51件中 21 - 30件表示
  • 城福浩

    城福浩から見たサンフレッチェ広島

    2018年 - サンフレッチェ広島:監督城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見たサッカー日本代表

    小学校3年生時に兄の影響でサッカーを始めた。周囲が強豪徳島商業を選ぶ中、大学進学のために徳島県立城北高等学校へ進学。同校在学時に国体に2度出場。国体選抜でのプレーが松本育夫の目に留まり3年生時にはFIFAワールドユースに向けた日本代表候補に選出された。1979年に早稲田大学に進学し、ア式蹴球部で活動。部内ではトリッキーなパスを多用する異端派だったが、宮本征勝監督からは重用され全日本大学選手権での準優勝に貢献した。在部中のチームメイトには吉田靖や関塚隆らがいる。城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見たFIFA U-20ワールドカップ

    小学校3年生時に兄の影響でサッカーを始めた。周囲が強豪徳島商業を選ぶ中、大学進学のために徳島県立城北高等学校へ進学。同校在学時に国体に2度出場。国体選抜でのプレーが松本育夫の目に留まり3年生時にはFIFAワールドユースに向けた日本代表候補に選出された。1979年に早稲田大学に進学し、ア式蹴球部で活動。部内ではトリッキーなパスを多用する異端派だったが、宮本征勝監督からは重用され全日本大学選手権での準優勝に貢献した。在部中のチームメイトには吉田靖や関塚隆らがいる。城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見た川崎フロンターレ

    1983年に富士通に入社し、川崎フロンターレの前身である同社サッカー部で、主にミッドフィールダーとしてプレー。大学、社会人時代とも理論派で鳴らした。主将として臨んだ1989年の第17回JSL2部で、西野朗擁する日立に敗れ1部昇格を逃したことを機に、28歳で現役を退く。以後は社会人クラブチームでもプレーした。城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見た徳島県立徳島商業高等学校

    小学校3年生時に兄の影響でサッカーを始めた。周囲が強豪徳島商業を選ぶ中、大学進学のために徳島県立城北高等学校へ進学。同校在学時に国体に2度出場。国体選抜でのプレーが松本育夫の目に留まり3年生時にはFIFAワールドユースに向けた日本代表候補に選出された。1979年に早稲田大学に進学し、ア式蹴球部で活動。部内ではトリッキーなパスを多用する異端派だったが、宮本征勝監督からは重用され全日本大学選手権での準優勝に貢献した。在部中のチームメイトには吉田靖や関塚隆らがいる。城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見たJリーグカップ

    FC東京では、2007年にトップチームを管轄する強化部へと異動、さらに2008年よりトップチーム監督に就任。攻撃戦術としてムービングフットボールを掲げ、縦に速いサッカーを続けてきたチームに、パスを繋ぎボール保持率を高めるスタイルを丁寧に植え付けた。同年はシーズン終盤まで優勝の可能性を残した位置での戦いを続け、チームを年間6位に浮上させた。また天皇杯でもベスト4進出と結果を残す。翌2009年も好調を維持させ、リーグ5位に加えナビスコカップを制し、チーム5年ぶり、自身初のJリーグタイトルを手にした。2010年は、退団あるいは負傷離脱した選手の穴を埋めきれずチーム再編を果たせないまま、9月にはJ2降格圏の16位にまで落ち込み、同月19日をもって解任された。城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見た天皇杯全日本サッカー選手権大会

    FC東京では、2007年にトップチームを管轄する強化部へと異動、さらに2008年よりトップチーム監督に就任。攻撃戦術としてムービングフットボールを掲げ、縦に速いサッカーを続けてきたチームに、パスを繋ぎボール保持率を高めるスタイルを丁寧に植え付けた。同年はシーズン終盤まで優勝の可能性を残した位置での戦いを続け、チームを年間6位に浮上させた。また天皇杯でもベスト4進出と結果を残す。翌2009年も好調を維持させ、リーグ5位に加えナビスコカップを制し、チーム5年ぶり、自身初のJリーグタイトルを手にした。2010年は、退団あるいは負傷離脱した選手の穴を埋めきれずチーム再編を果たせないまま、9月にはJ2降格圏の16位にまで落ち込み、同月19日をもって解任された。城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見た2009年

    FC東京では、2007年にトップチームを管轄する強化部へと異動、さらに2008年よりトップチーム監督に就任。攻撃戦術としてムービングフットボールを掲げ、縦に速いサッカーを続けてきたチームに、パスを繋ぎボール保持率を高めるスタイルを丁寧に植え付けた。同年はシーズン終盤まで優勝の可能性を残した位置での戦いを続け、チームを年間6位に浮上させた。また天皇杯でもベスト4進出と結果を残す。翌2009年も好調を維持させ、リーグ5位に加えナビスコカップを制し、チーム5年ぶり、自身初のJリーグタイトルを手にした。2010年は、退団あるいは負傷離脱した選手の穴を埋めきれずチーム再編を果たせないまま、9月にはJ2降格圏の16位にまで落ち込み、同月19日をもって解任された。城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見た日経BP

    城福浩の「ヒトとチームを鍛えるサッカー小論」 - 日経BP (2011年)城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見たU-17サッカー日本代表

    1999年からはプロ化したFC東京で育成部門の統括に就き、環境整備に従事。U-15・U-18の強化や、地域の小学生チームとの連携(FC東京は小学生チームを保有していない)に力を注いだ。また、FC東京に在籍したまま日本サッカー協会(JFA)に出向し、ナショナルトレセンコーチやワールドユース選手権でのスカウティング、ジュニアユース・ユース年代の日本代表監督を歴任するなど、主に若年層の指導に当たってきた。城福浩 フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示