66件中 31 - 40件表示
  • 徳島県立城北高等学校

    徳島県立城北高等学校から見た城福浩城福浩

    城福浩 - サッカー選手・指導者徳島県立城北高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • Foot!

    Foot!から見た城福浩城福浩

    2011年3月11日の#29は城福浩をゲストに迎え放送する予定だったが、この日発生した東北地方太平洋沖地震のため収録が中止。放送する予定だった時間帯には#28を再放送した。Foot! フレッシュアイペディアより)

  • 椋原健太

    椋原健太から見た城福浩城福浩

    2008年、大竹・廣永と共にトップチームに昇格。同年5月25日のナビスコカップの東京ダービーにて「一番好きなポジション」と語る右SBのスタメンに抜擢され公式戦初出場。FWフッキのマークを任され、城福浩監督から「チームの中でも高い」と評された守備力を発揮し、完封勝利に貢献するデビューを飾った。J1第16節鹿島戦でJ1リーグ戦デビューも果たす。椋原健太 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ガスサッカー部

    東京ガスサッカー部から見た城福浩城福浩

    また、6月には「東京フットボールクラブ創設準備事務局」を発足させ、東京ガス(メンバーは上原英治、鳥原光憲、村林裕、城福浩、小林伸樹ら)を始めとする中核出資予定企業、東京都、東京都サッカー協会、東京商工会議所、東京青年会議所がこれに参加した。東京ガスサッカー部 フレッシュアイペディアより)

  • 堀米勇輝

    堀米勇輝から見た城福浩城福浩

    2012年は城福浩監督が就任し、開幕戦で先発出場を果たすなど大きく期待されたが徐々に出場機会が減少したものの、シーズン21試合に出場した。また、8月12日の水戸ホーリーホック戦でJ初ゴールを挙げた。堀米勇輝 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のJリーグ ディビジョン2

    2012年のJリーグ ディビジョン2から見た城福浩城福浩

    この混戦から抜け出したのは、第26節で初の首位に立った、城福浩率いる甲府だった。得点王となったエースストライカーのダヴィを中心に、中盤戦に入って一気に調子を上げた甲府は、この節以降一度も首位を譲ることなく、2位以下を引き離して独走。第38節に2位で追っていた湘南と引き分けたことで、4試合を残して1年でのJ1復帰が確定。第18節での敗戦を最後に一度も負けることがなく、24試合連続無敗(16勝8分け)というJ2新記録も達成した。2012年のJリーグ ディビジョン2 フレッシュアイペディアより)

  • 3月21日

    3月21日から見た城福浩城福浩

    1961年 - 城福浩、サッカー選手、指導者3月21日 フレッシュアイペディアより)

  • 茂庭照幸

    茂庭照幸から見た城福浩城福浩

    2008年はキャンプでの追い込みが 奏功してレギュラーへと返り咲き、DF佐原秀樹をパートナーに得て好プレーを続けた。しかし監督の城福浩は、茂庭のボール捌きや繋ぐ能力は他のJリーガーと比べても高いと評しながらも、スタミナ不足に起因する集中力の欠如からのミスが多いと指摘。茂庭に対して前任の原監督も課題に挙げていた練習から全てを出し尽くす姿勢を要求し、2009年序盤にはMF米本拓司の抜擢に伴うメンバー再編 によってセンターバックには今野泰幸とブルーノ・クアドロスを起用。茂庭は先発から外された。同時期に左足底腱を負傷したことも重なって 今野・ブルーノのコンビが定着したため茂庭の出場機会は限られたが、今野が代表招集によって不在となった同年9月のナビスコカップ準決勝清水戦では 2戦フル出場で決勝進出に貢献し、ブルーノが出場停止となった10月のJ1第28節名古屋戦でもFWケネディのマークに注力。しかし、プレー中の交錯によりケネディの肘が茂庭の顔面に当たり、眼窩底を骨折。以後の公式戦出場は無く、この年をもってFC東京との契約を満了した。茂庭照幸 フレッシュアイペディアより)

  • プロビンチャーレ

    プロビンチャーレから見た城福浩城福浩

    日本においては、J2リーグやJ3リーグ、日本フットボールリーグ(JFL)の多くにプロビンチャーレに相当する地方クラブが多く存在する。城福浩は「Jリーグチームの2/3はプロビンチャである」「将来的には9割がプロビンチャになる」としている。プロビンチャーレ フレッシュアイペディアより)

  • 関塚隆

    関塚隆から見た城福浩城福浩

    千葉県立八千代高等学校から1年の浪人期間を経て一般入試で早稲田大学教育学部に進学。当時の早大蹴球部には3学年先輩に原博実がおり、また吉田靖、城福浩らともチームメイトだった。卒業後、日本サッカーリーグ1部に昇格したばかりの本田技研工業(現Honda FC)に進み、チーム隆盛の礎を築いた。自身は1年目の1984年シーズンに得点ランキング2位となり、新人王とベストイレブンのタイトルを獲得している。関塚隆 フレッシュアイペディアより)

66件中 31 - 40件表示

「城福浩」のニューストピックワード