495件中 41 - 50件表示
  • 横手 (日高市)

    横手 (日高市)から見た西武池袋線西武池袋線

    日高市の西端に位置する。北部は入間郡毛呂山町権現堂、東部は市内高麗本郷・久保・武蔵台、南部は飯能市永田台・久須美、西部は飯能市白子と隣接する。元々は外秩父山地東端の森林地帯であり、地域の中央部を西から東に高麗川が流れる。高麗川沿いが周囲より低くなっており、国道299号と西武池袋線がこの谷地に集中して通っている。1988年から地域南西部の山林が西武グループによって隣接する飯能市永田台とともに『西武飯能日高分譲地』として開発された。この時整備された分譲地は、大字横手から分離して新たに横手一丁目・二丁目として設置された。この地域は分譲地外の大字横手と区別して横手台と呼ばれることが多い(例・横手台自治会館など)。分譲地内はほぼ宅地化が完了しているが、一部では現在も宅地化を進めている。大字横手地区内の字は、市原・坂下・山下・小瀬名・駒高が置かれている。横手 (日高市) フレッシュアイペディアより)

  • 江古田

    江古田から見た西武池袋線西武池袋線

    当地域には駅はないが、都営地下鉄大江戸線(落合南長崎駅・新江古田駅)、西武池袋線(東長崎駅・江古田駅)および西武新宿線(新井薬師前駅・沼袋駅)の各駅が徒歩10-15分の範囲にある。乗合バスの系統および運行本数も充実しており、これを利用する者も多い。江古田 フレッシュアイペディアより)

  • 入間馬車鉄道

    入間馬車鉄道から見た西武池袋線西武池袋線

    武蔵野鉄道(現在の西武池袋線)開通前、鉄道の存在しなかった飯能地区と、南北に伸びる川越鉄道(現在の西武新宿線)とを連絡する鉄道系交通機関として重要な役割を果たした。入間馬車鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 彩の森入間公園

    彩の森入間公園から見た西武池袋線西武池袋線

    電車:西武池袋線稲荷山公園駅南口から徒歩10分彩の森入間公園 フレッシュアイペディアより)

  • 久米 (所沢市)

    久米 (所沢市)から見た西武池袋線西武池袋線

    西武新宿線・西武池袋線が通るが、駅は設置されていない。所沢駅が最寄り駅となる。久米 (所沢市) フレッシュアイペディアより)

  • 小竹町 (練馬区)

    小竹町 (練馬区)から見た西武池袋線西武池袋線

    練馬区の東部に位置する。北部を板橋区小茂根、南部を同区旭丘、東部を板橋区向原、西部を同区羽沢・栄町と接する。2005年(平成17年)10月1日現在の面積は0.518平方キロメートル。利用可能な鉄道駅は、西武池袋線の江古田駅北口と東京地下鉄有楽町線、東京地下鉄副都心線、西武有楽町線の小竹向原駅が利用できる。小竹向原駅は練馬区小竹町と板橋区向原にまたがっているが小竹町側の改札口出入り口にはほとんど店などはない。スーパーマーケット、ファミリーレストランなどがあるのは向原側である。そのため小竹町の繁華街(小竹通り、日大通り、音大通り商店街)はもっぱら江古田駅側のみになる。しかし、基本的に小竹町二丁目は第一種低層住居専用地域のため3階以上の建物が建てられなかったり、商業活動に規制が厳しいため、ほとんどが住宅地として利用されている。また、小竹町と隣接する旭丘に日本大学藝術学部や羽沢に武蔵野音楽大学などがあるため小竹向原駅や江古田駅北口などは通学経路として利用される。小竹町 (練馬区) フレッシュアイペディアより)

  • 西狭山ヶ丘

    西狭山ヶ丘から見た西武池袋線西武池袋線

    西武池袋線狭山ヶ丘駅の南西に位置し、和ヶ原、狭山ヶ丘、若狭、三ヶ島、林と隣接する。西狭山ヶ丘 フレッシュアイペディアより)

  • 聖望学園中学校・高等学校

    聖望学園中学校・高等学校から見た西武池袋線西武池袋線

    西武池袋線 飯能駅 (池袋駅 から約50分)より徒歩15分聖望学園中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 高麗神社

    高麗神社から見た西武池袋線西武池袋線

    入口付近の敷地には、将軍標(しょうぐんひょう・ジャングンピョ)がある。1992年に在日本大韓民国民団埼玉県地方本部によって木製のものが奉納されたが事故で破損し腐食したため、2005年になって現在の花崗岩で制作されたものが民団中央により寄贈された。将軍標は西武池袋線の高麗駅の広場にも建てられている。高麗駅の将軍標は何度か再建されており、初めて立てられたのは高麗駅の方が早い。高麗神社 フレッシュアイペディアより)

  • 西武501系電車

    西武501系電車から見た西武池袋線西武池袋線

    前述のように各部に手を入れられつつ、本系列は第一線で運用され続けた。主電動機出力の余裕を生かし、西武秩父線開業以後は休日のハイキング急行(現在の快速急行の前身)運用にも数多く充当された実績を持つ。しかし、101系の大量増備に伴って従来車の代替が進行すると、比較的車齢の高い本系列も修繕工事施工から日が浅かったにも関わらず同系列による代替対象となった。311系および371系の淘汰が完了した後、かつて同一形式であった351系(元モハ501 - 520初代)と同時進行で淘汰が開始された。西武501系電車 フレッシュアイペディアより)

495件中 41 - 50件表示

「埼玉・西武線沿線のできごと」のニューストピックワード