前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
765件中 1 - 10件表示
  • 川越市駅

    川越市駅から見た東武東上本線東武東上本線

    川越市駅(かわごえしえき)は、埼玉県川越市六軒町一丁目にある、東武鉄道東上本線の駅である。駅番号はTJ 22。川越市駅 フレッシュアイペディアより)

  • 和光市駅

    和光市駅から見た東武東上本線東武東上本線

    東武鉄道の東上線と、東京メトロの有楽町線・副都心線が乗り入れる。当駅 - 小竹向原駅の区間は、東京メトロ有楽町線と副都心線が線路を共有している。駅番号は、東武東上線がTJ11、東京メトロ有楽町線がY 01、副都心線がF 01である。和光市駅 フレッシュアイペディアより)

  • 東京メトロ副都心線

    東京メトロ副都心線から見た東武東上本線東武東上本線

    副都心線は、東京圏の鉄道網整備計画において東京13号線として構想されたもので、1972年の都市交通審議会答申第15号において、8号線から削除した成増 - 向原間に志木 - 成増間および向原 - 新宿間を加え、「志木から和光市、成増、向原、池袋、東池袋、目白東、諏訪町、西大久保を経由して新宿へ至る路線」として初めて示された。同時に志木 - 和光市間は東武鉄道の東上線を複々線化する旨ならびに新宿より渋谷、品川を経て羽田空港方面への延伸を検討する旨も併せて示された。その後、1985年の運輸政策審議会答申第7号では池袋以南の南下について終点を渋谷とすることが示された。東京メトロ副都心線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た東武東上本線東武東上本線

    路線は、伊勢崎線(東武スカイツリーライン)・日光線や野田線(東武アーバンパークライン)を軸とした「本線」と、東上本線・越生線からなる「東上線」の2つの路線群に分けられる。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 大井町 (埼玉県)

    大井町 (埼玉県)から見た東武東上本線東武東上本線

    上福岡市西部に大正3年開業の上福岡駅の駅勢圏内にある町で、かつては武蔵野の雑木林の広がる農村地帯であったが、昭和30年代後半から東京のベッドタウンとして宅地化が進行。さらに、1993年(平成5年)11月富士見市北西部に東武鉄道東上線ふじみ野駅が開業し、駅周辺に大規模マンションが相次いで建設されると、富士見市北西部と隣接する大字苗間地区には日本初の大型アウトレットモール・リズムが完成し、当町の開発も進んだ。大井町 (埼玉県) フレッシュアイペディアより)

  • 東京急行電鉄

    東京急行電鉄から見た東武東上本線東武東上本線

    その五島慶太に東急の祖業であるとまで言わしめた東横線であるが、1964年(昭和39年)8月に営団(現:東京メトロ)日比谷線と、中目黒 - 日吉間で直通運転を開始した。1988年(昭和63年)3月からやはり混雑対策として、東横線の複々線化工事に着手、最初の工事である日吉駅改良工事に伴い、同年8月から菊名まで日比谷線との直通運転区間が延長された。そして2000年(平成12年)8月、田園調布 - 武蔵小杉間の複々線化工事が完了、うち2線を利用し、目蒲線の目黒 - 田園調布間と直通運転することにより目黒 - 小杉間を目黒線とし、東横線のバイパス路線とした。そして同時に目蒲線の多摩川 - 蒲田間は東急多摩川線として分割され、東急電鉄が最初に施設した路線である目蒲線の名称は消滅した。2000年9月に、目黒線は東京メトロ南北線、都営三田線との相互直通運転を開始し、続いて2001年3月には、南北線を介して埼玉高速鉄道線との相互直通運転も開始し、2008年6月には、日吉まで延伸開業した。2004年(平成16年)2月1日、横浜駅から横浜高速みなとみらい線の横浜 - 元町・中華街と直通運転を開始し、これに伴い前日の1月31日に横浜 - 桜木町間が廃止となった。2013年(平成25年)3月16日、渋谷 - 代官山間の地下化が完成し、東横線は東京メトロ副都心線と直通運転を開始、副都心線を介して東武東上線と西武池袋線との相互乗り入れも開始され、横浜高速鉄道も含め5社による相互直通運転となった。同時に、49年間続いた日比谷線直通運転は終了となり、同線はすべてが中目黒での折り返しとなった。東京急行電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 東京メトロ有楽町線

    東京メトロ有楽町線から見た東武東上本線東武東上本線

    一方、上記答申第15号で新たに13号線とされた小竹向原以西については、渋谷駅 - 池袋駅 - 小竹向原駅 - 和光市駅 - 志木駅のうち池袋駅 - 小竹向原駅 - 志木駅間が建設され、このうち小竹向原駅 - 和光市駅間が有楽町線として、和光市駅 - 志木駅間が東武東上線の線増分(複々線化)としてそれぞれ開業した。なお、13号線の小竹向原駅 - 池袋駅(新線池袋駅)間は有楽町線新線(現・副都心線)として1994年に営業開始している。東京メトロ有楽町線 フレッシュアイペディアより)

  • 中板橋

    中板橋から見た東武東上本線東武東上本線

    板橋区の南東部に位置する。北端で石神井川に接する。北で石神井川を隔てて双葉町、東で栄町、南で仲町、南西で弥生町、北西で石神井川を隔てて常盤台、西で石神井川を隔てて南常盤台と隣接する。南辺を東武東上線が通じている。主に商業地域で、中板橋駅周辺部を中心に商店街を形成しているが、近年はマンションの建設も進められている。中板橋 フレッシュアイペディアより)

  • 板橋 (板橋区)

    板橋 (板橋区)から見た東武東上本線東武東上本線

    1914年(大正3年):東上鉄道池袋?田面沢(たのもさわ。現在の埼玉県川越市)間開通、板橋町大字滝野川に下板橋駅開業。板橋 (板橋区) フレッシュアイペディアより)

  • 朝霞台駅

    朝霞台駅から見た東武東上本線東武東上本線

    朝霞台駅(あさかだいえき)は、埼玉県朝霞市東弁財一丁目にある、東武鉄道東上本線の駅である。駅番号はTJ 13。朝霞台駅 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
765件中 1 - 10件表示

「埼玉・東上線沿線のできごと」のニューストピックワード