605件中 91 - 100件表示
  • 小竹町 (練馬区)

    小竹町 (練馬区)から見た西武池袋線西武池袋線

    練馬区の東部に位置する。北部を板橋区小茂根、南部を同区旭丘、東部を板橋区向原、西部を同区羽沢・栄町と接する。利用可能な鉄道駅は、西武池袋線の江古田駅北口と東京メトロ有楽町線、東京メトロ副都心線、西武有楽町線の小竹向原駅が利用できる。小竹向原駅は練馬区小竹町と板橋区向原にまたがっているが小竹町側の改札口出入り口にはほとんど店などはない。スーパーマーケット、ファミリーレストランなどがあるのは向原側である。そのため小竹町の繁華街(小竹通り、日大通り、音大通り商店街)はもっぱら江古田駅側のみになる。しかし、基本的に小竹町二丁目は第一種低層住居専用地域のため3階以上の建物が建てられなかったり、商業活動に規制が厳しいため、ほとんどが住宅地として利用されている。また、小竹町と隣接する旭丘に日本大学藝術学部や羽沢に武蔵野音楽大学などがあるため小竹向原駅や江古田駅北口などは通学経路として利用される。小竹町 (練馬区) フレッシュアイペディアより)

  • 西東京市

    西東京市から見た西武池袋線西武池袋線

    交通は東京の中心へ向かう東西が主で青梅街道、五日市街道の主要道路、鉄道も西武池袋線、西武新宿線がいずれも市内を東西に連絡している。鉄道は南北への連絡はなく、南北の移動は市域のほぼ中央にあたる谷戸新道、境新道を用いてバスや自家用車などでの利用が中心となる。西東京市 フレッシュアイペディアより)

  • 営団7000系電車

    営団7000系電車から見た西武池袋線西武池袋線

    1998年(平成10年)の新桜台 - 練馬間の複線化および西武池袋線乗り入れ開始に際しては、行先表示器がLED式に改修されている編成に西武形ATS・西武用列車無線装置などの乗り入れ機器を搭載し、字幕式で残っている編成は西武池袋線への乗り入れが不可能な編成として区別をした。後者も2000年(平成12年)度までにLED化と乗り入れ対応工事が施工され、全編成が西武乗り入れ対応車となった。このため、前面と側面それぞれに用意された列車種別表示窓に列車種別が表示されたことは一度もなく、側面の表示窓はアルミ板で塞がれたままであった。営団7000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 東飯能駅

    東飯能駅から見た西武池袋線西武池袋線

    JR東日本の八高線と、西武鉄道の池袋線が乗り入れており、接続駅となっている。東飯能駅 フレッシュアイペディアより)

  • 新秋津駅

    新秋津駅から見た西武池袋線西武池袋線

    構内から西武池袋線所沢駅方面への連絡線が延びている。これは、1976年(昭和51年)に武蔵野南線が開業した際に敷設されたもので、従来池袋線池袋駅と国分寺線国分寺駅で行われていた日本国有鉄道(国鉄) - 西武鉄道間の貨車中継はこの連絡線を使って当駅で実施されることになった。西武池袋線が貨物取扱を廃止してからは、新車搬入と地方私鉄への譲渡車両輸送や改修工事で車両メーカーへ輸送される際に使用されている。なお、他の西武線とつながっていない多摩川線使用車両の武蔵丘車両検修場における検査入出場は西武鉄道との連絡線を介し、甲種輸送で八王子駅経由で武蔵境駅へと向かうルートで輸送される。新秋津駅 フレッシュアイペディアより)

  • 西武台新座中学校・西武台高等学校

    西武台新座中学校・西武台高等学校から見た西武池袋線西武池袋線

    西武鉄道新宿線・池袋線「所沢駅」東口よりスクールバスで約25分。西武台新座中学校・西武台高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 保谷市

    保谷市から見た西武池袋線西武池袋線

    大正時代に池袋と所沢をむすぶ武蔵野鉄道(現在の西武鉄道池袋線)が開通し、保谷駅・ひばりヶ丘駅(当時は田無町駅)が開業した。保谷市 フレッシュアイペディアより)

  • 西武411系電車

    西武411系電車から見た西武池袋線西武池袋線

    改造後は常時701系列とともに運用され、一時期は池袋線系統でも運用されていたが、701系列の新宿線系統への集中配備化に伴って本系列も池袋線系統から撤退した。西武411系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 八高線

    八高線から見た西武池袋線西武池袋線

    箱根ケ崎駅を出ると、かつては本線の右側を複線のように貨物線が並走していた。撤去された現在は草に覆れ面影が乏しい。ゆるい登り勾配を進むと、瑞穂バイパスの跨線橋をくぐる。ここで、八王子駅から当線の左右を並行して走ってきた国道16号と一旦別れ、川越市までは、当線と川越線とは全く別ルートを走る。埼玉県入間市に入り、狭山茶の茶畑の中を走り標高158メートルの八高線最高地点を通過。掘割された圏央道を跨いで、緩い勾配を下ると八高線最高所駅の金子駅に到着する。金子駅からは加治丘陵を峠もなく20‰の急勾配で駆け下りる。この坂はかつて蒸気機関車が走っていた頃には(八高線の)金子坂と呼ばれていて、坂を登る機関車の写真スポットとなっていたようだ。参考までに地元では、この坂の脇の道路を長沢峠といい、金子坂は新久から仏子への丘陵を越える市道幹27号線の通称に用いられている。飯能市に入り左にカーブすると、右手に駿河台大学が見えてくる。そして高い築堤と橋梁で入間川を渡る。複線の西武池袋線の上を越える手前で築堤から高架になる。元々は入間川橋梁から築堤で高さをキープして、単線の池袋線を橋で跨いでいたが、池袋線の複線区間延長のため、橋を付け替えることが必要になり、元の築堤の左側に高架を造り、付け替えた。緩やかな左カーブを抜けると高架が終わり、住宅街の中を進むとやがて右にカーブする。すると、左側から飯能駅を経由しない短絡線の予定地だったスペースと、飯能駅でスイッチバックし単線になった同線が急カーブで寄り添ってきて東飯能駅に着く。同線がすぐまた左急カーブで離れ、国道299号の跨線橋をくぐり、鹿山峠を20‰の急勾配で登って駆け下りる。林地を抜け、左急カーブのすぐ右手に本線の変電所が見えるが、ここが1947年の八高線列車脱線転覆事故の現場であり、すぐに川越線との分岐点である、高麗川駅に到着となる。八高線 フレッシュアイペディアより)

  • 所沢市

    所沢市から見た西武池袋線西武池袋線

    池袋を起点とする西武池袋線と西武新宿を起点とする西武新宿線の2つの幹線が東と南からやってきて、所沢駅に互い違いで乗り入れている。その後2つの路線はそれぞれ北と西とに進路を変え、当市内を横断する。所沢市 フレッシュアイペディアより)

605件中 91 - 100件表示

「埼玉・西武線沿線のできごと」のニューストピックワード