44件中 11 - 20件表示
  • 関塚隆

    関塚隆から見た城福浩城福浩

    千葉県立八千代高等学校から1年の浪人期間を経て一般入試で早稲田大学教育学部に進学。当時の早大蹴球部には3学年先輩に原博実がおり、また吉田靖、城福浩らともチームメイトだった。卒業後、日本サッカーリーグ1部に昇格したばかりの本田技研工業(現Honda FC)に進み、チーム隆盛の礎を築いた。自身は1年目の1984年シーズンに得点ランキング2位となり、新人王とベストイレブンのタイトルを獲得している。関塚隆 フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグ監督経験者

    Jリーグ監督経験者から見た城福浩城福浩

    城福浩(川崎 1995-1996(=旧JFL) FC東京 2008-2010シーズン途中 甲府 2012-)Jリーグ監督経験者 フレッシュアイペディアより)

  • 多摩川クラシコ

    多摩川クラシコから見た城福浩城福浩

    1997年、川崎は、Jリーグの準会員となって本格的にJリーグ昇格を狙い、一方の東京ガスは、アマチュアクラブとしてJリーグ入りを目指すクラブの前に立ちはだかる、いわゆる「門番役」としてリーグを戦った。その年、川崎はわずか勝ち点1差の3位で、2位東京ガスの後塵を拝して当時のJリーグ昇格基準である「JFL2位以内」を逃し、翌年の1998年にはリーグ最終節で東京ガスが川崎を逆転してリーグ優勝した。また、東京ガスのサポーターは、かねてからJリーグ入りを目指すクラブとの試合では相手チームを挑発するような行為を行っていたが、川崎に対しては殊更辛辣なコールやチャントを浴びせていた。一方、富士通社員として富士通サッカー部最後の監督を務めた城福浩が同社を辞職し、東京ガスを中心に発足していたプロ化への設立準備組織に参加するなど、両クラブ間での人事交流が作られていた。多摩川クラシコ フレッシュアイペディアより)

  • 堀米勇輝

    堀米勇輝から見た城福浩城福浩

    2012年は城福浩監督が就任し、開幕戦で先発出場を果たすなど大きく期待されたが徐々に出場機会が減少したものの、シーズン21試合に出場した。堀米勇輝 フレッシュアイペディアより)

  • 奥原崇

    奥原崇から見た城福浩城福浩

    2003年からはFC東京に復帰し、普及部コーチのスクールマスターとして子供達の指導にあたり、指導者としてスタート。城福浩監督が就任し新体制となった2008年からトップチームコーチに就任。城福監督の補佐、選手とのパイプ役として尽力した。2010年9月19日城福監督解任に伴い退任し、U-12育成担当となった。2011年よりFC東京U-15深川でコーチ、2012年より監督を務める。奥原崇 フレッシュアイペディアより)

  • 中村北斗

    中村北斗から見た城福浩城福浩

    2010年、7月にレギュラーSBの長友佑都がイタリア・セリエAに移籍すると、城福浩監督・9月から就任した大熊清両監督から左SBとして先発起用されるようになった。また、右SBの徳永悠平をCBなどへスライドさせる形で右SBに配されることもあった。中村北斗 フレッシュアイペディアより)

  • 重松健太郎

    重松健太郎から見た城福浩城福浩

    2010年J1第4節大宮戦でJリーグデビュー。長友佑都からのクロスボールをヘディングで合わせ、デビュー戦で初ゴールを記録した。城福浩監督からは「短い時間、狭いスペースの中で仕事ができる選手」と評価を受けた。9月には、AFC U-19選手権2010に背番号11で登録され布啓一郎監督からの期待をうかがわせたが、予備登録に留まり選出されなかった。重松健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢浄

    金沢浄から見た城福浩城福浩

    2008年に長友佑都が加入しポジションを奪われるが、磐田時代に経験のある中盤の底に起用されたり、DF陣に故障者が出た場合や長友が代表招集で不在時には、左SBとしてスタメン起用された。しかし城福浩監督の若手登用のあおりを受け2009年は更に出場機会を減らしていたところ、同年8月に左SBを固定できずに苦しんでいた磐田のオファーを受け、古巣に7年ぶりに復帰した。金沢浄 フレッシュアイペディアより)

  • 平出涼

    平出涼から見た城福浩城福浩

    2010年9月5日、天皇杯2回戦で公式戦初出場。左サイドバックで起用され無失点勝利に貢献した。城福浩監督からは「少し硬くなっていたが、守備の仕事は果たした」と評価された。平出涼 フレッシュアイペディアより)

  • 富士通サッカー部

    富士通サッカー部から見た城福浩城福浩

    沈が監督を辞任して中国へ帰国し、1983年から1988/89年シーズンまで富士通サッカー部の選手だった城福浩が監督となった1996年シーズンにクラブは「富士通川崎フットボールクラブ」へ改称した。守備の中核としてジュビロ磐田からパウスを迎え、攻撃ではナイジェリア出身の新FWムタイルが期待された。シーズン序盤にはブランメル仙台からブラジル人MFのエンリケを獲得して更なる戦力強化を図り、ムタイルはチーム得点王の11ゴールを挙げて同年のJFLオールスター戦にも出場したが、最終順位は3ランクアップの9位に終わり、中位圏からの躍進はできなかった。富士通サッカー部 フレッシュアイペディアより)

44件中 11 - 20件表示

「城福浩」のニューストピックワード