48件中 31 - 40件表示
  • 城戸康裕

    城戸康裕から見たK-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL

    2008年10月1日、K-1 WORLD MAX 2008 FINALのトーナメントリザーブファイトでアルバート・クラウスと対戦。1R終了間際に膝蹴りを受け眉間付近をカット、2Rに再度膝蹴りを受け出血がひどくなりドクターストップとなりTKO負け。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 城戸康裕

    城戸康裕から見たK-1 WORLD MAX 2008 〜日本代表決定トーナメント〜

    2008年2月2日、「K-1 WORLD MAX 2008 〜日本代表決定トーナメント〜」に出場。1回戦で尾崎圭司と対戦し、3R終盤にダウンを奪い判定勝ち。準決勝ではアンディ・オロゴンと対戦し、判定勝ち。決勝ではHAYATOと対戦し、ダウンの奪い合いとなり、KO勝ち。優勝を果たした。優勝後は知人の紹介で神奈川県の荻野中学校で講演を行った。このトーナメント優勝について「キックで王者になっても世間では無名扱いだったがK1日本王者になると地上波で放送されたともあり知名度は飛躍的に高まった。K1は人生を変えた」と語っている。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 城戸康裕

    城戸康裕から見た神奈川県立伊志田高等学校

    神奈川県立伊志田高等学校卒。国士舘大学体育学部卒。中学校学校教諭1種免許状と高等学校教諭1種免許状を取得している。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 城戸康裕

    城戸康裕から見たスーパーウェルター級

    城戸 康裕(きど やすひろ、1982年12月25日 - )は、日本の男性キックボクサー。神奈川県伊勢原市出身。谷山ジム所属。元WBKF世界スーパーウェルター級王者。元Krush -70kg王者。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 城戸康裕

    城戸康裕から見たK-1 WORLD MAX 2009 〜日本代表決定トーナメント〜

    2009年2月23日、「K-1 WORLD MAX 2009 〜日本代表決定トーナメント〜」に出場。1回戦で日菜太と対戦。序盤から日菜太のミドルやローを何度も浴びるなど劣勢に陥る。2Rには一瞬の隙からダウンを奪うも、度重なるミドルキックで右腕が使えなくなり、以降手数で圧倒されて延長判定負け。しかし日菜太の負傷によって準決勝に進出し、小比類巻太信と対戦。痛めた右腕を庇いながら懸命に戦うも、2Rに2度のダウンを喫しKO負け。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 城戸康裕

    城戸康裕から見たK-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜

    2010年3月27日、K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜の1回戦で龍二と対戦し、1Rにダウンを奪われその後盛り返したものの、0-2の判定負けを喫した。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 城戸康裕

    城戸康裕から見たK-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL16

    2009年4月21日、K-1 WORLD MAX 2009 FINAL16のリザーブファイトでイ・スファンと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。当初トーナメント1回戦に出場予定であった小比類巻の負傷欠場により山本優弥がリザーブファイトから本戦へ繰り上がりとなったため、城戸がリザーブファイトに出場することになった。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 城戸康裕

    城戸康裕から見た伊勢原市

    城戸 康裕(きど やすひろ、1982年12月25日 - )は、日本の男性キックボクサー。神奈川県伊勢原市出身。谷山ジム所属。元WBKF世界スーパーウェルター級王者。元Krush -70kg王者。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 城戸康裕

    城戸康裕から見たマーシャルアーツ日本キックボクシング連盟

    2006年12月3日、MAキック興行でK.ルイスと日本ミドル級王座決定戦で対戦し、4R左肘打ちによるカットでTKO勝ち。ミドル級王座を獲得。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 城戸康裕

    城戸康裕から見た国士舘大学

    神奈川県立伊志田高等学校卒。国士舘大学体育学部卒。中学校学校教諭1種免許状と高等学校教諭1種免許状を取得している。城戸康裕 フレッシュアイペディアより)

48件中 31 - 40件表示

「城戸康裕」のニューストピックワード