前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
605件中 1 - 10件表示
  • 小手指駅

    小手指駅から見た西武池袋線西武池袋線

    小手指駅(こてさしえき)は、埼玉県所沢市小手指町一丁目にある、西武鉄道池袋線の駅である。駅番号はSI19。小手指駅 フレッシュアイペディアより)

  • 石神井公園駅

    石神井公園駅から見た西武池袋線西武池袋線

    石神井公園駅(しゃくじいこうえんえき)は、東京都練馬区石神井町三丁目にある、西武鉄道池袋線の駅である。駅番号はSI10。石神井公園駅 フレッシュアイペディアより)

  • 営団07系電車

    営団07系電車から見た西武池袋線西武池袋線

    前面は約14度の後退角を付け、全体的に丸みを帯びた形状とし、フロントガラスは側面にまで周りこませた曲面ガラスとした。また、地下鉄線内における非常口としてプラグドアを設置する。前照灯と尾灯は丸型であり、窓下に設置されている。当初は西武池袋線内における優等列車での使用を考慮して上部に通過標識灯が設置されたが、同線での使用停止により使われることはなかった。東西線転籍後はフロントガラスの車掌台側に編成番号表記(71 - 76)が貼り付けされている。営団07系電車 フレッシュアイペディアより)

  • ひばりヶ丘駅

    ひばりヶ丘駅から見た西武池袋線西武池袋線

    ひばりヶ丘駅(ひばりがおかえき)は、東京都西東京市住吉町三丁目にある、西武鉄道池袋線の駅である。駅番号はSI13。ひばりヶ丘駅 フレッシュアイペディアより)

  • 東京メトロ副都心線

    東京メトロ副都心線から見た西武池袋線西武池袋線

    2008年6月14日に全線が開業した。これに合わせ、有楽町線新線を編入した上で和光市 - 渋谷間を「副都心線」と命名し、和光市 - 小竹向原間は有楽町線と線路・駅・施設を共有することになった。有楽町線新線から副都心線への改称に合わせて、便宜上「新線池袋駅」と案内されてきた同駅が「池袋駅」に改称され、千川・要町両駅の営業が開始された。また、開業と同時に東武東上線や西武有楽町線を経由して池袋線との相互直通運転が開始された(相互直通運転自体は有楽町新線時代から実施)。東京メトロ副都心線 フレッシュアイペディアより)

  • 練馬駅

    練馬駅から見た西武池袋線西武池袋線

    西武鉄道の池袋線・豊島線・西武有楽町線と、東京都交通局の都営地下鉄大江戸線が乗り入れている。練馬駅 フレッシュアイペディアより)

  • 西武鉄道

    西武鉄道から見た西武池袋線西武池袋線

    18px|SI 池袋線:池袋駅 - 吾野駅 (57.8km)西武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 練馬区

    練馬区から見た西武池袋線西武池袋線

    東京23区の中では最も新しく誕生した区で、板橋区の一部だった旧北豊島郡練馬町・上練馬村・中新井村・石神井村・大泉村の区域が1947年8月1日に分離して発足した。当時、広大な板橋区の区役所までの経路が遠く、著しく不便であったことが分離の要因とされている。板橋区は練馬、石神井に行政派出所(後に、支所)を設けたが、行政サービスは極めて限られていたため、西武池袋線沿線を中心として生活する住民の要望にこたえる形で分離された。練馬区 フレッシュアイペディアより)

  • 東京メトロ有楽町線

    東京メトロ有楽町線から見た西武池袋線西武池袋線

    その後1972年(昭和47年)の答申第15号では起点側が保谷に変更され、終点側は明石町 - 湾岸間及び豊洲 - 東陽町 - 住吉町 - 押上 - 亀有間が追加された。なお、同答申では保谷 - 練馬間は西武池袋線を複々線化することが示されたほか、中村橋 - 護国寺間は削除され、護国寺 - 目白間が東京12号線に編入され、志木 - 向原間は東京13号線として分離された。このうち小竹向原駅 - 新木場駅間が有楽町線、練馬駅 - 小竹向原駅間が西武有楽町線、石神井公園駅 - 練馬駅間が西武池袋線の線増分(複々線化)としてそれぞれ開業している。終点側は京葉間の湾岸沿いに海浜ニュータウン付近まで計画されていたが、ほぼ同じルートで計画されていた京葉線が当時は貨物専用線として計画が進行しており、後に旅客線へと用途が変更されたことを受けて有楽町線は新木場までに計画路線を短縮した。東京メトロ有楽町線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武6000系電車

    西武6000系電車から見た西武池袋線西武池袋線

    本系列は、1992年(平成4年)に西武池袋線と帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄)有楽町線との相互乗り入れ用車両として東急車輛製造が設計・製造したステンレス鋼製の地下鉄対応車両である。また、1996年(平成8年)以降の増備車は日立製作所が製造を担当し、車体をアルミニウム合金製にマイナーチェンジしている。本系列は今後の西武鉄道の標準車両と位置づけられ、「旅客サービス向上」「省エネルギー化」「メンテナンスフリー化」などをコンセプトに設計をした。西武6000系電車 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
605件中 1 - 10件表示

「埼玉・西武線沿線のできごと」のニューストピックワード