561件中 41 - 50件表示
  • 埼玉県

    埼玉県から見た福澤桃介

    地元出身の渋沢栄一、福澤桃介、大川平三郎などが活躍、日本の近代化に貢献する。埼玉県 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県

    埼玉県から見た西村実造

    第42代(公選制初代) 西村実造(1947年4月12日-1949年3月28日、1期・官選制で1期在任)埼玉県 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県

    埼玉県から見た栗原浩

    第45代-第48代(公選制第3代) 栗原浩(1956年7月16日-1972年7月12日、4期)埼玉県 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県

    埼玉県から見た畑和

    第49代-第53代(公選制第4代) 畑和(1972年7月13日-1993年7月12日、5期)埼玉県 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県

    埼玉県から見た豊臣秀吉

    1590年(天正18年)には豊臣秀吉の天下統一における小田原征伐において後北条氏は没落する。後北条氏の没落に際して東海五カ国を支配していた徳川家康が関東へ転封され、武蔵を含む関東地域には徳川氏の家臣団が配置された。関ヶ原の合戦を経て江戸幕府による支配が確立すると、埼玉県域には「武蔵三藩」と呼ばれる川越藩や忍藩・岩槻藩(それに武蔵国には知行地をほとんど持たなかった岡部藩など)が立藩。江戸に近く親藩・譜代の重臣が配されたが、川越藩を除き城下町の形成は小規模であった。川越は江戸北方の防衛拠点として、また武蔵国の商工業の中心地として「小江戸」と呼ばれ繁栄した。埼玉県 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県

    埼玉県から見た上杉謙信

    憲政は越後国守護代の長尾景虎(のちの上杉謙信)を頼り、関東管領職と上杉家家督を譲り受けた景虎は関東出兵を行い氏康と争った。後北条氏は甲斐国の武田氏や駿河国の今川氏と三国同盟を結び景虎と争っていたが、同盟破綻後の1569年(永禄12年)には越後と和睦して越相同盟を結び、武田氏の秩父方面への侵攻を招いており、こうした複雑な外交情勢のなか北関東の国衆は翻弄された。埼玉県 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県

    埼玉県から見た安閑天皇

    古代の国選史書である『日本書紀』にある534年(安閑天皇元年)に、「閏の十二月…(中略)…是の月に武蔵国造笠原直使主と同族小杵と国造を相争いて年経るに定めがたし」云々とあり、鴻巣市笠原地区付近に居を構えていたとされる豪族、笠原直使主と同族の小杵による武蔵国造の勢力争いが起き、朝廷の力を借りた直使主が勝利し、武蔵国造となった使主は朝廷に横渟(多摩郡または横見郡)・橘花(神奈川県橘樹郡)・多氷(多摩)・倉樔(神奈川県久良郡)の四箇所を屯倉として差し出した。と記述されていることや、6世紀に突如現れたこの地の巨大古墳郡、および後述の鉄剣などから大和朝廷の直接支配まで、長らく武蔵国における中心だったと考えられる。本域は、律令制以前は、毛野国と呼ばれ、筑紫や吉備に比肩する大国であったとされ、大和朝廷との関係において高い地位にあり、現在の東京地域よりも繁栄していた。埼玉県 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県

    埼玉県から見た雛人形

    雛人形、五月人形の生産高。(主な生産地:さいたま市岩槻区、鴻巣市、越谷市)埼玉県 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県

    埼玉県から見た幸福

    「埼玉」の地名の発祥地は「北埼玉郡埼玉(さきたま)村」(現:行田市大字埼玉)である。その名称の由来は諸説あるが、埼玉古墳群が由来とする説や、幸福をもたらす神の働きを意味する「幸魂」(さきみたま)から名づけられたとする説がある。奈良時代の『万葉集』に「前玉」「佐吉多万」(さきたま)という記述があり、また、平安時代の『和名類聚抄』に「埼玉」「佐伊太末」(さいたま)という郡名がみられる。当時、既に「さいたま」と呼ばれていることが分かる。埼玉県 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県

    埼玉県から見た関越自動車道

    県内は首都高速・東京外環道・関越・東北・常磐・圏央道などといった高速道路や自動車道が多く集まり、高速道路が比較的整備されているが、一般道については十分に整備されていない地域が多く、自動車の増加や大規模商業施設の郊外立地化に伴い各地で道路渋滞が慢性・深刻化している。また道路・鉄道ともに東京方向の交通網は発達しているが、県の東西を結ぶ鉄道・道路はそれに比べて中小なものが多い。埼玉県 フレッシュアイペディアより)

561件中 41 - 50件表示

「埼玉のできごと」のニューストピックワード