86件中 71 - 80件表示
  • 玄武岩

    玄武岩から見た城崎温泉城崎温泉

    玄武岩の日本語訳は、兵庫県城崎温泉の近くにある玄武洞にちなんで小藤文次郎が1884年(明治17年)に命名したものである。玄武洞は約165万年前に噴火した溶岩流で、六角形の柱状節理が見事な玄武岩の岩山にある洞窟。ちなみに玄武とは、中国神話で方位を司る神(四神)のうち、北方に相当する蛇と亀が合体した神体で、黒色の意味もある。玄武岩 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿地方

    近畿地方から見た城崎温泉城崎温泉

    温泉:有馬温泉、南紀白浜温泉、南紀勝浦温泉、城崎温泉、湯村温泉、龍神温泉、洲本温泉、榊原温泉、湯の山温泉、湯の花温泉近畿地方 フレッシュアイペディアより)

  • 北近畿

    北近畿から見た城崎温泉城崎温泉

    北近畿は、山陰海岸国立公園や城崎温泉、日本三景の一つ天橋立などの名勝を抱えており、夏には海水浴を、冬にはカニ料理を目的とした観光客が多く訪れている。京都府北部と兵庫県北部の自治体は、観光事業の促進のために北近畿広域観光連盟を結成している。北近畿 フレッシュアイペディアより)

  • 大江戸温泉物語

    大江戸温泉物語から見た城崎温泉城崎温泉

    2011年1月には城崎温泉の大型旅館「ホテルブルーきのさき」(兵庫県豊岡市城崎町、1968年開業、2010年12月20日営業停止)の土地建物を取得、改装の上2011年5月頃に大江戸ブランド名で再オープン予定だったが、予定より少し遅れ、予約を6月から開始し、8月にオープンした。大江戸温泉物語 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸松子

    木戸松子から見た城崎温泉城崎温泉

    その後、出石潜伏中の桂を迎えに行ったのも幾松である。この出石から萩へ帰国する際に城崎温泉などに立ち寄る。木戸松子 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉街

    温泉街から見た城崎温泉城崎温泉

    旅館の浴衣が一般的であり、寒い場合は丹前を羽織っていく。履物は下駄や草履、雪駄がよく、これも旅館名が書いてあることが多い。旅館では番傘等の貸し出しを行っている。これらの光景がまた温泉街に風情を添える。外湯へ出かける場合、着替えなどは信玄袋に入れるか、風呂敷に包むのが良い。最近では外出時の貴重品持参用に、旅館名入りの袋が準備されていることが多い。城崎温泉など、浴衣に下駄履きを正装とする地域も存在する。温泉街 フレッシュアイペディアより)

  • 玉造温泉

    玉造温泉から見た城崎温泉城崎温泉

    玉造温泉(たまつくりおんせん)は、島根県松江市玉湯町玉造(旧出雲国)にある温泉。三名泉(『枕草子』)とされ、規模、歴史ともに県下随一、城崎温泉や皆生温泉や三朝温泉らと共に山陰を代表する温泉地である。玉造温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 足湯

    足湯から見た城崎温泉城崎温泉

    全身で入浴する通常の温泉と違って、足湯だと膝下だけしかお湯につからないので、のぼせにくい。また、足には太い血管が通っているので全身を温めることができる。当然、靴・靴下類を脱ぎ裸足にならねば入ることはできない。中には更衣室が用意された足湯があるがそれはごく僅かである。しかし鳴子温泉や城崎温泉のように、下駄を履いて歩くことを前提としてある温泉地もあり、そこでは素足に下駄で過ごせば問題ない。足湯 フレッシュアイペディアより)

  • はまかぜ (列車)

    はまかぜ (列車)から見た城崎温泉城崎温泉

    城崎温泉への観光客輸送列車として1953年に大阪駅 - 城崎駅(現在の城崎温泉駅)間で快速列車として運転を開始し、阪神間からの利用が便利であることとから大好評であった。1958年に準急列車化されるも、「たじま」と同一経路であることから1965年に「但馬」に統合されて廃止された。1971年には大阪駅 - 鳥取駅間(播但線経由)で臨時特急が運転された際には「ゆあみ」の列車名で運転された。「はまかぜ」の運転開始前の慣らし運転的意味あいも兼ねていたとされる。はまかぜ (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 福知山線

    福知山線から見た城崎温泉城崎温泉

    大阪から福知山市・豊岡市などの丹波・但馬地方の各市町村や城崎温泉などの観光地への足として、城崎温泉駅発着列車などもある。現在は主に3両・4両編成で運転されるが、日本海のカニ目当ての観光客が増える冬場などの多客時には6両へ編成増強されることもある。朝晩の特急列車では大阪駅 - 篠山口駅間での通勤需要があり、2往復は7両で運転されている。福知山線 フレッシュアイペディアより)

86件中 71 - 80件表示

「城崎温泉」のニューストピックワード