765件中 11 - 20件表示
  • ふじみ野駅

    ふじみ野駅から見た東武東上本線東武東上本線

    ふじみ野駅(ふじみのえき)は、埼玉県富士見市ふじみ野東一丁目にある、東武鉄道東上本線の駅である。駅番号はTJ 18。ふじみ野駅 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵嵐山駅

    武蔵嵐山駅から見た東武東上本線東武東上本線

    武蔵嵐山駅(むさしらんざんえき)は、埼玉県比企郡嵐山町大字菅谷にある、東武鉄道東上本線の駅である。駅番号はTJ 32。武蔵嵐山駅 フレッシュアイペディアより)

  • 東武10000系電車

    東武10000系電車から見た東武東上本線東武東上本線

    8000系の後継車として、また7300系の代替を目的として、1983年より地下鉄有楽町線直通用9000系をベースに製造された地上専用車である。同年12月22日より運用を開始し、当初は東上線のみで運用されたが、翌1984年(昭和59年)3月20日より伊勢崎線・日光線でも運用が開始された。東武10000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 志木駅

    志木駅から見た東武東上本線東武東上本線

    志木駅(しきえき)は、埼玉県新座市東北二丁目にある、東武鉄道東上本線の駅である。駅番号はTJ 14。志木駅 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜高速鉄道みなとみらい線

    横浜高速鉄道みなとみらい線から見た東武東上本線東武東上本線

    2013年(平成25年)3月16日に乗り入れ先である東急東横線が東京メトロ副都心線との相互直通運転を開始し、本路線も東横線を経由して副都心線と相互直通運転を実施している。既に、副都心線は2008年6月14日の開業時から東武東上線・西武池袋線(西武有楽町線経由)と相互直通運転を行っており、東横線と副都心線の相互直通運転も開始されたことで、副都心線・東横線を介して本路線までが一本で結ばれ、本路線を含めた鉄道5事業者(横浜高速・東急・東京メトロ・東武・西武)による相互直通運転が行われるようになった。西武の車両が営業運転としては初めて東急線および神奈川県内を走行している。横浜高速鉄道みなとみらい線 フレッシュアイペディアより)

  • ときわ台駅 (東京都)

    ときわ台駅 (東京都)から見た東武東上本線東武東上本線

    ときわ台駅 (ときわだいえき)は、東京都板橋区常盤台一丁目にある東武鉄道東上本線の駅。駅番号はTJ 06。ときわ台駅 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 志木市

    志木市から見た東武東上本線東武東上本線

    江戸時代、市内を流れる新河岸川の舟運により引又河岸(現在の市役所付近の新河岸川周辺)が商業地として発展した。この周辺の経済基盤を背景として、大正期には東武東上線が誘致され、その開業と同時に志木駅が設置された。昭和後期には、館の柳瀬川河畔に志木ニュータウンが造成され柳瀬川駅が開業し、現在は東京圏のベッドタウンとなっている。志木市 フレッシュアイペディアより)

  • 入間川水泳場駅

    入間川水泳場駅から見た東武東上本線東武東上本線

    入間川水泳場駅(いるまがわすいえいじょうえき)は、かつて埼玉県川越市小ヶ谷364番地(当時は入間郡田面沢村小ヶ谷364番地)にあった東武鉄道東上本線の駅。入間川水泳場駅 フレッシュアイペディアより)

  • 上池袋

    上池袋から見た東武東上本線東武東上本線

    北端は板橋区板橋、北東は旧谷端川暗渠で北区滝野川と、、東は宮仲公園通りを境に西巣鴨と接し南東はは西巣鴨橋通りを境界に北大塚、南はJR山手線を挟んで東池袋、南西のJR及び東武線の線路上で西池袋、及び東武線を跨いで池袋、西は池袋本町(JR赤羽線・東武東上線は、雲雀ヶ谷踏切以南は池袋本町)と接する。全体的に南側が池袋台地の北端にあたるので高く、旧谷端川に向かって北側になだらかに低くなっていく地形である。上池袋 フレッシュアイペディアより)

  • 常盤台 (板橋区)

    常盤台 (板橋区)から見た東武東上本線東武東上本線

    板橋区の南部ほぼ中央に位置する。南東端で石神井川に接する。東西に長く、東側から一丁目・二丁目・三丁目・四丁目に分かれている。東側から時計回りに富士見町、双葉町、中板橋、南常盤台、東新町、上板橋、中台、前野町に隣接する。町域の北辺を富士見街道、南辺を東武東上線、一丁目の南東部を東京都道318号環状七号線(環七通り)、三丁目を東京都道445号常盤台赤羽線(前野中央通り)が通じている。常盤台 (板橋区) フレッシュアイペディアより)

765件中 11 - 20件表示

「埼玉・東上線沿線のできごと」のニューストピックワード