468件中 81 - 90件表示
  • 川越カントリークラブ

    川越カントリークラブから見た東武東上本線東武東上本線

    東上線 東松山駅東口からクラブバス20分川越カントリークラブ フレッシュアイペディアより)

  • 東武啓志線

    東武啓志線から見た東武東上本線東武東上本線

    貨物列車は、池袋駅 - 北池袋駅間の西山信号所(廃止)から東上本線に乗り入れ、グラントハイツまで向かった。東武啓志線 フレッシュアイペディアより)

  • 玉川温泉 (埼玉県)

    玉川温泉 (埼玉県)から見た東武東上本線東武東上本線

    東武東上線小川町駅より明覚駅方面へタクシーで約10分玉川温泉 (埼玉県) フレッシュアイペディアより)

  • 明海大学歯学部付属明海大学病院

    明海大学歯学部付属明海大学病院から見た東武東上本線東武東上本線

    東武東上線・越生線坂戸駅よりタクシーで15分。明海大学歯学部付属明海大学病院 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県立嵐山史跡の博物館

    埼玉県立嵐山史跡の博物館から見た東武東上本線東武東上本線

    東武東上本線武蔵嵐山駅西口から徒歩約13分埼玉県立嵐山史跡の博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 安楽寺 (吉見町)

    安楽寺 (吉見町)から見た東武東上本線東武東上本線

    東武東上線東松山駅から、川越観光バス鴻巣免許センター行にて、久保田下車徒歩30分安楽寺 (吉見町) フレッシュアイペディアより)

  • 綾部利右衛門

    綾部利右衛門から見た東武東上本線東武東上本線

    明治11年(1878年)、横田五郎兵衛、黒須喜兵衛、西村半右衛門、山崎豊ら川越藩御用商人衆の豪商とともに埼玉県唯一の国立銀行である第八十五国立銀行(埼玉銀行 - 埼玉りそな銀行の前身)の創設に参画、明治31年(1898年)、国立銀行営業満期前特別処分法に基づき株式銀行・第八十五銀行となると後に頭取として業務を統括した。また、川越貯蓄銀行や飯能銀行創立に携わった。明治33年(1900年)、国が商業会議所条例を施行すると、埼玉県初の商工会議所である川越商業会議所(現在の川越商工会議所)を設立、明治36年(1903年)から約30年間、その会頭の職に就いた。明治35年(1902年)には川越馬車鉄道を設立、翌年には埼玉県内で最初に電力供給事業に進出し川越電灯を設立、それらの社長に就任した。明治37年(1904年)には埼玉県で初の川越火力発電所を建設し、翌年、川越は県内で最初に電灯が灯った町となる。その電力を元に川越馬車鉄道は川越電気鉄道に改称され、明治39年(1939年)、川越 - 大宮間に埼玉県初の電車が開業した。また大正2年(1913年)には武蔵水電を創立して水力発電事業にも進出、武蔵水電は大正9年(1920年)に川越鉄道(現在の西武国分寺線・西武新宿線)を合併する。武蔵水電は帝国電灯に吸収合併されるが、鉄軌道部門を分離することになり利右衛門は西武鉄道(旧)を発足させた(「西武」の社名は武蔵水電が吸収した西武軌道から取った。西武鉄道(旧)は武蔵野鉄道と昭和20年に合併し、現在の西武鉄道が誕生することになる)。利右衛門はまた、川越 - 池袋を結ぶ京越鉄道の発起人ともなった(これは後に東武東上本線として実現する)。綾部利右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 特定都市鉄道整備促進特別措置法

    特定都市鉄道整備促進特別措置法から見た東武東上本線東武東上本線

    東上本線 輸送力増強(森林公園駅 - 嵐山信号場間複線化など・2005年完成済み)特定都市鉄道整備促進特別措置法 フレッシュアイペディアより)

  • 陸上交通事業調整法

    陸上交通事業調整法から見た東武東上本線東武東上本線

    武蔵野鉄道関係は、並行する西武鉄道(旧社。現在の西武新宿線などを運行していた別会社)を手中に収めており、また陸運統制令に基づいて青梅・秩父地区の乗合自動車事業も掌握していたが、同じ堤康次郎の系列企業であった「食糧増産」に対する審査に手間取り統合が遅れ、戦前は1940年に多摩湖鉄道(現在の西武多摩湖線)が合併されただけで、終戦後の1945年9月にようやく西武鉄道と食糧増産を合併し、「西武農業鉄道」となった。1946年6月、西武農業鉄道のバス部門は子会社の武蔵野自動車(現在の西武バス)に譲渡された。なお、東武東上線は統合対象外とされ、東急系の東都乗合自動車・関東乗合自動車もそのまま存置された。陸上交通事業調整法 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見町町内巡回バス

    吉見町町内巡回バスから見た東武東上本線東武東上本線

    この路線は、主に西地区及び、東武東上線森林公園駅を結ぶ路線。なお、この系統はすべて、東松山市民病院を経由する。西コースは右回りと左回りがある。なお、途中の長谷(ながやつ)にある工業団地はもとより、近隣の住宅団地への数少ないアクセスでもある。吉見町町内巡回バス フレッシュアイペディアより)

468件中 81 - 90件表示

「埼玉・東上線沿線のできごと」のニューストピックワード