240件中 61 - 70件表示
  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た児玉町

    1908年(明治41年)10月6日、東京府北豊島郡巣鴨町(現・東京都豊島区巣鴨) - 埼玉県入間郡川越町(現・埼玉県川越市) - 比企郡松山町(現・埼玉県東松山市) - 児玉郡児玉町(現・埼玉県本庄市)および群馬県高崎市を経て群馬県群馬郡渋川町(現・群馬県渋川市)に至る鉄道の敷設仮免許受け、1911年(明治44年)11月11日に東上鉄道創立総会を開き取締役社長に根津嘉一郎が就き、本社を東京府東京市本所区小梅瓦町(現: 東京都墨田区押上1丁目)の東武鉄道本社に置いた。資本金は450万円。実際の東上鉄道本社は川越に置かれたが、初代根津嘉一郎が東上鉄道の経営に乗り出すと本社登記地のみ押上の東武鉄道本社に変更された。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た高崎市

    1908年(明治41年)10月6日、東京府北豊島郡巣鴨町(現・東京都豊島区巣鴨) - 埼玉県入間郡川越町(現・埼玉県川越市) - 比企郡松山町(現・埼玉県東松山市) - 児玉郡児玉町(現・埼玉県本庄市)および群馬県高崎市を経て群馬県群馬郡渋川町(現・群馬県渋川市)に至る鉄道の敷設仮免許受け、1911年(明治44年)11月11日に東上鉄道創立総会を開き取締役社長に根津嘉一郎が就き、本社を東京府東京市本所区小梅瓦町(現: 東京都墨田区押上1丁目)の東武鉄道本社に置いた。資本金は450万円。実際の東上鉄道本社は川越に置かれたが、初代根津嘉一郎が東上鉄道の経営に乗り出すと本社登記地のみ押上の東武鉄道本社に変更された。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た都営地下鉄三田線

    かつては、大和町駅(現和光市駅) - 都営地下鉄三田線高島平駅間に、新線(連絡線)を建設して、同線を経由して東急目黒線方面との相互直通運転が計画されていた。その名残として、高島平駅は2面4線のホームとなっている。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た上長瀞駅

    ながとろ: 池袋駅 - 上長瀞駅 … 秩父鉄道線直通東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た長岡市

    当面の終点目標は上州すなわち群馬県の渋川で、東京と上州の頭文字を取って「東上」とした。将来は新潟県長岡を結ぶ計画だったことから、上越の「上」とする説があるが、この場合の「上越」の語源である上越線の開業は最も早い上越北線でも1920年であり、東上線の計画より後である。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た東武8000系電車

    東武鉄道が保有する有楽町線・副都心線乗り入れ兼用車(9000系、9050系、50070系)と地上運用専用車(8000系、10000系、10030系、30000系、50000系、50090型)のほか、直通先の東京地下鉄が保有する7000系と10000系、東京急行電鉄が保有する5050系が使用されている。詳細は後節を参照。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た駅ナンバリング

    東上本線(とうじょうほんせん)とは、東京都豊島区の池袋駅から埼玉県大里郡寄居町の寄居駅までを結ぶ、東武鉄道の鉄道路線。通常は東上線と呼ばれている。ラインカラーは紺色、駅ナンバリングの路線記号はTJ。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た西巣鴨町

    直ちに本免許を申請し、1912年(大正元年)11月16日東京府東京市小石川区大塚辻町(現・東京都文京区大塚)から群馬県群馬郡渋川町に至る鉄道敷設の件は先ず許可され、同月30日東京府北豊島郡巣鴨村大字池袋字宮ノ下から同村大字巣鴨字向原(現・東京都豊島区東池袋)に至る軽便鉄道の免許を受け、その後1914年(大正3年)4月18日には埼玉県入間郡川越町から田面沢村に至る軽便鉄道の免許を受け、1914年(大正3年)5月1日池袋 - 田面沢間(池袋 - 下板橋間2.2km、川越 - 田面沢間2.3kmは軽便鉄道、下板橋 - 川越間29kmは私設鉄道)が開通し、旅客・貨物運輸営業を開始した。開業にあたり鉄道省から蒸気機関車3両、高野登山鉄道から蒸気機関車2両、客車13両、貨車を35両をそれぞれ購入し、東武鉄道から機関車を借り入れた。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見たワンマン運転

    2005年(平成17年)3月17日: 嵐山信号場開設。武蔵嵐山駅 - 嵐山信号場間複線化。小川町駅 - 寄居駅間でワンマン運転を開始。これに関連して土曜・休日に残っていた全線直通列車が消滅し、全列車が小川町で乗り換えとなる。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見たときわ台駅 (東京都)

    10月20日: 武蔵常盤駅(現ときわ台駅)開業。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

240件中 61 - 70件表示

「埼玉・東上線沿線のできごと」のニューストピックワード