二、ピエール・バルー、少女時代からパティ・スミス、冨田勲から坂本龍一まで、世界各国で活躍する3千組以上の、様々なジャンルのミュージシャンたちによる音楽配信を行い、ライブストリーミングを通じてソーシャルメディア上の同時体験として全世界に解放している。宇川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • ベル・エキセントリック

    ベル・エキセントリックから見た坂本龍一坂本龍一

    本作でも『ヨーロッパ三部作』の他の作品と同じく、テーマに基づいた録音場所を選び、合宿による現地レコーディングでミュージシャンのテンションを高めるという方針が踏襲され、レコーディングはフランスのパリ郊外、ヴァル=ドワーズ県にある古い城館を改装したシャトゥ・スタジオで行なうこととなった。ミュージシャンは前作とほぼ同じだが、前回急病のため不参加だった坂本龍一が加わり、本作は『ヨーロッパ三部作』の中で唯一YMOのメンバー全員が海外でレコーディングしたアルバムとなった。ベル・エキセントリック フレッシュアイペディアより)

  • 笑ってよムーンライト

    笑ってよムーンライトから見た坂本龍一坂本龍一

    作詞は来生えつこ、作曲は来生たかおの姉弟コンビで、編曲とプロデュースは坂本龍一が担当した。笑ってよムーンライト フレッシュアイペディアより)

  • もしもタヌキが世界にいたら

    もしもタヌキが世界にいたらから見た坂本龍一坂本龍一

    作詞は荒木とよひさ・作曲・編曲は坂本龍一もしもタヌキが世界にいたら フレッシュアイペディアより)

943件中 81 - 90件表示

「坂本龍一」のニューストピックワード