765件中 111 - 120件表示
  • 日本の鉄道事故 (2000年以降)

    日本の鉄道事故 (2000年以降)から見た東武東上本線東武東上本線

    東京都板橋区の東武鉄道東上本線ときわ台駅で、小川町行きの急行電車(10030系10両編成)が、60km/hでときわ台駅に進入する際に、警視庁板橋署常盤台交番の警視庁巡査部長(二階級特進で警視庁警部)の宮本邦彦(当時53歳)と、自殺を図った女(当時39歳)に衝突、巡査部長は重体に陥り、その後2月12日に殉職。女は腰を骨折する重傷を負ったものの、一命は取り留めた。日本の鉄道事故 (2000年以降) フレッシュアイペディアより)

  • 池袋駅

    池袋駅から見た東武東上本線東武東上本線

    東武鉄道 15px|TJ 東上本線 - 駅番号「TJ 01」、当駅が起点池袋駅 フレッシュアイペディアより)

  • 赤羽線

    赤羽線から見た東武東上本線東武東上本線

    池袋駅での貨物取扱開始は、国有化直前の1906年(明治39年)10月23日からで、貨物設備は旅客ホーム東側の西武池袋駅寄りにあり、構内は、着発線6線、仕訳線、積卸線、貨物留置線、引上線などの貨物用側線、貨物ホームが設置されていた。また、同駅構内には西武池袋線と、同駅 - 板橋駅間には東武東上線との貨物輸送をするための連絡線が存在していた。西武鉄道との連絡貨物輸送は、1976年(昭和51年)の武蔵野線新秋津駅 - 西武池袋線所沢駅間の連絡線開業まで行われたが、赤羽線への貨物輸送は、板橋駅までの砂利輸送であった。東武鉄道との連絡貨物は昔から多く、同駅には東上線連絡貨車用の留置線が2本設けられていた。また、東上線側には、1947年(昭和22年)5月1日から1964年(昭和39年)9月14日まで西山信号所が設置され、貨物列車の引渡しが、この連絡線を通じて行われていた。東武鉄道向け新車輸送も行われ、車両メーカーから同信号所経由で下板橋駅まで輸送されていた。赤羽線 フレッシュアイペディアより)

  • 直通運転

    直通運転から見た東武東上本線東武東上本線

    例として2013年3月16日に開始された東急東横線・東京メトロ副都心線の直通運転を挙げる。この直通運転では、従前より行われていた直通運転とあわせ、横浜高速鉄道みなとみらい線・東武東上線・西武有楽町線・西武池袋線の各線が結ばれた。東武東上線沿線の川越市を訪れた観光客は630万人を超え、これは川越を舞台にしたNHKの連続テレビ小説「つばさ」が放送された2009年を上回る過去最高のものである。川越市の観光課によると、2013年4月から12月は神奈川県からの観光客が全体の約13%を占め、前年比で約6ポイント増えたという。一方で横浜市への観光客も増加し、横浜高速鉄道によると、2013年4月から2014年2月までのみなとみらい線内の6駅の利用者数は前年比で約9.4%増加の約6370万人となり、沿線に大型商業施設を抱えるみなとみらい駅は約20%、元町・中華街駅は約7.6%増加した。みなとみらい線沿線のホテル宿泊者や横浜駅周辺の百貨店利用者も増加した。これに加え、沿線の私立学校の受験者の増加や、比較的割安だった東上線沿線の不動産価格の上昇も伴い、埼玉西部や神奈川で沿線の商業面にプラスの効果を生み出した。直通運転 フレッシュアイペディアより)

  • 東武野田線

    東武野田線から見た東武東上本線東武東上本線

    埼玉県南東部から千葉県北西部にかけて、東京30km圏内の東半分を結ぶ路線であり、1930年(昭和5年)に全線開通した。郊外路線だが、全線が東京近郊のベッドタウンに位置し、1980年代ごろ以降の沿線宅地化が著しく通勤利用が多い。東武では、東武本線(伊勢崎線〈東武スカイツリーライン〉・日光線)、東上線に次ぐ基幹路線と位置付けている。東武野田線 フレッシュアイペディアより)

  • 発車メロディ

    発車メロディから見た東武東上本線東武東上本線

    1991年に東武宇都宮駅に初めて導入された。2000年代までは一部の始発駅のみで使用していたが、2005年頃より中間駅でも発車メロディの使用を開始し、本線(館林駅・南栗橋駅以南)・野田線(全駅)・東上線(小川町駅以南)に導入を進めている。発車メロディ用のスピーカーは、一部の駅を除いて駅員放送用のスピーカーと別に設置されている。発車メロディ フレッシュアイペディアより)

  • 東武伊勢崎線

    東武伊勢崎線から見た東武東上本線東武東上本線

    東武鉄道として最初に開業した北千住駅 - 久喜駅間を含む創業路線で、東京都区部東部の浅草駅から埼玉県東部を経て両毛地域を結ぶ。もともと同区間は日光街道の沿線であり、杉戸駅(現在の東武動物公園駅) - 東武日光駅間を結ぶ東武日光線の完成後は日光線の一部区間としての機能も担っている。日光線や東上線とともに東武鉄道の基幹路線であり、関東地方における主要幹線の一つである。ラインカラーについては、東武スカイツリーライン区間が青、東武動物公園駅以北が赤となっており、各駅の駅名標には浅草駅 - 東武動物公園駅間がオレンジと青(;東武スカイツリーラインのラインカラー)、東武動物公園駅 - 伊勢崎駅間が赤と黒(;伊勢崎線ラインカラー)が使われている。なお、押上駅は東京地下鉄(東京メトロ)の管理駅のため、東武鉄道のラインカラーは駅番号のシンボルマークにとどまっている。東武伊勢崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 八高線

    八高線から見た東武東上本線東武東上本線

    高麗川から川越線が当線から右手に分かれてゆくが、川越線との間に約45度の角度で分かれる線路がかつてあった。それは太平洋セメント埼玉工場への専用線で、2009年7月当時は踏切部分で分断され、車止めが立っていたり、レールが残されていたりしていた。地元、日高市に跡地が買収されてポッポ道と呼ばれる遊歩道として完成し、一部にレール・警報機・遮断機が残されている。その廃線跡を眺めながら、八高線はそのまま北上する。高麗川を渡り、しばらくすると左手に埼玉医科大学と同病院の白い大きな建物が見えると、毛呂駅である。毛呂山町の市街地を抜け、間もなく右から東武越生線が並行してきて複線のようになり、越生駅に着く。越生からログハウス風の駅舎を持つ明覚駅を過ぎ、八高線で駅間距離が8キロと最長の山間区間に入り、市街地に出たところで東武東上線を跨いで左にカーブし、小川町駅に着く。小川町駅は折り返し列車もある拠点駅である。八高線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武6000系電車

    西武6000系電車から見た東武東上本線東武東上本線

    池袋線では、有楽町線や副都心線への乗り入れ運用に限らず、池袋駅始発・終着の列車でも運用される。有楽町線や副都心線では、池袋線へ直通しない線内折り返しの列車にも使用されており、東上線への乗り入れはないが和光市駅までは入線可能なため、同駅で東武鉄道の非直通車両と並ぶ光景もみられる。西武6000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 砂川堀

    砂川堀から見た東武東上本線東武東上本線

    さらに北東に流れ、西武池袋線、西武新宿線と交差する。埼玉県道6号川越所沢線付近は暗渠となっていて道路に沿って流れている。近年までコンクリートの蓋が残っていたが、現在は舗装されている。関越自動車道、国道254号、東武東上線などと交差し、富士見市南畑付近で新河岸川に合流する。砂川堀 フレッシュアイペディアより)

765件中 111 - 120件表示

「埼玉・東上線沿線のできごと」のニューストピックワード