43件中 21 - 30件表示
  • 城戸康裕

    城戸康裕から見たリーロイ・ケスナー

    2009年7月13日、K-1 WORLD MAX 2009 FINAL8のリザーブファイトでリーロイ・ケスナーと対戦。3Rにケスナーの右足への左フック(城戸は「ローパンチ」と命名)で2度ダウンを奪い判定勝ち。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 城戸康裕

    城戸康裕から見た白須康仁

    2007年6月10日、MAキック興行でシュートボクシングの宍戸大樹と対戦し、5R3-0の判定勝ち。2R目には顔面への膝蹴りでダウンを奪っていた。この試合は後にMA日本年間最高試合賞に選ばれた。9月24日、「120th ANNIVERSARY OF JAPAN-THAILAND 〜MUAY THAI HEARTY SMILES〜」で行われたM-1ミドル級タイトルマッチで我龍真吾(王者)と対戦し、判定負け。12月2日、MAキック興行で白須康仁に判定勝ち。試合後のリング上で「K-1のオープニングファイトで2勝1敗して、昨年の日本トーナメント出場者の宍戸選手と白須選手の2人に勝ったので、そろそろトーナメントに出してください。谷川プロデューサー、お願いします」と参戦をアピールし、後日トーナメント参戦が決定。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 城戸康裕

    城戸康裕から見たキックボクシング

    中学時代は陸上部に所属し、短距離走の選手をしていた。中学生の時にテレビでK-1の存在を知り、高校入学後にキックボクシングのジムに入門。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 城戸康裕

    城戸康裕から見た2009年

    2009年2月23日、「K-1 WORLD MAX 2009 〜日本代表決定トーナメント〜」に出場。1回戦で日菜太と対戦。序盤から日菜太のミドルやローを何度も浴びるなど劣勢に陥る。2Rには一瞬の隙からダウンを奪うも、度重なるミドルキックで右腕が使えなくなり、以降手数で圧倒されて延長判定負け。しかし日菜太の負傷によって準決勝に進出し、小比類巻太信と対戦。痛めた右腕を庇いながら懸命に戦うも、2Rに2度のダウンを喫しKO負け。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 城戸康裕

    城戸康裕から見たK-1

    中学時代は陸上部に所属し、短距離走の選手をしていた。中学生の時にテレビでK-1の存在を知り、高校入学後にキックボクシングのジムに入門。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 城戸康裕

    城戸康裕から見た陸上競技

    中学時代は陸上部に所属し、短距離走の選手をしていた。中学生の時にテレビでK-1の存在を知り、高校入学後にキックボクシングのジムに入門。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 城戸康裕

    城戸康裕から見たK-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL8

    2008年7月7日、K-1 WORLD MAX 2008 FINAL8のトーナメント準々決勝でアルトゥール・キシェンコと対戦し、判定負け。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 城戸康裕

    城戸康裕から見たK-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL

    2008年10月1日、K-1 WORLD MAX 2008 FINALのトーナメントリザーブファイトでアルバート・クラウスと対戦。1R終了間際に膝蹴りを受け眉間付近をカット、2Rに再度膝蹴りを受け出血がひどくなりドクターストップとなりTKO負け。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 城戸康裕

    城戸康裕から見たK-1 WORLD MAX 2008 〜日本代表決定トーナメント〜

    2008年2月2日、「K-1 WORLD MAX 2008 〜日本代表決定トーナメント〜」に出場。1回戦で尾崎圭司と対戦し、3R終盤にダウンを奪い判定勝ち。準決勝ではアンディ・オロゴンと対戦し、判定勝ち。決勝ではHAYATOと対戦し、ダウンの奪い合いとなり、KO勝ち。優勝を果たした。優勝後は知人の紹介で神奈川県の荻野中学校で講演を行った。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 城戸康裕

    城戸康裕から見た神奈川県立伊志田高等学校

    神奈川県立伊志田高等学校卒。国士舘大学体育学部卒。中学校学校教諭1種免許状と高等学校教諭1種免許状を取得している。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

43件中 21 - 30件表示

「城戸康裕」のニューストピックワード