495件中 21 - 30件表示
  • 豊島園駅

    豊島園駅から見た西武池袋線西武池袋線

    島式ホームとしては、非常に幅員の広いホームである。1960年代までは「コの字」型頭端式ホーム2面3線の形態であったが、その構造だと最大6両編成までしか入線できず、池袋線の輸送力増強で普通列車(各駅停車)でも8両編成での運用が増えたことに対応できなかった。また当時のダイヤ形態では、昼間はホームは1線しか使われていなかった。そのために現在のような中央1線を埋めた構造になった。同様に中央1線を埋めて完全な島式ホームにしたケースは、西武鉄道では新宿線の花小金井駅にも見られる。ホームの屋根の形状から当時の面影を見ることができる。2番ホームの線路の反対側にはホームの跡が残っており、6両編成に対応する有効長であったことが伺える。階段跡も残っているが柵で仕切られており立ち入ることはできない。2010年以降にホーム跡地の一部に花が植えられている。豊島園駅 フレッシュアイペディアより)

  • 西所沢駅

    西所沢駅から見た西武池袋線西武池袋線

    池袋線と狭山線が乗り入れている。狭山線は当駅が起点である。西所沢駅 フレッシュアイペディアより)

  • 西武秩父線

    西武秩父線から見た西武池袋線西武池袋線

    池袋線の事実上の延伸区間であり、池袋線とともに池袋 - 西武秩父間を結ぶルートを形成している。池袋線の飯能 - 吾野間と直通運転している(特急・快速急行は池袋駅まで)。池袋線の運行系統が飯能駅で分割されているため、起点が飯能駅であると思われたり、地図などで飯能 - 吾野間も西武秩父線とするような表記が見られる。西武秩父線 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜高速鉄道みなとみらい21線

    横浜高速鉄道みなとみらい21線から見た西武池袋線西武池袋線

    既に、副都心線は2008年の開業時から東武東上線・西武池袋線(西武有楽町線経由)と相互直通運転を行っており、東横線と副都心線の相互直通運転が開始されると、副都心線・東横線を介して本路線までが一本で結ばれ、本路線を含めた鉄道5事業者(横浜高速・東急・東京メトロ・東武・西武)による相互直通運転が実施される。西武の車両が営業運転としては初めて東急線及び神奈川県内を走行することになっている。横浜高速鉄道みなとみらい21線 フレッシュアイペディアより)

  • 秋津駅

    秋津駅から見た西武池袋線西武池袋線

    秋津駅(あきつえき)は、東京都東村山市秋津町五丁目にある西武鉄道池袋線の駅である。駅番号はSI16。秋津駅 フレッシュアイペディアより)

  • 東京急行電鉄

    東京急行電鉄から見た西武池袋線西武池袋線

    3月16日 東横線渋谷 - 代官山間が地下化され、東京地下鉄副都心線および副都心線経由で東武東上線・西武池袋線との相互直通運転を開始、日比谷線との直通運転を終了。東京急行電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 清瀬駅

    清瀬駅から見た西武池袋線西武池袋線

    清瀬駅(きよせえき)は、東京都清瀬市元町にある、西武鉄道池袋線の駅である。駅番号はSI15。清瀬駅 フレッシュアイペディアより)

  • 砂川堀

    砂川堀から見た西武池袋線西武池袋線

    さらに北東に流れ、西武池袋線、西武新宿線と交差する。埼玉県道6号川越所沢線付近は暗渠となっていて道路に沿って流れている。近年までコンクリートの蓋が残っていたが、現在は舗装されている。関越自動車道、国道254号、東武東上線などと交差し、富士見市南畑付近で新河岸川に合流する。砂川堀 フレッシュアイペディアより)

  • 上り屋敷

    上り屋敷から見た西武池袋線西武池袋線

    上り屋敷(あがりやしき)は、東京都豊島区西池袋2丁目?3丁目の主に西武池袋線に近接する一帯を指す地名。あくまで通称であり明治以降正式な住居表示になったことはない。上り屋敷 フレッシュアイペディアより)

  • 平林寺

    平林寺から見た西武池袋線西武池袋線

    東武東上線:朝霞台駅 - 平林寺 - 東久留米団地?西武池袋線:東久留米駅東口平林寺 フレッシュアイペディアより)

495件中 21 - 30件表示

「埼玉・西武線沿線のできごと」のニューストピックワード