66件中 11 - 20件表示
  • 大竹洋平

    大竹洋平から見た城福浩城福浩

    2009年、クラブ首脳陣からの厚い期待を受けて4年契約を締結し、背番号もリオネル・メッシに因んで「30」から「19」へ変更。しかし同年は対戦相手に得意の左足が封じられると、城福浩監督からも「さらなる成長がないと、この壁は越えられない」と厳しい評価を下され、出場機会が激減。得点も3月29日のナビスコカップ予選リーグ第2節・神戸戦での1得点にとどまった。また、この年からJリーグ選手協会(日本プロサッカー選手会)の副支部長を務めている。大竹洋平 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷駿

    熊谷駿から見た城福浩城福浩

    小学3年時にベガルタ仙台ジュニアに2期生として入団。中学1年時には身長が180cmを超え、ジュニアユースでも活躍。高校進学時にはユース昇格の誘いもあったが、仙台育英学園高校に進学しサッカー部に入部。仙台育英高校のサッカー部監督が当時ヴァンフォーレ甲府監督だった城福浩の兄、城福敬が務めていてその縁もあり、2015年にヴァンフォーレ甲府に加入した。熊谷駿 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本知剛

    岡本知剛から見た城福浩城福浩

    また年代別代表にはU-15から選出され、2006年には城福浩率いるU-17代表に選出され、ボランチのレギュラーとしてAFC U-17選手権2006および2007 FIFA U-17ワールドカップに出場。特に優勝したAFC選手権では活躍を見せ、柿谷曜一朗・水沼宏太・山田直輝と共に大会公式サイトで「ファンタスティック・フォー」と称された。岡本知剛 フレッシュアイペディアより)

  • 奥原崇

    奥原崇から見た城福浩城福浩

    2003年からはFC東京に復帰し、普及部コーチのクリニックマスターとして子供達の指導にあたり、指導者としてスタート。城福浩監督が就任し新体制となった2008年からトップチームコーチに就任。城福の補佐、選手とのパイプ役として尽力した。この間にA級ジェネラルライセンスを取得。2010年9月、城福監督解任に伴い退任しU-12育成担当となった。2011年よりFC東京U-15深川でコーチ、2012年より監督を務め、2013年のU-15クラブユース選手権では準優勝、2014年のU-15高円宮杯では優勝。奥原崇 フレッシュアイペディアより)

  • 池田誠剛

    池田誠剛から見た城福浩城福浩

    2016年、早稲田大学での同期・城福浩が指揮を執るFC東京のフィジカルコーチに就く。併行開催されるAFCチャンピオンズリーグとリーグ戦を戦い抜くための体力作りを担ったが、効果的なトレーニングを行えなかったために、体力の落ちた試合終盤に失点する試合が続いた。同年7月、城福の解任と共に退任。池田誠剛 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部拓馬

    阿部拓馬から見た城福浩城福浩

    2014年7月、J1でのプレーを希望し、ヴァンフォーレ甲府へ完全移籍。城福浩監督の下、シャドーストライカーとしてJ1残留の起爆剤になるべく奮戦した。2015年は、力強いドリブルとキープ力による個人での打開力を発揮し、非凡な得点センスで攻撃の核となる活躍。同年末には甲府を含め、FC東京、広島、川崎、仙台、横浜FMが獲得に動き、争奪となった。阿部拓馬 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢浄

    金沢浄から見た城福浩城福浩

    群馬在籍時には38歳を迎えたが、ベテランにありがちな威圧感を持たない癒しキャラとして親しまれた。FC東京在籍時の監督城福浩は、金沢をチームの中で世代の垣根なくどのグループともコミュニケーションを図れる繋ぎ役と評している。金沢浄 フレッシュアイペディアより)

  • 浅利悟

    浅利悟から見た城福浩城福浩

    2008年に就任した城福浩監督からも大きな信頼を置かれ、同年の公式戦46試合全てにメンバー登録されベンチ入り、内25試合で先発出場し、最終ラインの前に構えるいぶし銀のアンカーとして、バイタルエリアをケアする職人的な活躍を見せた。浅利悟 フレッシュアイペディアより)

  • 赤嶺真吾

    赤嶺真吾から見た城福浩城福浩

    2010年は、城福浩監督から「ゴール前で一瞬でマークを外せるワンタッチゴーラーとしてのよさがある」など評価されながらも、出場機会は昨シーズンよりさらに減少、中断期間にベガルタ仙台から獲得オファーを受け、「もっと試合に出たい」と 8月に仙台へ期限付き移籍した。赤嶺真吾 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生直剛

    羽生直剛から見た城福浩城福浩

    2008年、J1のFC東京へ完全移籍し、同年4月の東京ダービーで移籍後初ゴール。城福浩監督が推し進めるムービングフットボールの核として奮闘し、特にオフ・ザ・ボールの動きの質はチームメートから一目置かれていた。オシムの後任である岡田武史が率いる日本代表にも引き続き招集され、出場機会を得ていたが、4月の日本代表トレーニングキャンプを下腿三頭筋挫傷により辞退したことが響き、これ以後、A代表には選出されていない。羽生直剛 フレッシュアイペディアより)

66件中 11 - 20件表示

「城福浩」のニューストピックワード