56件中 31 - 40件表示
  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た但馬飛行場

    羽田空港←(日本航空)→大阪国際空港←(日本エアコミューター)→コウノトリ但馬空港コウノトリ但馬行きは日本航空東京便と連絡。コウノトリ但馬空港からは空港連絡バス40分で城崎温泉。城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た漢方医

    基本的に7つある外湯めぐりが主体の温泉である。外湯の筆頭とされる「一の湯」は江戸時代「新湯(あらゆ)」と呼ばれていたが、江戸時代中期の古方派(こほうは)の漢方医、香川修徳(香川修庵)が泉質を絶賛し、「海内一」(=日本一)の意味を込めて「一の湯」に改名した。また「さとの湯」は正式名称を「豊岡市立城崎温泉交流センター」といい、浴場施設及び研修室が指定管理者制度による公設民営、そのほかの施設が市営であり、施設内に豊岡市城崎総合支所温泉課がある。温泉郷に設置されている7ヶ所の外湯では観光客向けに当日最初の入湯者に一番札を配布している。城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た木屋町小路

    1963年に温泉街と大師山山頂を結ぶ城崎ロープウェイが開通。高度成長にあわせて温泉ブームが到来し、城崎温泉は巨大な観光地となった。2008年7月、木屋町通りと四所神社を結ぶ小路に木屋町小路がオープン。城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た下駄

    城崎温泉では浴衣を着て下駄を履くのが正装と言われており、2007年現在、城崎温泉のほとんどの旅館は、寝間着としても用いる旅館内用の浴衣とは別に、温泉街を出歩くための浴衣も用意している。温泉街には「ゆかたご意見番」という掲示をした店が、2007年現在、約30軒存在し、浴衣が着崩れたりした時に対応してもらえる。浴衣の模様で旅館が分かるとその旅館の下駄を差し出す下足番もいる。城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た城崎郡

    城崎温泉(きのさきおんせん)は、兵庫県豊岡市城崎町(旧国但馬国、旧城崎郡城崎町)にある温泉。平安時代から知られている温泉で、1300年の歴史をもつ。江戸時代には「海内第一泉(かいだいだいいちせん)」と呼ばれ、今もその碑が残る。有馬温泉、湯村温泉とともに兵庫県を代表する温泉でもある。城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た太田垣士郎資料館

    博物館 - 城崎美術館、城崎文芸館、太田垣士郎資料館、城崎麦わら細工伝承館城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た北近畿豊岡自動車道

    北近畿豊岡自動車道日高神鍋高原インターチェンジより国道312号、兵庫県道3号豊岡瀬戸線などを経由。城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た城崎泉隊オンセンジャー

    城崎泉隊オンセンジャー、 ソトユレッド、ユカタブルー、ムギワライエロー城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た城崎美術館

    博物館 - 城崎美術館、城崎文芸館、太田垣士郎資料館、城崎麦わら細工伝承館城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た木造3階建て

    1925年(大正14年)の北但馬地震で町は全焼するが、翌月には早くも82人の客が城崎を訪れていて湯が沸いている限り客足は絶えなかった。現在の和風木造3階建ての町並みの多くは震災の復興の時の建物か、その時の建物に由来する。震災まですべての旅館に内湯はなく、客は温泉街の各所にある外湯に通っていた。1927年(昭和2年)に三木屋旅館(『城の崎にて』ゆかりの宿)が震災復興の際に敷地内で掘り当てた泉源を利用して、城崎初の内湯を新築の旅館内に設置したところ、温泉地の伝統を壊すものとして、司法も巻き込んだ(城崎温泉内湯訴訟事件)20年以上の紛争に発展する。1950年(昭和25年)になってようやく和解し、内湯の設置を各旅館に認める代わりに、内湯の規模を制限し広い浴場を希望の客は従来通り外湯に通うこととした。また、私有地の源泉を含めてすべての源泉を旧・城崎町「湯島財産区」が一括管理し、新たに掘削に成功した源泉の内湯への配湯を開始した。また、1972年には新たに掘削した泉源を含めて上水道のような「温泉集中配湯管理施設」を構築し、各外湯や各旅館にバイプを通じて供給することとした。城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

56件中 31 - 40件表示

「城崎温泉」のニューストピックワード