前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示
  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た城福浩城福浩

    2007年12月初頭の天皇杯開催中に、今野の代理人である西真田佳典の売り込みにより、浦和、G大阪、名古屋と移籍交渉を行なっていると報道されたが、FC東京の次期監督就任が発表された城福浩と面談しチーム構想や強化方針に共感し、12月29日に残留が発表された。この際の契約を経て今野はFC東京の最高年俸日本人選手となっている。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 茂庭照幸

    茂庭照幸から見た城福浩城福浩

    2009年、それまで開幕には負傷で間に合わないことが多かったが、同年は万全で開幕スタメンに名を連ねた。しかし、開幕以後公式戦4戦で3失点以上の敗戦を3度喫したことから、DF陣の試行錯誤の時期を経て、5月からは城福浩監督がセンターバックにボランチの今野泰幸をコンバートし、ブルーノ・クアドロスとコンビを組ませたことでチーム成績が安定したことから両選手をレギュラーCBとして固定。また、同時期に茂庭は左足底腱の負傷に苦しんでいた事も重なりポジションを失った。8月に負傷から復帰したが、以後の出場機会は今野が代表招集により不在のナビスコカップ準決勝と、ブルーノが出場停止の10月4日・対名古屋戦(瑞穂陸上競技場)のみとなり、その名古屋戦では相手FWケネディのヒジが茂庭の顔面に入り左眼窩底骨折の重傷を負い入院・手術し戦線から再離脱。この試合が同年最後の試合出場となった。同年12月、FC東京は公式ホームページ上で来季の契約を結ばないことを発表。同月30日にセレッソ大阪への完全移籍が発表された。茂庭照幸 フレッシュアイペディアより)

  • 第31回全日本大学サッカー選手権大会

    第31回全日本大学サッカー選手権大会から見た城福浩城福浩

    城福浩(早稲田大学)第31回全日本大学サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 米本拓司

    米本拓司から見た城福浩城福浩

    2008年5月からJFA・Jリーグ特別指定選手としてJリーグ・ヴィッセル神戸に帯同し練習に参加。その神戸に加え、U-17代表時の監督だった城福浩が指揮するFC東京の練習にも参加。競合の末、11月に高校卒業後のFC東京への入団が正式発表された。城福は当時から「バイタルエリアで献身的な守備ができる。攻撃の起点にもなれる高い技術がある」と評し、期待を寄せていた。クラブの強化担当者の評価は「パスの出せる今野」。米本自身は入団会見時に自身のプレーの特徴を「タイプとして似ている浅利選手が目標」「守備を得意とするので、相手の攻撃の芽をつむプレーに磨きをかけたい」とコメントしている。米本拓司 フレッシュアイペディアより)

  • 二宮浩

    二宮浩から見た城福浩城福浩

    1995年に水戸ホーリーホックの前身となるプリマハムFC土浦(当時関東リーグ所属)へと移籍。1997年に水戸ホーリーホック(当時旧JFL)で現役を引退後、同チームのコーチに就任し指導者のキャリアをスタート。1999年には水戸で監督に昇格し、旧JFLで3位の成績を残しチームのJ2加入に貢献した。J2昇格にともない、二宮は指導者S級ライセンスを所持していないためにJ2での監督資格は無く、2000年はコーチに再任となった。2001年から柏レイソル青梅でユース年代の指導も経験し、2008年にはFC東京トップチームコーチに就任。城福浩監督のもと、自身初となる国内トップリーグでの指導に当たる事になった。そして、2009年からはFC東京の下部組織となるU-15むさしのコーチを務めた。2011年からはU-15むさしの監督に就任。二宮浩 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンフォーレ甲府の練習場

    ヴァンフォーレ甲府の練習場から見た城福浩城福浩

    2013年より適用されるJリーグクラブライセンス制度において「クラブが年間を通じて使用できる天然芝もしくは人工芝のピッチ1面」がA基準(ライセンス交付のために無条件に必須とされる基準)として定められており、専用の練習場がない甲府についてライセンス条件に抵触する恐れがあったが、専用練習場でなくても年間を通じて練習する環境は整っていることから2012年の審査ではクリアされ、J1ライセンスが発行された。しかしライセンスの基準が変更・厳格化される可能性があるため予断を許さない状態が続いており、現に2012年の10月は医学部グラウンドと押原公園の天然芝が養生期間のため使用できず、J1昇格が決定する試合前の5日間はすべて別の練習場で行われ、その中には公式サイトにない韮崎市営総合運動場を使用する日もあった。この状況にサポーターは専用練習場とクラブハウスを求める横断幕を掲げたほか、昇格を決定した後の記者会見で城福浩監督は専用の練習場がないことを挙げ、これが選手やスタッフの負担になっていると訴えている。ヴァンフォーレ甲府の練習場 フレッシュアイペディアより)

  • 木村孝洋

    木村孝洋から見た城福浩城福浩

    広島県立広島皆実高等学校、早稲田大学出身。大学入学年度不明、1980年度卒業。卒業同期は原博実。当時の早大学ア式蹴球部同世代の選手として、下條佳明、西野朗、加藤久、岡田武史、城福浩、吉田靖、神戸清雄、関塚隆らがいる。木村孝洋 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ガスサッカー部

    東京ガスサッカー部から見た城福浩城福浩

    『東京ガスフットボールクラブ』に改称しJリーグへの参加を表明。6月に「東京フットボールクラブ創設準備事務局」を発足させ、上原英治、鳥原光憲、村林裕、城福浩などがこれに参加した。東京ガスサッカー部 フレッシュアイペディアより)

  • 浅利悟

    浅利悟から見た城福浩城福浩

    競争の激しいボランチのボジションで、J1昇格後は毎年のようにレギュラークラスの新加入選手がおり、毎年のように「浅利にとって今年は厳しい」とささやかれたが、これも毎年のように怪我人が出るといつの間にかスタメンを奪取しているという不思議な選手。特に2004年に今野泰幸が移籍加入した際には、サッカー雑誌等で予想された他のレギュラー有力候補者をおしのけて今野と一番の相性の良さを見せ、足を故障するまで先発でレギュラー出場を続けるなど存在感を見せた。しかしこの怪我もあり人生初となる手術を受け、戦線からの長期離脱を経験。また、2006年に就任したガーロ監督下では出場機会が激減するなど苦しい期間となるが、その間も常に試合への準備を怠らない姿は若い選手の模範となった。2008年に就任した城福浩監督は浅利に大きな信頼を置き、リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯の公式戦全46試合の全てにメンバー登録されベンチ入り、内25試合で先発出場し、ハードワークを厭わないバランサーとして職人的な活躍をみせた。浅利悟 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島県立城北高等学校

    徳島県立城北高等学校から見た城福浩城福浩

    城福浩 - サッカーJ2ヴァンフォーレ甲府監督徳島県立城北高等学校 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示

「城福浩」のニューストピックワード

  • カジノ法案は亡国の法案

  • カジノ法案衆院通過

  • 統合型リゾートを批判した共産党の清水忠史議員は、衆院本会議で可決後、毎日新聞の取材に