240件中 81 - 90件表示
  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た東京都

    東上本線(とうじょうほんせん)とは、東京都豊島区の池袋駅から埼玉県大里郡寄居町の寄居駅までを結ぶ、東武鉄道の鉄道路線。通常は東上線と呼ばれている。ラインカラーは紺色、駅ナンバリングの路線記号はTJ。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た埼玉県道39号川越坂戸毛呂山線

    成増駅 - 志木駅間は整備され、成増駅近隣をのぞき踏切は全くないが、その他の区間は全線的に建設当初のままで地上区間が多い。経路上で交差する主要道路はほぼ全路線が立体交差化されており(川越街道、新大宮バイパス、山手通り、環七通り、環八通り、笹目通り、朝霞市役所通り、慶應通り、志木街道、防衛道路、浦和所沢バイパス、国道16号、川越一番町通り、国道407号坂戸バイパス、埼玉県道39号川越坂戸毛呂山線坂戸バイパス、国道254号東松山バイパス、埼玉県道47号深谷東松山線、国道254号小川バイパスなど)、上福岡・川越の各駅周辺をのぞけば深刻な道路渋滞はほとんどないと言える。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た和光市

    計画当時は、「氷川・池袋・練馬・白子(現・和光市)・膝折(現・朝霞市)・大和田(現・新座市)・竹間沢(現・入間郡三芳町)・大井(現・ふじみ野市)・川越・小坂・松山(現・東松山市)・菅谷(現・嵐山町)・能増(現・小川町)・今市・小前田(現・寄居町)・児玉(現・本庄市)・藤岡・山名・飯塚(現・高崎市)・金古・渋川・棚下・沼田・真庭・湯原・綱子・万太郎・土樽・湯沢・塩沢・六日町(現・南魚沼市)・浦佐・小出(現・魚沼市)・堀内・十日市・長岡」として氷川 - 渋川間を第一期線、渋川 - 長岡間を第二期線としていた。川越・児玉往還(東京 - 高崎)、三国街道(現国道17号。高崎以遠)と旧街道筋に沿って敷設する計画であったことが分かる。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た都市高速鉄道

    池袋 - 和光市間をのぞき、普通列車(各駅停車)は有楽町線・副都心線直通列車を中心に設定している。和光市 - 志木間は都市高速鉄道13号線が整備され、唯一の複々線区間となっており、踏切も一切設置されておらず、速達列車は高速運転が可能となっている。また、複々線区間内においては時間帯・地下鉄線直通の有無に関係なく普通列車は内側の線路を走り、その他の優等列車(TJライナー・快速急行・急行・通勤急行・準急)は外側の線路を走る。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た埼玉県道36号保谷志木線

    成増駅 - 志木駅間は整備され、成増駅近隣をのぞき踏切は全くないが、その他の区間は全線的に建設当初のままで地上区間が多い。経路上で交差する主要道路はほぼ全路線が立体交差化されており(川越街道、新大宮バイパス、山手通り、環七通り、環八通り、笹目通り、朝霞市役所通り、慶應通り、志木街道、防衛道路、浦和所沢バイパス、国道16号、川越一番町通り、国道407号坂戸バイパス、埼玉県道39号川越坂戸毛呂山線坂戸バイパス、国道254号東松山バイパス、埼玉県道47号深谷東松山線、国道254号小川バイパスなど)、上福岡・川越の各駅周辺をのぞけば深刻な道路渋滞はほとんどないと言える。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た踏切

    成増駅 - 志木駅間は整備され、成増駅近隣をのぞき踏切は全くないが、その他の区間は全線的に建設当初のままで地上区間が多い。経路上で交差する主要道路はほぼ全路線が立体交差化されており(川越街道、新大宮バイパス、山手通り、環七通り、環八通り、笹目通り、朝霞市役所通り、慶應通り、志木街道、防衛道路、浦和所沢バイパス、国道16号、川越一番町通り、国道407号坂戸バイパス、埼玉県道39号川越坂戸毛呂山線坂戸バイパス、国道254号東松山バイパス、埼玉県道47号深谷東松山線、国道254号小川バイパスなど)、上福岡・川越の各駅周辺をのぞけば深刻な道路渋滞はほとんどないと言える。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見たつきのわ駅

    2002年(平成14年)3月26日: 森林公園駅 - 武蔵嵐山駅間複線化、つきのわ駅開業。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た貨物列車

    高坂駅 - 主に川越工場出場車の試運転の折り返しに使われる。かつては貨物列車の運転停車にも使われたが、貨物廃止後に行われた駅舎改築時に大規模な構内の配線替えが行われたため、当時の配線はプラットホームを含め現在とは全く異なる。駅のホームを挟む形で2本存在する。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た衆議院

    日本興業鉄道の発起人のメンバーの中には、後に東上鉄道の発起人になる内田三左衛門や千家尊賀が名を連ねていた。内田の出地は川越の豪商、千家の出地は出雲大社の宮司の家柄で兄千家尊福が貴族院に4回当選し、埼玉、静岡、東京府知事(官選)を歴任、1906年(明治39年)に第一次西園寺内閣の司法大臣に推されている。片や京越鉄道の発起人は川越電気鉄道創業者の綾部利右衛門や新河岸川・福岡運河(現・ふじみ野市)の回漕店福田屋の星野仙蔵らが連ねていた。星野は川越商業銀行取締役や黒須銀行を経て1904年(明治37年)に衆議院議員に当選し、当時同じく当選した初代根津嘉一郎から東上鉄道の計画を聞き協力を惜しまなかった。東上鉄道創業当初は監査役に就任したようである。日本興業鉄道計画が絶たれ、新たに千家尊賀と内田三左衛門ほか数名は新たに東上鉄道を発起した。1903年(明治36年)12月23日、逓信省にて東上鉄道の仮免許申請書を提出した。途中出資者が集まらず、紆余屈折を経てのちに東武鉄道社長となった根津嘉一郎に会社創立を託すことになったようである。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東上本線

    東武東上本線から見た上野国

    当面の終点目標は上州すなわち群馬県の渋川で、東京と上州の頭文字を取って「東上」とした。将来は新潟県長岡を結ぶ計画だったことから、上越の「上」とする説があるが、この場合の「上越」の語源である上越線の開業は最も早い上越北線でも1920年であり、東上線の計画より後である。東武東上本線 フレッシュアイペディアより)

240件中 81 - 90件表示

「埼玉・東上線沿線のできごと」のニューストピックワード