398件中 21 - 30件表示
  • 坂本龍一

    坂本龍一から見た糸井重里

    また、1984年に、シリーズから刊行された『本本堂未刊行図書目録』(朝日出版社)も話題となった。その本で予告されたのは、浅田彰著/井上嗣也装幀『煉獄論あるいはゴダール・スペシャル』、南方熊楠著/井上嗣也装幀『男色と免疫疾患』、赤瀬川原平装幀『糸井重里児童文学全集』、武邑光裕編/細野晴臣装幀『往復書簡 ウィリアム・バロウズ-出口王仁三郎』、中沢新一構成/坂本龍一ピアノ/日比野克彦装幀『グルジェフ体操カセットブック』などの、50冊であった。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見た甲本ヒロト

    「桜のころ」(甲本ヒロト、What's Love?、DANCE☆MANとのコラボレーション、2002年)坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見た小沢健二

    へヴィメタルは「聴く気がしない」さらに日本のヒップホップに対しては「中身が無い」とし、日本のビジュアル系と呼ばれるものに関しては顔を歪め「大嫌い。音楽がダサいもん」と発言している。一方で、ヘヴィメタルミュージシャンと競演したこともあり、「今夜はブギーバック」リリース当時「ハマった」と言ってミュージシャン小沢健二氏と対談もしている。ZERO-LANDMINE企画時には日本のビジュアル系と称されるアーティスト達とも共演。クラシックからダウンタウンのプロデュースに至るまで、いずれもジャンルの垣根を越え音楽を聴き、解析し、プロデュースすることのできる自身の才能について「自分は音楽の鉄人だと思う。(発表されている作品には)いろいろなスタイルの音楽がありますが、全部僕のものですから、安心して下さい」と発言している。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見た河野太郎

    2006年2月には、PSE問題に絡み、松武秀樹、椎名和夫とともに2006年4月に本格的に施行される電気用品安全法(PSE法)に反対する署名を募集。経済産業省がマークなしの販売を条件付きながら認めるなど、一定の成果を得た。また、同年5月にはShing02、クリスチャン・フェネスらとともに青森県六ヶ所村の核再処理施設に反対し、この問題をアート作品の共有と拡散という手法を使って内外に周知するプロジェクトSTOP ROKKASHOをスタートし、河野太郎、保坂展人らの政治家、小室哲哉らのミュージシャンからも賛同を得ている。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見たデヴィッド・ボウイ

    1983年公開の映画『戦場のメリークリスマス』には、大島渚監督の依頼により、ヨノイ大尉役で出演し、デヴィッド・ボウイ、ビートたけしと共演。出演の条件として音楽を担当した。同作がカンヌ国際映画祭に出品された際に、映画監督ベルナルド・ベルトルッチと出会い、これが映画『ラストエンペラー』への布石となる。この年、デヴィッド・シルヴィアンと組んでシングル「禁じられた色彩」をリリースした。同年、YMOは「散開」(解散)する。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見た大島渚

    1983年公開の映画『戦場のメリークリスマス』には、大島渚監督の依頼により、ヨノイ大尉役で出演し、デヴィッド・ボウイ、ビートたけしと共演。出演の条件として音楽を担当した。同作がカンヌ国際映画祭に出品された際に、映画監督ベルナルド・ベルトルッチと出会い、これが映画『ラストエンペラー』への布石となる。この年、デヴィッド・シルヴィアンと組んでシングル「禁じられた色彩」をリリースした。同年、YMOは「散開」(解散)する。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見たヨハン・ゼバスティアン・バッハ

    1952年東京都中野区に生まれる。父は河出書房の編集者で、三島由紀夫や野間宏、中上健次などを担当した坂本一亀。母は帽子デザイナーで銀座の宝石商に勤務。祖父は実業家、第五高等学校と京大とで池田勇人と同級で生涯の親友として付き合い、池田の葬儀に友人代表として弔辞を読んだという。通っていた幼稚園が「全員ピアノを習う」所だったため、3歳からピアノを習いはじめる。自由学園幼児生活団に準じた世田谷幼児生活団において作った「うさぎのうた」が最初の作曲。10歳で東京藝術大学教授の松本民之助に師事し作曲を学び始める。なお、作曲を勉強し始めて最初に興味を持った作曲家はストラヴィンスキーであった。この頃は特にピアノが好きではなく、むしろ苦痛だったという。しかし14歳の頃は「自分はドビュッシーの生まれ変わりだ」と半分信じていて、サインの練習までしていた。人生で最も影響を受けた音楽家も、ドビュッシーとバッハである。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見た大瀧詠一

    1975年、大学院在学中に新宿ゴールデン街で意気投合したという友部正人の『誰もぼくの絵を描けないだろう』にピアノで参加。スタジオ・ミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる。翌1976年、竹田賢一と「学習団」という芸術-実践の運動体を組織し、竹田のプロデュースの下、はじめてのアルバム『ディスアポイントメント-ハテルマ』(土取利行とのコラボレーション)を発表。以降、りりィのバックバンド(バイバイセッションバンド)に所属した後、当時のりりィのマネージャー(現株式会社365代表)が細野晴臣のマネージャーに坂本を紹介、YMO結成の足がかりとなる。また初期の山下達郎の楽曲(「2000トンの雨」「パレード」など)、大瀧詠一のアルバム『NIAGARA TRIANGLE Vol.1』などにキーボードとして参加。また、大貫妙子のLP『サン・シャワー』『ミニヨン』『ロマンティック』等にアレンジャー、プロデューサーとして参加。この時期を、後に坂本はアルバイト時代と呼んでいる。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見た山下洋輔

    「ASIAN GAMES」(山下洋輔、ビル・ラズウェル、1993年)坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見た氷室京介

    TOKYO FM「TOSHIBA PREMIA 3」(1990年4月?1992年3月、山下達郎・氷室京介と週代わりでパーソナリティを担当)坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

398件中 21 - 30件表示

「坂本龍一」のニューストピックワード