247件中 21 - 30件表示
  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た東武東上線

    東上本線(とうじょうほんせん)とは、東京都豊島区の池袋駅から埼玉県大里郡寄居町の寄居駅までを結ぶ東武鉄道の鉄道路線。越生線とともに東上線(路線群)を構成する。ラインカラーは紺色、駅ナンバリングの路線記号はTJ。旅客案内上はこの路線単体を東武東上線あるいは東上線と呼ぶことがほとんどである。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た東武伊勢崎線

    また東横線・みなとみらい線への乗り入れ開始により、東横線と東京メトロ日比谷線との乗換駅である中目黒駅では、東上線からの直通用車両(9000系・9050系・50070系)が伊勢崎線(東武スカイツリーライン)・日光線からの日比谷線直通用車両(20000系・20050系・20070系、70000系)と同一ホームで並ぶ光景が見られるようになった。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た蒸気機関車

    1959年(昭和34年)4月1日: 蒸気機関車の運転終了。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見たスタンプラリー

    君のいる町 - 東上線沿線の成増が舞台のアニメ。2013年にタイアップのスタンプラリーを実施。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た消費税

    乗車時には着席整理券が必要となり、下り列車では、池袋駅での乗車時には運賃のほか着席整理券310円が必要であるが、ふじみ野駅から先の停車駅では着席整理券310円は不要になる。上り列車では、森林公園駅・東松山駅・坂戸駅・川越駅での乗車時には着席整理券410円、ふじみ野駅での乗車時には310円が運賃とは別に必要である。なお、着席整理券は下り列車は池袋駅で当日のみ購入可能だが上り列車は池袋駅、ふじみ野駅 - 森林公園駅、小川町駅で前日から購入可能である。またチケットレスサービスは1週間前から購入可能である。2014年4月からの消費税率変更のため、着席整理券が300円から310円に値上げされた。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見たマンション

    埼玉西部と東京池袋を結ぶ小川町駅以南の沿線地域は新興住宅地の開発が盛んである。近年は大型マンションが増えている。このように沿線の住宅開発が進んでいるため、多くの人が利用し、東武鉄道の中でもトップクラスの収益を上げる路線である。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た西武池袋線

    東上線のほか、同じく有楽町線・副都心線と相互直通運転を行う西武有楽町線・西武池袋線にも乗り入れており、東上線直通列車の折り返しが西武線直通列車(またはその逆)となる運用もある。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た出雲大社

    日本興業鉄道の発起人のメンバーの中には、後に東上鉄道の発起人になる内田三左衛門や千家尊賀が名を連ねていた。内田の出地は川越の豪商、千家の出地は出雲大社の宮司の家柄で兄千家尊福が貴族院に4回当選し、埼玉、静岡、東京府知事(官選)を歴任、1906年(明治39年)に第一次西園寺内閣の司法大臣に推されている。片や京越鉄道の発起人は川越電気鉄道創業者の綾部利右衛門や新河岸川・福岡運河(現・ふじみ野市)の回漕店福田屋の星野仙蔵らが連ねていた。星野は川越商業銀行取締役や黒須銀行を経て1904年(明治37年)に衆議院議員に当選し、当時同じく当選した初代根津嘉一郎から東上鉄道の計画を聞き協力を惜しまなかった。東上鉄道創業当初は監査役に就任したようである。日本興業鉄道計画が絶たれ、新たに千家尊賀と内田三左衛門ほか数名は新たに東上鉄道を発起した。1903年(明治36年)12月23日、逓信省にて東上鉄道の仮免許申請書を提出した。途中出資者が集まらず、紆余屈折を経てのちに東武鉄道社長となった根津嘉一郎に会社創立を託すことになったようである。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た豊島区

    東上本線(とうじょうほんせん)とは、東京都豊島区の池袋駅から埼玉県大里郡寄居町の寄居駅までを結ぶ東武鉄道の鉄道路線。越生線とともに東上線(路線群)を構成する。ラインカラーは紺色、駅ナンバリングの路線記号はTJ。旅客案内上はこの路線単体を東武東上線あるいは東上線と呼ぶことがほとんどである。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た星野仙蔵

    日本興業鉄道の発起人のメンバーの中には、後に東上鉄道の発起人になる内田三左衛門や千家尊賀が名を連ねていた。内田の出地は川越の豪商、千家の出地は出雲大社の宮司の家柄で兄千家尊福が貴族院に4回当選し、埼玉、静岡、東京府知事(官選)を歴任、1906年(明治39年)に第一次西園寺内閣の司法大臣に推されている。片や京越鉄道の発起人は川越電気鉄道創業者の綾部利右衛門や新河岸川・福岡運河(現・ふじみ野市)の回漕店福田屋の星野仙蔵らが連ねていた。星野は川越商業銀行取締役や黒須銀行を経て1904年(明治37年)に衆議院議員に当選し、当時同じく当選した初代根津嘉一郎から東上鉄道の計画を聞き協力を惜しまなかった。東上鉄道創業当初は監査役に就任したようである。日本興業鉄道計画が絶たれ、新たに千家尊賀と内田三左衛門ほか数名は新たに東上鉄道を発起した。1903年(明治36年)12月23日、逓信省にて東上鉄道の仮免許申請書を提出した。途中出資者が集まらず、紆余屈折を経てのちに東武鉄道社長となった根津嘉一郎に会社創立を託すことになったようである。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

247件中 21 - 30件表示

「埼玉・東上線沿線のできごと」のニューストピックワード