115件中 61 - 70件表示
  • 本多静六

    本多静六から見た城崎温泉城崎温泉

    城崎温泉改良(兵庫県豊岡市)本多静六 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸松子

    木戸松子から見た城崎温泉城崎温泉

    その後、出石潜伏中の桂を迎えに行ったのも幾松である。慶応元年2月初め廣戸甚助が馬関にやってきて、桂が出石に潜伏しているのを知った幾松は、村田蔵六から桂宛の手紙と五十両を預かり、2月7日甚助を案内人に出石へと向かう。が、途中、大阪で甚助が博打で五十両を使い果たし姿を消してしまい、幾松は一人出石まで迎えに行く事となったようだ。3月3日出石に着き桂と再会するが、この時の旅が余程辛かったようで、のち甚助が出石に戻った時、「木戸公がいくら取り成しても夫人は横を向いていた」と、甚助の妹スミは『松菊木戸公逸話』の中で語っている。この時、桂は幾松等を伴って城崎温泉にも行っている。木戸松子 フレッシュアイペディアより)

  • 河野大樹

    河野大樹から見た城崎温泉城崎温泉

    大阪府大阪市住吉区出身。上宮太子高校、三重中京大学と進学し大学卒業後の2013年3月にNOMOベースボールクラブに入団、城崎温泉の旅館で働きながらプレーしていた。2014年10月に開催されたJABA高砂市長杯争奪大会では3試合に3番・遊撃手で先発出場した。河野大樹 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤春彦

    後藤春彦から見た城崎温泉城崎温泉

    2006 城崎温泉・木屋町小路三十三間広場・設計監理後藤春彦 フレッシュアイペディアより)

  • 多田弥太郎

    多田弥太郎から見た城崎温泉城崎温泉

    元治元年(1864年)但馬国で藩士に発見され、2月28日駕籠で出石に護送される途中、浅間坂を越えて藩領に入った直後、剣士増田慎三・西川八十之進・西川富太郎に刺殺された。護送の経緯ははっきりせず、所用で因幡国へ向かう途中、城崎温泉三木屋片岡平八郎方で妻子と連絡を取っていたところ、三木屋お安、松本屋おタキを通じて藩士に探知されたとも、帰郷の途中、寄宮村豊休楼で密告されたとも、母方実家伊佐村桜井家に滞在中、藩と話し合いが成立し、迎えの駕籠に乗ったところ刺殺され、最期の言葉は「今に分かる」だったとも伝わる。多田弥太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 県庁前駅 (兵庫県)

    県庁前駅 (兵庫県)から見た城崎温泉城崎温泉

    特急 城崎温泉行(和田山駅・八鹿駅・豊岡駅経由)県庁前駅 (兵庫県) フレッシュアイペディアより)

  • ポケットパーク

    ポケットパークから見た城崎温泉城崎温泉

    城崎・薬師ポケットパークポケットパーク フレッシュアイペディアより)

  • 独鈷水

    独鈷水から見た城崎温泉城崎温泉

    兵庫県豊岡市の城崎温泉にある極楽寺境内の湧水であるどっこすい。城崎温泉の開祖とされる道智上人が温泉湧出を祈願している最中に掘り当てた湧水であるという伝承がある。尚、この独鈷水は温泉ではなく、冷たい湧水である。現在、同名の和菓子が城崎温泉の土産物として販売されている。独鈷水 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢温泉

    野沢温泉から見た城崎温泉城崎温泉

    野沢温泉の特徴として、13軒ある共同浴場があげられる。これは地元の湯仲間という組織によって維持管理運営されているが、観光客にも開放されており、無料または寸志で入浴できる。外湯めぐりを特徴とする温泉は城崎温泉が有名だが、城崎の各浴場が豪華に改築されつつあるのに対し、こちらはいかにも質素で地元の人との会話もある。共同浴場大湯の前や麻釜の近くには足湯が存在する。また何軒かの旅館でも旅館の軒先に足湯を設けている。野沢温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 岩海苔

    岩海苔から見た城崎温泉城崎温泉

    城崎海苔 - 兵庫県豊岡市(旧城崎郡瀬戸村)。城崎温泉の土産品としても江戸時代から知られた。岩海苔 フレッシュアイペディアより)

115件中 61 - 70件表示

「城崎温泉」のニューストピックワード