398件中 41 - 50件表示
  • 坂本龍一

    坂本龍一から見たりりィりりィ

    1975年、大学院在学中に新宿ゴールデン街で意気投合したという友部正人の『誰もぼくの絵を描けないだろう』にピアノで参加。スタジオ・ミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる。翌1976年、竹田賢一と「学習団」という芸術-実践の運動体を組織し、竹田のプロデュースの下、はじめてのアルバム『ディスアポイントメント-ハテルマ』(土取利行とのコラボレーション)を発表。以降、りりィのバックバンド(バイバイセッションバンド)に所属した後、当時のりりィのマネージャー(現株式会社365代表)が細野晴臣のマネージャーに坂本を紹介、YMO結成の足がかりとなる。また初期の山下達郎の楽曲(「2000トンの雨」「パレード」など)、大瀧詠一のアルバム『NIAGARA TRIANGLE Vol.1』などにキーボードとして参加。また、大貫妙子のLP『サン・シャワー』『ミニヨン』『ロマンティック』等にアレンジャー、プロデューサーとして参加。この時期を、後に坂本はアルバイト時代と呼んでいる。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見た東京放送ホールディングス

    2001年、TBS50周年特別企画番組「地雷ZERO 21世紀最初の祈り」に出演。同番組の企画において、親交のある国内外のアーティスト達を起用し、地雷除去のためのチャリティーソング「ZERO LANDMINE」を作曲、リリースした。同年にはボサノヴァトリオ「Morelembaum2/Sakamoto」を結成し、アルバム『Casa』を発表。このトリオとしての活動、および坂本がこれまで自身の音楽にボサノヴァを取り入れてきたことなどが評価され、翌2002年、日本とブラジルの友好に寄与したとして、ブラジル政府より国家勲章を授与される。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見たエイベックスグループ

    2006年11月6日、エイベックスと新レーベル「commmons」を共同設立。この年、矢野顕子と離婚。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見た日本テレビ放送網

    日本テレビ「笑い飯の臭い飯?ザ・監獄漫才?」(2005年6月)坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見た幻冬舎

    「ザ・ゲイシャ・ガールズ・ショウ」(Ken&Shoとの共著、1995年、幻冬舎坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見た東芝

    東芝「BSアリーナ」(1992年)坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見た味の素ゼネラルフーヅ

    味の素ゼネラルフーヅ「AGFグランデージ」(1984年)坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見たアサヒビール

    協和発酵キリン(旧:協和発酵)「サントネージュワイン」※現在は、アサヒビールから販売されている。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見た資生堂

    YMOとしての活動の傍ら、1981年よりNHK-FMにて「サウンドストリート」のパーソナリティを務める。担当していた火曜日ではアマチュアミュージシャンから送られるテープを番組内で放送する「デモテープ特集」が不定期に行われていた。またこの頃、立花ハジメ、沢村満、鈴木さえ子等と「B-2UNITS」という名前のユニットを結成、ライブ活動を散発的に行っている。1982年には、RCサクセションの忌野清志郎と組んでシングル『い・け・な・いルージュマジック』をリリース。資生堂'82春のキャンペーンソングとしてヒットする。TVでは、どぎつい化粧をした男同士でキスをするなど、過激なパフォーマンスを展開した。またこの年、矢野顕子と結婚。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見たカルピス

    カルピス食品工業「ゆうゆう茶」(1995年)坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

398件中 41 - 50件表示

「坂本龍一」のニューストピックワード

  • ベスト・スコア・サウンドトラック・フォー・ビジュアル・メディア賞

  • 最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム

  • ROG STRIX GL502VS