765件中 71 - 80件表示
  • 星野仙蔵

    星野仙蔵から見た東武東上本線東武東上本線

    星野家の当主は代々星野仙蔵を名乗っており、10代目に当たる。別名は星野安大郎。家業は回漕問屋「福田屋」。埼玉県会議員、衆議院議員を務め、東上鉄道(現、東武東上線)建設に尽力した。また、大日本武徳会の剣道家としても有名で、中等学校への剣道採用請願運動を推進し、大日本帝国剣道形制定委員も務めた。星野仙蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 富士見市

    富士見市から見た東武東上本線東武東上本線

    埼玉県の南東部に位置し、県庁所在地のさいたま市と接し県庁まで約10km、東京都心部から約30kmの距離にある。関東平野の中にあり、山はない。市域の北東側半分は荒川と新河岸川が流れる低地で、南西側半分は台地である。北東側には水田が広がり、南西側に東武東上線沿線から発達した市街地がある。富士見市 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜高速鉄道Y500系電車

    横浜高速鉄道Y500系電車から見た東武東上本線東武東上本線

    2013年(平成25年)3月16日から開始された東横線 - 東京メトロ副都心線相互直通運転開始に伴う副都心線・西武有楽町線・池袋線・東武東上線への対応以前の種別表示は、以下のとおりであった。横浜高速鉄道Y500系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 坂戸市

    坂戸市から見た東武東上本線東武東上本線

    埼玉県のほぼ中央、都心から約40km(池袋駅より約37km)に位置し、地勢はおおむね平坦。秩父山系から清流として知られる高麗川(こまがわ)が市の南西から北東へ流れ、越辺川(おっぺがわ)に注がれる。東武東上線が南北に走り坂戸駅や北坂戸駅 が存在する。坂戸駅は東武鉄道の東上本線と越生線が乗り入れており、越生線の起点となっている。江戸時代には日光脇往還の宿場町(坂戸宿)として繁栄、八王子千人同心が日光勤番に行く際の最初の宿泊地であった。坂戸市 フレッシュアイペディアより)

  • 1993年の鉄道

    1993年の鉄道から見た東武東上本線東武東上本線

    (新駅開業) ふじみ野駅(東上本線 鶴瀬駅 - 上福岡駅間)1993年の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武越生線

    東武越生線から見た東武東上本線東武東上本線

    1970年代までは東上線観光急行列車「くろやま」「かまきた」が、また朝夕は川越市駅まで乗り入れていた普通列車があったが、2013年現在定期列車の直通はない。臨時列車では、1996年 - 2003年に観梅列車「越生観梅号」として池袋駅発で運行された実績がある。東武越生線 フレッシュアイペディアより)

  • 富士見

    富士見から見た東武東上本線東武東上本線

    富士見橋(東京都豊島区) - 池袋で埼京線、東武東上本線に架かる国道254号(川越街道)の陸橋。富士見 フレッシュアイペディアより)

  • 東京地下鉄

    東京地下鉄から見た東武東上本線東武東上本線

    東武東上線(森林公園駅)1・西武池袋線・有楽町線(飯能駅)2 - 有楽町線東京地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • ふじみ野市

    ふじみ野市から見た東上鉄道東武東上本線

    旧上福岡市地域は、大正3年東上鉄道(現東武東上本線)上福岡駅が市域の西部に開業したことを契機に市街地が形成されるようになった。日本住宅公団により昭和34年霞ヶ丘団地、昭和35年上野台団地が相次いで建設され急速に都市化が進み、東京のベッドタウンとして人口が急増した。一時期旧上福岡市は全国で最も人口密度が高い市として注目された。ふじみ野市 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄赤塚駅

    地下鉄赤塚駅から見た東武東上本線東武東上本線

    有楽町線と東武東上線との相互直通運転は、当初計画では当駅の北にある下赤塚駅を接続駅とする予定だった。しかし、同駅付近の用地確保が困難だったことと、同駅が東武東上線の主要駅ではなく普通(各駅停車)のみの停車であることから、その後成増駅への変更を経て、最終的には和光市駅に変更された。この経緯から、東武東上線の駅とは別に当駅が設置された。地下鉄赤塚駅 フレッシュアイペディアより)

765件中 71 - 80件表示

「埼玉・東上線沿線のできごと」のニューストピックワード