33件中 21 - 30件表示
  • 城福浩

    城福浩から見た徳島県立城北高等学校

    徳島県立城北高等学校在学時には、FIFAワールドユースに向けた日本代表候補にも名前が挙がった。1979年に早稲田大学に進学し、ア式蹴球部で活動。全日本大学サッカー選手権大会での準優勝に貢献した。ア式蹴球部時代のチームメイトには、現・U-18代表監督の吉田靖、ロンドンオリンピック代表監督の関塚隆などがいる。城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見たミッドフィールダー

    1983年に富士通に入社、川崎フロンターレの前身である富士通サッカー部で、主にミッドフィールダーとしてプレーした。大学、社会人時代とも理論派で鳴らした。1989年の第17回JSL2部で、西野朗擁する日立に敗れ1部昇格を逃したことを機に、現役を退く。以後は社会人クラブチームでもプレーした。城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見たまぐまぐ

    城福浩の『今魅せる!城福ノート』 (まぐまぐ)城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見たJFA 公認S級コーチ

    しかし、Jリーグディビジョン2への参加を決定した東京ガスサッカー部(現 FC東京)から招聘され、1998年に富士通を退社。FC東京の設立準備組織に参画するとともに、S級コーチ研修に参加し、同年に資格を取得した。城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見た大韓民国

    1999年からはプロ化したFC東京で育成部門の統括者となった。また、FC東京に在籍したまま日本サッカー協会に出向し、ナショナルトレセンコーチやジュニアユース年代の日本代表監督を歴任するなど、主に若年層の指導に当たってきた。AFC U-17選手権2006では日本代表監督を務め、チームを12年ぶりの優勝へと導いた。2007年8月に大韓民国で開催された2007 FIFA U-17ワールドカップでも指揮を執ったが、一次リーグ敗退に終わった。城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見た日立製作所本社サッカー部

    1983年に富士通に入社、川崎フロンターレの前身である富士通サッカー部で、主にミッドフィールダーとしてプレーした。大学、社会人時代とも理論派で鳴らした。1989年の第17回JSL2部で、西野朗擁する日立に敗れ1部昇格を逃したことを機に、現役を退く。以後は社会人クラブチームでもプレーした。城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見たスカパー!プレミアムサービス

    2011年より東京中日スポーツ評論家。スカパー!でサッカー解説を担当。城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見た東京中日スポーツ

    2011年より東京中日スポーツ評論家。スカパー!でサッカー解説を担当。城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見た東京ガスサッカー部

    しかし、Jリーグディビジョン2への参加を決定した東京ガスサッカー部(現 FC東京)から招聘され、1998年に富士通を退社。FC東京の設立準備組織に参画するとともに、S級コーチ研修に参加し、同年に資格を取得した。城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見た1988年-1989年のJSL

    1983年に富士通に入社、川崎フロンターレの前身である富士通サッカー部で、主にミッドフィールダーとしてプレーした。大学、社会人時代とも理論派で鳴らした。1989年の第17回JSL2部で、西野朗擁する日立に敗れ1部昇格を逃したことを機に、現役を退く。以後は社会人クラブチームでもプレーした。城福浩 フレッシュアイペディアより)

33件中 21 - 30件表示

「城福浩」のニューストピックワード