765件中 61 - 70件表示
  • 東田町 (川越市)

    東田町 (川越市)から見た東武東上本線東武東上本線

    東田町は川越市内の中心市街地にある駅である、川越駅(JR川越線・東武東上本線)、川越市駅(東武東上本線)、本川越駅(西武新宿線)から西側に近い場所に位置する。当町の北端に川越線が、東端に西武新宿線がそれぞれ直線に沿っている。周辺の他の町丁では、西に野田町、南に脇田新町、西武新宿線を挟む東に脇田本町、川越線を挟む北に田町とそれぞれ接する。東田町 (川越市) フレッシュアイペディアより)

  • 牛子 (川越市)

    牛子 (川越市)から見た東武東上本線東武東上本線

    東を九十川、西を新河岸川に挟まれた低地にあたり、農地と、川越ハイツ及び河原町地区(旭橋東バス停付近)を中心とした住宅地として利用されている。北部を埼玉県道336号今福木野目線が東西に貫通し、東武東上線新河岸駅及び川越線南古谷駅に到達できる。木野目との境界線は九十川を跨いで木野目地区がはみ出す形で入り組んでいる。また下新河岸との境界線も同様であり、またかつ下新河岸の飛び地を西北部に抱えた形になっている。江戸期には今福村東縁に新田を持っていた。また、南田島も九十川と新河岸川の合流点付近に飛び地を持ち、牛子と南側でも接している。この近隣の諸村は武蔵野と呼ばれた地域を新田として開拓しそれぞれの村の飛び地としていた。例えば現在のふじみ野市福岡武蔵野、大井武蔵野(旧上福岡市武蔵野、大井町武蔵野)等の地域が並木村、久下戸村の飛び地にあたる。牛子 (川越市) フレッシュアイペディアより)

  • 上新河岸

    上新河岸から見た東武東上本線東武東上本線

    川越市の東南部に位置し、西部及び北部を砂、南部及び新河岸川を跨いだ東側を下新河岸と接している。東辺を新河岸川が流れている。新河岸川に沿った低地にあたり、住宅地として利用されている。中央部を埼玉県道336号今福木野目線が南から西に鈎字型に貫いている。川越線南古谷駅および東武東上線新河岸駅が徒歩圏内となる。南古谷駅には県道336号線が、新河岸駅には下新河岸地内で県道から西に分岐するまるひろ通りが最短経路となる。地内にはかつて船問屋だった旧家も存在している。上新河岸 フレッシュアイペディアより)

  • 扇河岸

    扇河岸から見た東武東上本線東武東上本線

    川越市の東南部に位置し、砂北部に島状に点在する飛地群。不老川を跨いだ北側を岸町、新河岸川を跨いだ北東側を南田島と接している。地域北辺を新河岸川が流れている。新河岸川に沿った低地にあたり、住宅地区として利用されている。河川改修前の北辺は新河岸川の南岸に位置していたが、改修の結果一部は北岸になっている。鉄道は東武東上線新河岸駅が徒歩圏内となる。北辺で新河岸川と不老川が分岐している。扇河岸 フレッシュアイペディアより)

  • 下新河岸

    下新河岸から見た東武東上本線東武東上本線

    川越市の東南部に位置し、東部を牛子、北部を南田島(新河岸川左岸)上新河岸(新河岸川右岸)、西部を砂、南部を寺尾と接する。また、東部の牛子及び西南部の砂新田に飛地を持っている。砂新田方面の飛び地は埼玉県立川越初雁高等学校東側のあおば保育園付近で、下新河岸本村に比べても決して小さくない規模である。東辺を新河岸川が流れている。新河岸川を跨いだ低地にあたり、住宅地として利用されている。中央部を埼玉県道336号今福木野目線が東から西北に鈎字型に貫いている。川越線南古谷駅にはこの県道で、東武東上線新河岸駅へは県道から西に分岐するまるひろ通りを使って到達できる。下新河岸 フレッシュアイペディアより)

  • 寺尾 (川越市)

    寺尾 (川越市)から見た東武東上本線東武東上本線

    川越市の南部に位置し、新河岸川を跨いだ北部を牛子、同じく新河岸川を跨いだ東北部を南田島飛地、東部をふじみ野市川崎、東南部をふじみ野市元福岡、南部をふじみ野市北野、西部を藤間、西北部を砂及び下新河岸と接する。地域は新河岸川右岸の低地及び台地にあたり、農地の散見される住宅地として利用されている。北部は東武東上線新河岸駅が、南部は同線上福岡駅が徒歩圏内にある。寺尾 (川越市) フレッシュアイペディアより)

  • 箭弓稲荷神社 (東松山市)

    箭弓稲荷神社 (東松山市)から見た東武東上本線東武東上本線

    箭弓稲荷神社の境内にある牡丹園は1923年(大正12年)、東上本線坂戸町駅?武州松山駅(現在の東松山駅)間の延伸開業の際に、東武鉄道社長根津嘉一郎から奉納されたものである。現在では、3,500平方メートルの敷地に1,300株の牡丹がある。箭弓稲荷神社 (東松山市) フレッシュアイペディアより)

  • 霞ヶ関村

    霞ヶ関村から見た東武東上本線東武東上本線

    現在は東武東上本線、川越線が通り、その交通の便の良さから霞ヶ関、伊勢原、川鶴など団地の造成も多く行われている。東京国際大学があるのも旧・霞ヶ関村の中である。霞ヶ関村 フレッシュアイペディアより)

  • 上板橋

    上板橋から見た東武東上本線東武東上本線

    1914年(大正3年)5月1日:東上鉄道開通。6月17日に上板橋駅開業。上板橋 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道による糞尿輸送

    鉄道による糞尿輸送から見た東武東上本線東武東上本線

    鉄道による糞尿輸送がいつ始まったのかは、はっきりとは分かっていない。記録に残る限りでは、大阪電気軌道(現在の近鉄)が大正時代末から昭和初期頃まで輸送を行ったのが最古になる。またのちに合併して西武鉄道池袋線となる武蔵野鉄道や東武鉄道東上本線も同じく大正末期から昭和初期に輸送を行っていたことがあり、現在東武鉄道越生線になった越生鉄道も当初は輸送を行っていた。鉄道による糞尿輸送 フレッシュアイペディアより)

765件中 61 - 70件表示

「埼玉・東上線沿線のできごと」のニューストピックワード