86件中 51 - 60件表示
  • 生野ダム

    生野ダムから見た城崎温泉城崎温泉

    貸しボートがあり、近隣ではキャンプも楽しめる。国道429号を北上すると黒川渓谷・黒川ダムへ至るが、ダム直下流には「美人の湯」として入浴客も多い黒川温泉や黒川ダム湖畔にある黒川風力発電所(認可出力150kW)の風車もあり、観光地となっている。下流には1973年(昭和48年)まで操業していた生野銀山があり、播但連絡道路を利用して姫路城や城崎・出石方面へのアクセスも比較的良い。生野ダム フレッシュアイペディアより)

  • 氷上バスストップ

    氷上バスストップから見た城崎温泉城崎温泉

    神戸(三宮) - 城崎温泉氷上バスストップ フレッシュアイペディアより)

  • 丹波市

    丹波市から見た城崎温泉城崎温泉

    神戸(三宮) - 城崎温泉丹波市 フレッシュアイペディアより)

  • 四所神社 (豊岡市)

    四所神社 (豊岡市)から見た城崎温泉城崎温泉

    四所神社(ししょじんじゃ)は兵庫県豊岡市にある神社。城崎温泉の外湯の一つ「御所の湯」の隣に鎮座する。四所神社 (豊岡市) フレッシュアイペディアより)

  • 法師 (旅館)

    法師 (旅館)から見た城崎温泉城崎温泉

    粟津温泉の開湯と同時に白山開祖の泰澄法師の命によって湯治場として718年(養老2年)に開業し、「法師」の名を戴いた。現在は有限会社善吾楼が運営する。なお、法師と同時期に創業した旅館と慶雲館(山梨県西山温泉、705年)や千年の湯 古まん(兵庫県城崎温泉、717年)が知られている。『ギネス・ワールド・レコーズ』に「世界で最も歴史のある旅館」として登録されたが、2011年2月にその座を、前述した開湯705年(慶雲2年)の慶雲館に奪われた。法師 (旅館) フレッシュアイペディアより)

  • 展望台

    展望台から見た城崎温泉城崎温泉

    城崎ロープウェイ山頂駅 屋上展望台 - 城崎温泉街を一望展望台 フレッシュアイペディアより)

  • 城の崎にて

    城の崎にてから見た城崎温泉城崎温泉

    東京病院に暫く入院して助かったが、療養のために兵庫県にある城崎温泉(「三木屋」という旅館(現存)に宿泊)を訪れる。その後は松江や京都など各地を点々とし、1914年(大正3年)には結婚する。1917年(大正6年)には「佐々木の場合」「好人物の夫婦」「赤西蠣太の恋」などの作品を発表し、同年10月には実父との和解が成立している。城の崎にて フレッシュアイペディアより)

  • 駅弁ひとり旅

    駅弁ひとり旅から見た城崎温泉城崎温泉

    名古屋市在住のオーストラリア人女性。城崎温泉で日本の入浴方法を知らず、水着で男湯に入っていた。その後、駅弁に興味を持ち、同行。福知山城・姫路城に興味を持つ。たこが苦手、鯨を食することを批判、駅弁の牛肉をオージービーフと比較する、お茶漬けを知らなかったといった感じだが、自然に納得。日本文化に興味を持つ。関西と紀伊半島を巡り、亀山駅で名古屋に行くケイトと別れる。駅弁ひとり旅 フレッシュアイペディアより)

  • 但馬漁火ライン

    但馬漁火ラインから見た城崎温泉城崎温泉

    但馬海岸の全てが山陰海岸国立公園および山陰海岸ジオパークに指定されており、国の名勝に指定された香住海岸や但馬御火浦をはじめ、美しい砂浜を有する竹野海岸の竹野浜など、特徴的な海岸地形を形成している。また、志賀直哉の名作「城の崎にて」の舞台として知られ、外湯巡りが楽しめる城崎温泉や、海洋レジャー施設城崎マリンワールド、日本屈指の松葉ガニ水揚量を誇る香住港・浜坂港や、1912年に完成したトレッスル橋としては日本一を誇る余部鉄橋(高さ41m・長さ310m)、国民保養温泉地に指定された七釜温泉など観光スポットが多い。但馬漁火ライン フレッシュアイペディアより)

  • ふたりっ子

    ふたりっ子から見た城崎温泉城崎温泉

    少年時代は賭け将棋に打ち込んでいた父を憎み、父に会おうとした銀蔵に将棋の駒を投げつけたことがある(その駒は父の形見だったが、その場に居合わせた香子の物になった)。後に18歳で奨励会に入り、京大進学後、高校を中退したばかりの香子と将棋対局をし、彼女を負かした。これがきっかけで、香子に女性が正式な棋士になる道を開拓させることとなり、やがて香子と結婚する。結婚後の目標は夫婦でタイトルを争って対局することであった。後に子供も授かり、香子と子供の体調を気遣う。だが、それが仇となり、勝負師としての本能に目覚めた香子とすれ違いが生じる。香子の流産後、無理して将棋を捨てて専業主婦になろうとした香子を見かね、米原の勧めもあり、彼女への愛情から別居。その後、迷いを断ち切って棋士の道に専念したいと思い至った香子からの申し入れにより離婚。離婚後も香子とは良好な関係を保っていたが、のちに香子と飛竜のタイトルを争うことになり、もう一度求婚する。その最終戦は思い出の地である城崎温泉で行われ、対局中に一緒にタイトルを目指そうと説得を試み、香子の心を惑わすが、結局香子に敗れ、やはり今まで通り別々に暮らした方がいいという結論に達したことから、プロポーズも断られた。父とともに漁に出た船の上で満天の星が輝く夜空の元で将棋を指したことが将棋の道に進んだ原点となっており、同様の理由で星が好きだった。そのため、京大では天文学部に入っていた。将棋と天文学のどちらを選ぶか悩み、対局を放棄して香住に戻ったこともある。なお、京都大学には天文学部は実在していない。ふたりっ子 フレッシュアイペディアより)

86件中 51 - 60件表示

「城崎温泉」のニューストピックワード