115件中 31 - 40件表示
  • 川西英

    川西英から見た城崎温泉城崎温泉

    兵庫百景 - 『神戸海岸通』、『城崎温泉』、『余部鉄橋』など兵庫県を代表する風景を描いた作品群。1962年1月?1963年12月の神戸新聞日曜版夕刊1面に掲載、神戸市立博物館蔵川西英 フレッシュアイペディアより)

  • 気比の浜

    気比の浜から見た城崎温泉城崎温泉

    JR城崎温泉駅、城崎温泉街から車で7分気比の浜 フレッシュアイペディアより)

  • 百拙元養

    百拙元養から見た城崎温泉城崎温泉

    城崎温泉勝景図巻」享保5年(1720年) 兵庫県立歴史博物館百拙元養 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎美術館

    城崎美術館から見た城崎温泉城崎温泉

    城崎美術館(きのさきびじゅつかん)は、兵庫県豊岡市の城崎温泉郷を見下ろす温泉寺の本堂の北東に位置する美術館。城崎美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 玉造温泉

    玉造温泉から見た城崎温泉城崎温泉

    玉造温泉(たまつくりおんせん)は、島根県松江市玉湯町玉造(旧出雲国)にある温泉。平安時代より三名泉(『枕草子』)とされ、規模、歴史ともに島根県随一、城崎温泉や皆生温泉、三朝温泉らと共に山陰を代表する温泉地である。玉造温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 飲泉

    飲泉から見た城崎温泉城崎温泉

    ファイル:Kinosakionsen st03st3200.jpg|城崎温泉飲泉 フレッシュアイペディアより)

  • 足湯

    足湯から見た城崎温泉城崎温泉

    全身で入浴する通常の温泉と違って、膝下だけお湯に浸かるため、のぼせしにくく、足に太い血管が通っているため全身を温めることができる。裸足になり、長ズボンなどを着用している場合はズボンが湯に浸からないようにたくし上げならなければ入ることができない。更衣室が用意された足湯があるがそれはごく僅かである。しかし鳴子温泉や城崎温泉のように、下駄履きを前提としてある温泉地もあり、そこでは裸足・素足に下駄で過ごせば問題ない。足湯 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿百景

    近畿百景から見た城崎温泉城崎温泉

    34位 城崎温泉(兵庫県)近畿百景 フレッシュアイペディアより)

  • 光泉寺

    光泉寺から見た城崎温泉城崎温泉

    本寺は、行基創建の有馬温泉温泉寺に、山中温泉薬王院温泉寺または道後温泉石手寺か城崎温泉温泉寺(道智上人開基)の一つを合わせて「日本温泉三大薬師」と呼ばれている。。光泉寺 フレッシュアイペディアより)

  • 炭酸せんべい

    炭酸せんべいから見た城崎温泉城崎温泉

    炭酸せんべい(たんさんせんべい、炭酸煎餅)とは、兵庫県豊岡市の城崎温泉、兵庫県神戸市の有馬温泉、兵庫県宝塚市の宝塚温泉の名産とされる菓子。直径10センチメートル程度の円形で、比較的薄く1ミリメートル程度の厚みである。黄色から黄褐色をしており、表面には焼型の紋様が凹凸を成している。販売形態としては、湿気を防ぐために円柱形の缶入りのものや、個別包装されたものが大きな缶に入っているもの、割れたものを袋詰めにしたものなどがある。有馬温泉、宝塚大劇場、六甲有馬ロープウェーの六甲山頂駅、中国自動車道西宮名塩サービスエリアなどで販売されている。炭酸せんべい フレッシュアイペディアより)

115件中 31 - 40件表示

「城崎温泉」のニューストピックワード