44件中 21 - 30件表示
  • 2010年のサッカー

    2010年のサッカーから見た城福浩城福浩

    19日- J1FC東京の城福浩監督が成績不振を理由に解任、後任に大熊清元・監督が就任。2010年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 岡田佑樹

    岡田佑樹から見た城福浩城福浩

    しかし当時川崎フロンターレのスカウトだった城福敬(城福浩の兄)は彼に注目していた。チームの事情により川崎ではオファーを出さなかったが、彼がコンサドーレ札幌の強化部入りした2003年にオファーを受け入団1。俊足で巧みなドリブルもできる運動量豊富な右サイドハーフとして徐々にスターティングメンバーとして定着していった。岡田佑樹 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹洋平

    大竹洋平から見た城福浩城福浩

    2009年は城福浩監督から「かなり(相手に)研究されている。さらなる成長がないと、この壁は越えられない」と厳しい評価を下され、出場機会が激減した。得点も3月29日のナビスコカップ予選リーグ第2節・神戸戦での1得点にとどまった。また、この年からJリーグ選手協会の副支部長を務めている。大竹洋平 フレッシュアイペディアより)

  • 徳永悠平

    徳永悠平から見た城福浩城福浩

    2006年1月にはバレンシアへ入団するのではないか、とも報道されたが、FC東京と正式にプロ契約し入団。以後FC東京ではガーロ、原博実、城福浩と監督が替わる中でも不動のレギュラーとして出場を続ける。2007年12月に日本代表候補合宿に初招集され、翌2008年4月の代表候補トレーニングキャンプにも招集されたが、正式発表される代表メンバーからは外れる事が続いた。徳永悠平 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た城福浩城福浩

    2008年からはエースの象徴でもある”背番号10”を託されている。これはチームの悲願であった『ユース出身者による背番号10』の誕生でもあった。2008年北京オリンピック・サッカー日本代表(U-23)でも背番号10を背負い、香川真司が「一緒にやっていてもうまい。縦パス1本でもアイデアがある。攻撃の核」と話すなど、同代表のチームメートからも一目置かれ期待されたが、日本は3戦全敗で梶山も強い存在感を示す事が出来なかった。同年から城福浩がFC東京の監督に就任し、中盤の底のポジションでの守備面の安定感も増加。攻撃の基点としてパスを各所に配球しチームの心臓として機能。石川直宏が「FC東京は(梶山)陽平のチーム」とコメントするなど、チームの主軸として確固たる存在となった。この年、梶山と対談した名波浩は、梶山について「前線の選手を自分の手のひらの上で転がしているかのようなプレーを見せてくれる。それができる選手は(日本人Jリーガーだと梶山の他には)ヤットと憲剛ぐらい(しかいない)」と評した。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 森重真人

    森重真人から見た城福浩城福浩

    2009年のシーズン終了後チームのJ2降格や深刻な経営難が表面化したため移籍を決意。川崎や浦和との競合の末、2010年からFC東京に移籍することが発表された。FC東京では、主に4バックの右CBに入り今野泰幸とコンビを組んでいたが、新人のキム・ヨングンのCB起用が増えるのに併せて層の薄いボランチに配される機会も多かった。ボランチでのプレーについて、城福浩監督は中盤の選手としての運動量、大熊清監督は90分通してのアグレッシブさを課題に挙げており、必ずしもベストな選択ではないことをうかがわせていたが、湘南の反町康治監督からは「ボールを動かす力があるし、ドリブルでひとつ持ち運ぶことができる。」、LDUキトのエドガルド・バウサ監督から「ディフェンスをしながら攻撃にも参加するという二重の役割をよくこなしていた。」と、敵将から高く評価されることがしばしばあった。東京でもセットプレーなどでのターゲットになることが多く、FC東京での初得点はショートコーナーからのクロスを合わせたヘディングによるものだった。森重真人 フレッシュアイペディアより)

  • 椋原健太

    椋原健太から見た城福浩城福浩

    2008年にトップチームに昇格、5月25日のナビスコカップの東京ダービーにて「一番好きなポジション」と語る右SBのスタメンに抜擢され公式戦初出場。FWフッキのマークを任され、城福浩監督から「チームの中でも高い」と評された守備力を発揮し、完封勝利に貢献するデビューを飾った。リーグ第16節鹿島戦でJ1リーグ戦でのデビューも果たす。椋原健太 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本知剛

    岡本知剛から見た城福浩城福浩

    また年代別代表にはU-15から選出され、2006年には城福浩率いるU-17代表に選出され、ボランチのレギュラーとしてAFC U-17選手権2006および2007 FIFA U-17ワールドカップに出場。特に優勝したAFC選手権では獅子奮迅の活躍を見せ、柿谷曜一朗・水沼宏太・山田直輝と共に大会公式サイトで「ファンタスティック・フォー」と称された。岡本知剛 フレッシュアイペディアより)

  • 赤嶺真吾

    赤嶺真吾から見た城福浩城福浩

    2010年は、城福浩監督から「ゴール前で一瞬でマークを外せるワンタッチゴーラーとしてのよさがある」など評価されながらも、出場機会は昨シーズンよりさらに減少、中断期間にベガルタ仙台から獲得オファーがあり、8月11日に「もっと試合に出たい」ことが大きな動機となり仙台へ期限付き移籍した。赤嶺真吾 フレッシュアイペディアより)

  • 長友佑都

    長友佑都から見た城福浩城福浩

    大学卒業を待たずしてプロに進むことを決意し、2008年に在学したままサッカー部を退部してFC東京と正式契約を結んだ。大学を1年残して退部し東京とのプロ契約を決断した理由の一つに、「女手一人で自分を含む3兄弟を育てる母に経済的に早く楽をさせたかった」ことを挙げている。3月8日、リーグ開幕戦の神戸戦から、前年までのレギュラーだった金沢浄らを押しのけてスタメン出場を果たす。5月3日、第10節大宮戦でJリーグ初得点を決めた。東京加入後の主ポジションは左サイドバックであったが、同年後半、当時の監督城福浩は、東京のその時点でのチーム状況や対戦相手の選手の特長によって、右サイドバックを主としていた徳永悠平と長友を左右入れ替えて起用した。長友佑都 フレッシュアイペディアより)

44件中 21 - 30件表示

「城福浩」のニューストピックワード