前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
240件中 1 - 10件表示
  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た秩父鉄道

    1992年(平成4年)3月31日をもって秩父鉄道との直通運転を廃止したが、東武本線系統との間で車両の回送をする場合は、現在でも秩父鉄道を介して行っている。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た東京地下鉄

    1987年(昭和62年)8月25日: 和光市駅 - 志木駅間複々線化。営団地下鉄(現・東京地下鉄)有楽町線営団成増駅(現・地下鉄成増駅) - 和光市駅間開通、相互直通運転開始(森林公園駅 - 和光市駅 - 新富町駅間)東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た東京地下鉄副都心線

    1994年(平成6年)12月7日: 有楽町線新線(現副都心線)小竹向原駅 - 新線池袋駅(現・副都心線池袋駅)間の開業に伴い、相互直通運転区間を延長。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た太平洋セメント

    高坂駅: 日本セメント東松山専用線・秩父鉱業高本線thumb|right|200px|東松山専用線跡東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た西武鉄道

    しかし、西武鉄道の秩父鉄道乗り入れ開始(当時は野上駅まで)に対抗するため、1989年(平成元年)のダイヤ改正から池袋駅 - 秩父鉄道直通が再開された。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た東京急行電鉄

    東武鉄道が保有する有楽町線・副都心線乗り入れ兼用車(9000系、9050系、50070系)と地上運用専用車(8000系、10000系、10030系、30000系、50000系、50090型)のほか、直通先の東京地下鉄が保有する7000系と10000系、東京急行電鉄が保有する5050系が使用されている。詳細は後節を参照。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た東武鉄道

    東上本線(とうじょうほんせん)とは、東京都豊島区の池袋駅から埼玉県大里郡寄居町の寄居駅までを結ぶ、東武鉄道の鉄道路線。通常は東上線と呼ばれている。ラインカラーは紺色、駅ナンバリングの路線記号はTJ。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た根津嘉一郎 (初代)

    日本興業鉄道の発起人のメンバーの中には、後に東上鉄道の発起人になる内田三左衛門や千家尊賀が名を連ねていた。内田の出地は川越の豪商、千家の出地は出雲大社の宮司の家柄で兄千家尊福が貴族院に4回当選し、埼玉、静岡、東京府知事(官選)を歴任、1906年(明治39年)に第一次西園寺内閣の司法大臣に推されている。片や京越鉄道の発起人は川越電気鉄道創業者の綾部利右衛門や新河岸川・福岡運河(現・ふじみ野市)の回漕店福田屋の星野仙蔵らが連ねていた。星野は川越商業銀行取締役や黒須銀行を経て1904年(明治37年)に衆議院議員に当選し、当時同じく当選した初代根津嘉一郎から東上鉄道の計画を聞き協力を惜しまなかった。東上鉄道創業当初は監査役に就任したようである。日本興業鉄道計画が絶たれ、新たに千家尊賀と内田三左衛門ほか数名は新たに東上鉄道を発起した。1903年(明治36年)12月23日、逓信省にて東上鉄道の仮免許申請書を提出した。途中出資者が集まらず、紆余屈折を経てのちに東武鉄道社長となった根津嘉一郎に会社創立を託すことになったようである。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た綾部利右衛門

    日本興業鉄道の発起人のメンバーの中には、後に東上鉄道の発起人になる内田三左衛門や千家尊賀が名を連ねていた。内田の出地は川越の豪商、千家の出地は出雲大社の宮司の家柄で兄千家尊福が貴族院に4回当選し、埼玉、静岡、東京府知事(官選)を歴任、1906年(明治39年)に第一次西園寺内閣の司法大臣に推されている。片や京越鉄道の発起人は川越電気鉄道創業者の綾部利右衛門や新河岸川・福岡運河(現・ふじみ野市)の回漕店福田屋の星野仙蔵らが連ねていた。星野は川越商業銀行取締役や黒須銀行を経て1904年(明治37年)に衆議院議員に当選し、当時同じく当選した初代根津嘉一郎から東上鉄道の計画を聞き協力を惜しまなかった。東上鉄道創業当初は監査役に就任したようである。日本興業鉄道計画が絶たれ、新たに千家尊賀と内田三左衛門ほか数名は新たに東上鉄道を発起した。1903年(明治36年)12月23日、逓信省にて東上鉄道の仮免許申請書を提出した。途中出資者が集まらず、紆余屈折を経てのちに東武鉄道社長となった根津嘉一郎に会社創立を託すことになったようである。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た千家尊福

    日本興業鉄道の発起人のメンバーの中には、後に東上鉄道の発起人になる内田三左衛門や千家尊賀が名を連ねていた。内田の出地は川越の豪商、千家の出地は出雲大社の宮司の家柄で兄千家尊福が貴族院に4回当選し、埼玉、静岡、東京府知事(官選)を歴任、1906年(明治39年)に第一次西園寺内閣の司法大臣に推されている。片や京越鉄道の発起人は川越電気鉄道創業者の綾部利右衛門や新河岸川・福岡運河(現・ふじみ野市)の回漕店福田屋の星野仙蔵らが連ねていた。星野は川越商業銀行取締役や黒須銀行を経て1904年(明治37年)に衆議院議員に当選し、当時同じく当選した初代根津嘉一郎から東上鉄道の計画を聞き協力を惜しまなかった。東上鉄道創業当初は監査役に就任したようである。日本興業鉄道計画が絶たれ、新たに千家尊賀と内田三左衛門ほか数名は新たに東上鉄道を発起した。1903年(明治36年)12月23日、逓信省にて東上鉄道の仮免許申請書を提出した。途中出資者が集まらず、紆余屈折を経てのちに東武鉄道社長となった根津嘉一郎に会社創立を託すことになったようである。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
240件中 1 - 10件表示

「埼玉・東上線沿線のできごと」のニューストピックワード