240件中 51 - 60件表示
  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た小竹向原駅

    1994年(平成6年)12月7日: 有楽町線新線(現副都心線)小竹向原駅 - 新線池袋駅(現・副都心線池袋駅)間の開業に伴い、相互直通運転区間を延長。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た埼玉県

    東上本線(とうじょうほんせん)とは、東京都豊島区の池袋駅から埼玉県大里郡寄居町の寄居駅までを結ぶ、東武鉄道の鉄道路線。通常は東上線と呼ばれている。ラインカラーは紺色、駅ナンバリングの路線記号はTJ。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た寄居町

    東上本線(とうじょうほんせん)とは、東京都豊島区の池袋駅から埼玉県大里郡寄居町の寄居駅までを結ぶ、東武鉄道の鉄道路線。通常は東上線と呼ばれている。ラインカラーは紺色、駅ナンバリングの路線記号はTJ。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た国道17号

    計画当時は、「氷川・池袋・練馬・白子(現・和光市)・膝折(現・朝霞市)・大和田(現・新座市)・竹間沢(現・入間郡三芳町)・大井(現・ふじみ野市)・川越・小坂・松山(現・東松山市)・菅谷(現・嵐山町)・能増(現・小川町)・今市・小前田(現・寄居町)・児玉(現・本庄市)・藤岡・山名・飯塚(現・高崎市)・金古・渋川・棚下・沼田・真庭・湯原・綱子・万太郎・土樽・湯沢・塩沢・六日町(現・南魚沼市)・浦佐・小出(現・魚沼市)・堀内・十日市・長岡」として氷川 - 渋川間を第一期線、渋川 - 長岡間を第二期線としていた。川越・児玉往還(東京 - 高崎)、三国街道(現国道17号。高崎以遠)と旧街道筋に沿って敷設する計画であったことが分かる。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た横浜高速鉄道みなとみらい21線

    2013年(平成25年)3月16日: 東京地下鉄副都心線を介して東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線との相互直通運転開始、快速の新設予定。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た渋川町

    1908年(明治41年)10月6日、東京府北豊島郡巣鴨町(現・東京都豊島区巣鴨) - 埼玉県入間郡川越町(現・埼玉県川越市) - 比企郡松山町(現・埼玉県東松山市) - 児玉郡児玉町(現・埼玉県本庄市)および群馬県高崎市を経て群馬県群馬郡渋川町(現・群馬県渋川市)に至る鉄道の敷設仮免許受け、1911年(明治44年)11月11日に東上鉄道創立総会を開き取締役社長に根津嘉一郎が就き、本社を東京府東京市本所区小梅瓦町(現: 東京都墨田区押上1丁目)の東武鉄道本社に置いた。資本金は450万円。実際の東上鉄道本社は川越に置かれたが、初代根津嘉一郎が東上鉄道の経営に乗り出すと本社登記地のみ押上の東武鉄道本社に変更された。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た湯沢町

    計画当時は、「氷川・池袋・練馬・白子(現・和光市)・膝折(現・朝霞市)・大和田(現・新座市)・竹間沢(現・入間郡三芳町)・大井(現・ふじみ野市)・川越・小坂・松山(現・東松山市)・菅谷(現・嵐山町)・能増(現・小川町)・今市・小前田(現・寄居町)・児玉(現・本庄市)・藤岡・山名・飯塚(現・高崎市)・金古・渋川・棚下・沼田・真庭・湯原・綱子・万太郎・土樽湯沢・塩沢・六日町(現・南魚沼市)・浦佐・小出(現・魚沼市)・堀内・十日市・長岡」として氷川 - 渋川間を第一期線、渋川 - 長岡間を第二期線としていた。川越・児玉往還(東京 - 高崎)、三国街道(現国道17号。高崎以遠)と旧街道筋に沿って敷設する計画であったことが分かる。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た高坂駅

    10月1日: 坂戸町 - 武州松山(現・東松山駅)間開通。同時に高坂駅開業。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た川越市

    日本興業鉄道・京越鉄道(ともに未成線)など、川越の周辺で数多くの鉄道が企図・発起されるも、申請却下や免許失効で実現を見なかった。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た東武越生線

    全日を通して設定されている。日中の列車では唯一川越市以北へ向かう列車である。池袋 - 森林公園・小川町の区間で運行されている。川越市で後発のTJライナー・快速急行の待ち合わせを行う列車があるほか、2011年3月のダイヤ改正以降はTJライナーが増発された平日夜に限り成増で後発のTJライナーの通過待ちを行う列車があり、この場合は川越市での待ち合わせは行われない。シンボルカラーは赤。坂戸発着の越生線、小川町発着の寄居方面列車は急行と相互接続する。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

240件中 51 - 60件表示

「埼玉・東上線沿線のできごと」のニューストピックワード