56件中 41 - 50件表示
  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た関脇

    江戸時代の温泉番付によると西の関脇(最高位は大関)にランクされる(なお西の大関は有馬温泉であった。)。江戸時代の外湯の元になった湯壷は9つあった。学徳兼備で江戸期における「但馬の弘法大師」と呼ばれた弘元上人(但馬高野の満福寺第50世・第52世)は城崎温泉の老舗旅館・山本屋の出身。幕末に桂小五郎が新選組に追われて城崎温泉に逃げてきたことがあった。江戸時代の城崎温泉はすでに遊技場のほか、食べ物屋は鍋焼き、ぜんざい、うどん、そばなどがある。果物、魚、鳥も各地から運ばれフグ、タコ、カモと何でも手に入った。貸し物屋では三味線、すごろく、碁、琵琶、琴、さらに、槍や刀まで貸してくれていた。このように、客が帰るのを忘れさすほどもてなした。城崎温泉には近郊の藩主や藩士が多数訪れ、にぎわいをみせた。城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た蘭医

    『但泉紀行』- 1846年に、蘭医、新宮凉庭が娘の「子宮疝」のために城崎で湯治したときに著した温泉論。城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た城の崎にて

    日露戦争の折は戦争で負傷した兵士を湯治させるために寮養所を城崎温泉に設置した。そのため明治維新からずっと続いていた深刻な不況もなくなった。明治以後も文人墨客に愛され、『城の崎にて』を書いた志賀直哉、作家・有島武郎をはじめとする多数の文豪が来訪。このころ、内湯問題が本格的になる。城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た大関

    江戸時代の温泉番付によると西の関脇(最高位は大関)にランクされる(なお西の大関は有馬温泉であった。)。江戸時代の外湯の元になった湯壷は9つあった。学徳兼備で江戸期における「但馬の弘法大師」と呼ばれた弘元上人(但馬高野の満福寺第50世・第52世)は城崎温泉の老舗旅館・山本屋の出身。幕末に桂小五郎が新選組に追われて城崎温泉に逃げてきたことがあった。江戸時代の城崎温泉はすでに遊技場のほか、食べ物屋は鍋焼き、ぜんざい、うどん、そばなどがある。果物、魚、鳥も各地から運ばれフグ、タコ、カモと何でも手に入った。貸し物屋では三味線、すごろく、碁、琵琶、琴、さらに、槍や刀まで貸してくれていた。このように、客が帰るのを忘れさすほどもてなした。城崎温泉には近郊の藩主や藩士が多数訪れ、にぎわいをみせた。城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た城崎文芸館

    博物館 - 城崎美術館、城崎文芸館、太田垣士郎資料館、城崎麦わら細工伝承館城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た兵庫県道3号豊岡瀬戸線

    北近畿豊岡自動車道日高神鍋高原インターチェンジより国道312号、兵庫県道3号豊岡瀬戸線などを経由。城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た飲泉

    城崎温泉駅前から7つの外湯につながる大谿川沿いに温泉街を形成し、川べりには柳が植えられている。なお、大谿川に架かる橋梁群は平成18年度の県の景観形成重要建造物に指定された。日本海岸近くの温泉であり、夏は海水浴、冬はカニ料理に人気がある。城崎温泉駅にもさとの湯(駅舎にある温泉)や足湯、飲泉場がある。足湯や飲泉場が温泉街各所にある。城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た湯村温泉 (兵庫県)

    城崎温泉(きのさきおんせん)は、兵庫県豊岡市城崎町(旧国但馬国、旧城崎郡城崎町)にある温泉。平安時代から知られている温泉で、1300年の歴史をもつ。江戸時代には「海内第一泉(かいだいだいいちせん)」と呼ばれ、今もその碑が残る。有馬温泉、湯村温泉とともに兵庫県を代表する温泉でもある。城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た城崎麦わら細工伝承館

    博物館 - 城崎美術館、城崎文芸館、太田垣士郎資料館、城崎麦わら細工伝承館城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 城崎温泉

    城崎温泉から見た阪急三番街高速バスターミナル

    大阪(梅田)・神戸(三宮)から全但特急バスで城崎温泉駅または城崎温泉下車城崎温泉 フレッシュアイペディアより)

56件中 41 - 50件表示

「城崎温泉」のニューストピックワード