240件中 11 - 20件表示
  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た蒸気機関車

    1959年(昭和34年)4月1日: 蒸気機関車の運転終了。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た関越自動車道

    高坂駅 - 葛袋駅 - 高本駅間にあった貨物専用線。1955年10月に開通し晩年は電化されたが、1984年(昭和59年)8月1日全線廃止。関越自動車道の高坂SA - 東松山IC間にかかる架線柱の残された橋が残存している。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た新座市

    計画当時は、「氷川・池袋・練馬・白子(現・和光市)・膝折(現・朝霞市)・大和田(現・新座市)・竹間沢(現・入間郡三芳町)・大井(現・ふじみ野市)・川越・小坂・松山(現・東松山市)・菅谷(現・嵐山町)・能増(現・小川町)・今市・小前田(現・寄居町)・児玉(現・本庄市)・藤岡・山名・飯塚(現・高崎市)・金古・渋川・棚下・沼田・真庭・湯原・綱子・万太郎・土樽・湯沢・塩沢・六日町(現・南魚沼市)・浦佐・小出(現・魚沼市)・堀内・十日市・長岡」として氷川 - 渋川間を第一期線、渋川 - 長岡間を第二期線としていた。川越・児玉往還(東京 - 高崎)、三国街道(現国道17号。高崎以遠)と旧街道筋に沿って敷設する計画であったことが分かる。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た太平洋戦争

    日本が太平洋戦争に敗れ、米軍を中心とした連合国軍の占領下に置かれたため、米軍の住宅地が必要になった。このため、上板橋からグラントハイツ(現在の光が丘)に向けて路線を建設した。「啓志」というのは、当時のグラントハイツ建設工事責任者のケーシー中尉の名から取られた。上板橋より近い東武練馬や下赤塚などから路線を建設しなかった理由は、東京第一陸軍造兵廠練馬倉庫(現在の陸上自衛隊練馬駐屯地)付近まで、上板橋から引き込み線が既に敷設され、それを延長して建設されたためである。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見たマンション

    埼玉西部と東京池袋を結ぶ小川町駅以南の沿線地域は新興住宅地の開発が盛んである。近年は大型マンションが増えている。このように沿線の住宅開発が進んでいるため、多くの人が利用し、東武鉄道の中でもトップクラスの収益を上げる路線である。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た第一次世界大戦

    その後の延長工事のため、1916年(大正5年)2月27日に田面沢 - 川越間軽便鉄道の旅客営業を廃止し、1916年(大正5年)川越町 - 坂戸町間5.7マイル (9.2km) が開通するや同日川越 - 田面沢間は廃止となった。東武鉄道から客車3両が譲渡された。1918年(大正7年)3月それまで私設鉄道法によって運営された区間は以後、軽便鉄道法による旨指定され、また時節第一次世界大戦の影響で物価は急騰し東武・東上両鉄道の営業費が増加したため、両社を合併し、営業上の経費節減と車両の運用諸設備の更新などを図るために1920年(大正9年)4月7日両社長間で合併の仮契約を結び、同年4月27日に開業線池袋 - 坂戸町40.6kmと未開業線坂戸町 - 高崎間62.8kmのすべての一切をあげて東武鉄道と合併した。同年7月に東武鉄道と東上鉄道の合併登記と引き継ぎが完了して東武鉄道東上本線となった。合併に際しては東武鉄道の1株当たり東上鉄道の1株を割り当てる5:5の対等合併で東上鉄道は解散となった。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た女性専用車両

    以下の列車に女性専用車が設定されている。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た東京大空襲

    4月13日: 東京大空襲により池袋地区で被災、特に東武堀之内駅は被災により駅が崩壊し金井窪駅とともにそのまま消滅。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た自動改札機

    3月1日: 自動改札機を設置開始(当初は池袋、みずほ台、川越、高坂の4駅に設置)東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た六日町

    計画当時は、「氷川・池袋・練馬・白子(現・和光市)・膝折(現・朝霞市)・大和田(現・新座市)・竹間沢(現・入間郡三芳町)・大井(現・ふじみ野市)・川越・小坂・松山(現・東松山市)・菅谷(現・嵐山町)・能増(現・小川町)・今市・小前田(現・寄居町)・児玉(現・本庄市)・藤岡・山名・飯塚(現・高崎市)・金古・渋川・棚下・沼田・真庭・湯原・綱子・万太郎・土樽・湯沢・塩沢・六日町(現・南魚沼市)・浦佐・小出(現・魚沼市)・堀内・十日市・長岡」として氷川 - 渋川間を第一期線、渋川 - 長岡間を第二期線としていた。川越・児玉往還(東京 - 高崎)、三国街道(現国道17号。高崎以遠)と旧街道筋に沿って敷設する計画であったことが分かる。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

240件中 11 - 20件表示

「埼玉・東上線沿線のできごと」のニューストピックワード