前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示
  • 水沼宏太

    水沼宏太から見た城福浩城福浩

    鳥栖からは契約延長の打診を受けていたが、U-17代表で指導を受けた城福浩が監督を務めるFC東京からのオファーに応じ、2016年より同クラブへ完全移籍。2016年5月17日、ACL決勝T1回戦で上海上港と対戦して、1stレグでは2得点をあげる活躍で勝利に貢献。だが成績不振により城福監督解任後は後任監督の構想から外れ、J3のFC東京U-23でのプレーが増えた。10月29日、2ndステージ第16節のベガルタ仙台で移籍後初のリーグ戦での得点を決めた。水沼宏太 フレッシュアイペディアより)

  • FC東京

    FC東京から見た城福浩城福浩

    2008年、U-17日本代表元監督の城福浩が監督に就任。FC東京 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た城福浩城福浩

    2007年12月初頭の天皇杯開催中に、今野の代理人である西真田佳典の売り込みにより、浦和、G大阪、名古屋と移籍交渉を行なっていると報道されたが、FC東京の次期監督就任が発表された城福浩と面談しチーム構想や強化方針に共感し、12月29日に残留が発表された。この際の契約を経て今野はFC東京の最高年俸日本人選手となった。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 大迫勇也

    大迫勇也から見た城福浩城福浩

    2007年のU-17ワールドカップに臨む日本代表の有力候補であったが、城福浩U-17代表監督からはポジションを奪う闘志に欠けると判断され選外になった。大迫勇也 フレッシュアイペディアより)

  • ムタイル・モモドゥ

    ムタイル・モモドゥから見た城福浩城福浩

    1996年、ジャパンフットボールリーグの富士通川崎に当時の監督であった城福浩の説得もあり同じナイジェリア人のMFウィルソンなどと共に入団、翌年もJリーグ準会員となった川崎フロンターレに在籍し、Jリーグ史上初のナイジェリア人選手となった(同年の7月にはアビスパ福岡にマイケル・オビクが入団している)。同シーズンは19得点を記録し、コンサドーレ札幌のバルデスの40得点には遠く及ばなかったもののリーグ2位の得点を記録した。1998年のシーズンもフロンターレでプレーしたのち、1999年にモンテディオ山形へと移籍した。ムタイル・モモドゥ フレッシュアイペディアより)

  • 二宮浩

    二宮浩から見た城福浩城福浩

    2001年から柏レイソル青梅(現 AZ'86東京青梅)でユース年代の指導も経験し、2008年にはJ1・FC東京のトップチームコーチに就任。城福浩監督の下、自身初となる国内トップリーグでの指導に当たる事になった。2009年からはFC東京の下部組織となるU-15むさしのコーチを務め、2011年からは同チームの監督に就任。二宮浩 フレッシュアイペディアより)

  • 第31回全日本大学サッカー選手権大会

    第31回全日本大学サッカー選手権大会から見た城福浩城福浩

    城福浩(早稲田大学)第31回全日本大学サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 小倉勉

    小倉勉から見た城福浩城福浩

    また1999年、日本サッカー協会のナショナルコーチングスタッフに就任。2006年からはA代表のコーチを務め、イビチャ・オシム、岡田武史両監督を支えて、2010 FIFAワールドカップでの16強入りに貢献。この間城福浩率いるU-17日本代表のコーチを兼務。2010W杯終了後の2010年9月、ロンドン五輪を目指すU-23日本代表のヘッドコーチに就任した。アジア大会で優勝、ロンドン五輪では44年ぶりの4強入りといった実績を挙げた。小倉勉 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田佑樹

    岡田佑樹から見た城福浩城福浩

    しかし当時川崎フロンターレのスカウトだった城福敬(城福浩の兄)は岡田を注視し続けており、チーム事情により川崎ではオファーを出さなかったが、城福敬がコンサドーレ札幌の強化部入りした2003年にオファーを受け入団 1。俊足で巧みなドリブルもできる運動量豊富な右サイドハーフとして徐々にスターティングメンバーとして定着していった。岡田佑樹 フレッシュアイペディアより)

  • 多摩川クラシコ

    多摩川クラシコから見た城福浩城福浩

    1997年、川崎は、Jリーグの準会員となって本格的にJリーグ昇格を狙い、一方の東京ガスは、アマチュアクラブとしてJリーグ入りを目指すクラブの前に立ちはだかる、いわゆる「門番役」としてリーグを戦った。その年、川崎はわずか勝ち点1差の3位で、2位東京ガスの後塵を拝して当時のJリーグ昇格基準である「JFL2位以内」を逃し、翌年の1998年にはリーグ最終節で東京ガスが川崎を逆転してリーグ優勝した。また、東京ガスのサポーターは、かねてからJリーグ入りを目指すクラブとの試合では相手チームを挑発するような行為を行っていたが、川崎に対しては殊更辛辣なコールやチャントを浴びせていた。一方、富士通社員として富士通サッカー部最後の監督を務めた城福浩が同社を辞職し、東京ガスを中心に発足していたプロ化への設立準備組織に参加するなど、両クラブ間での人事交流が作られていた。多摩川クラシコ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示

「城福浩」のニューストピックワード