115件中 71 - 80件表示
  • 下駄

    下駄から見た城崎温泉城崎温泉

    温泉の旅館では浴衣と下駄が備え付けてあり、外湯に行く場合は旅館は下駄を貸し、それを履いて出かける。城崎温泉、鳴子温泉など、下駄履きを前提としたまちづくりをした温泉街もあり、下駄のレンタルがある地域もある。下駄 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎国際アートセンター

    城崎国際アートセンターから見た城崎温泉城崎温泉

    城崎国際アートセンター (KIAC) は、2014年にオープンした舞台芸術に特化したアーティスト・イン・レジデンス。芸術監督は劇作家・演出家の平田オリザ。兵庫県豊岡市にある城崎温泉に位置する。城崎国際アートセンター フレッシュアイペディアより)

  • 松平忠吉

    松平忠吉から見た城崎温泉城崎温泉

    しかし病に侵され、慶長9年5月に但馬へ湯治に向かう。慶長10年4月には左近衛中将にも任官するも、10月には腫物を患い、12月には危篤状態に陥るが投薬により蘇生する。慶長11年に下野守から薩摩守となる。しかし病は治らず慶長12年(1607年)に江戸へ下向し、家康・秀忠と面会した数日後の3月5日に死去、享年28。法号は性高院殿憲瑩玄伯大居士。小笠原吉光ら4人が殉死した。松平忠吉 フレッシュアイペディアより)

  • 北条浩 (農業経済学者)

    北条浩 (農業経済学者)から見た城崎温泉城崎温泉

    城崎温泉史料集』編 城崎町湯島財産区 1968北条浩 (農業経済学者) フレッシュアイペディアより)

  • 豊岡駅 (兵庫県)

    豊岡駅 (兵庫県)から見た城崎温泉城崎温泉

    城崎温泉(コウノトリ但馬空港シャトルバス)豊岡駅 (兵庫県) フレッシュアイペディアより)

  • 温泉街

    温泉街から見た城崎温泉城崎温泉

    旅館の浴衣が一般的であり、寒い場合は丹前を羽織っていく。履物は下駄や草履、雪駄がよく、これも旅館名が書いてあることが多い。旅館では番傘等の貸し出しを行っている。これらの光景がまた温泉街に風情を添える。外湯へ出かける場合、着替えなどは信玄袋に入れるか、風呂敷に包むのが良い。最近では外出時の貴重品持参用に、旅館名入りの袋が準備されていることが多い。城崎温泉など、浴衣に下駄履きを正装とする地域も存在する。温泉街 フレッシュアイペディアより)

  • 大谿川

    大谿川から見た城崎温泉城崎温泉

    大谿川(おおたにがわ)は、兵庫県豊岡市城崎町(旧:城崎郡城崎町)を流れる川。温泉郷が立ち並ぶ城崎温泉沿いを流れる。円山川の支流である。大谿川 フレッシュアイペディアより)

  • NOMOベースボールクラブ

    NOMOベースボールクラブから見た城崎温泉城崎温泉

    豊岡市内に城崎温泉を擁することから、所属選手は城崎温泉旅館協同組合に加盟する旅館・ホテルで働くとともに、勤務先や市が提供する寮で生活するようになった。このような事情から、1月に温泉街の一角で大規模な火災が発生した直後には、選手たちがボランティアで復旧作業に従事している。NOMOベースボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 玄武洞

    玄武洞から見た城崎温泉城崎温泉

    約160万年前の噴火によって噴出されたマグマが冷却され、玄武岩溶岩の厚い層が形成された。その後、河川による侵食により玄武岩塊がむき出しとなった。玄武洞の玄武岩はマグマが冷却される際に体積が小さくなることでできる割れ目(節理)が顕著で切り出しやすかったこともあり、これを人々が採掘し、その採掘跡が洞窟として残った。つまり洞窟は天然のものではなく、坑道・採掘跡地である。ここで切り出された玄武岩は周辺地域で漬物石や石材として使われており、現在でも城崎温泉の大谿川護岸や豊岡の石積みなどで見ることができる。玄武洞 フレッシュアイペディアより)

  • 和田山駅

    和田山駅から見た城崎温泉城崎温泉

    特急バス 大阪・神戸 - 湯村温泉・浜坂駅・城崎温泉和田山駅 フレッシュアイペディアより)

115件中 71 - 80件表示

「城崎温泉」のニューストピックワード