605件中 41 - 50件表示
  • 西武ぶしニュータウン

    西武ぶしニュータウンから見た西武池袋線西武池袋線

    ニュータウンを東西に分断するかのように、中心部に飯能狭山バイパス(国道299号)が南北に通っている(ニュータウンには直接接続していない)。交通は西武池袋線仏子駅からのバスを利用する。西武ぶしニュータウン フレッシュアイペディアより)

  • びっくりガード

    びっくりガードから見た西武池袋線西武池袋線

    当初は国鉄のみをガード下でくぐり、西武池袋線は100mほど北側を踏切で越えていた(池袋駅構内入り口、および、西武百貨店本館とイルムス館の間にある搬入用通路がその名残)。びっくりガード フレッシュアイペディアより)

  • 彩の森入間公園

    彩の森入間公園から見た西武池袋線西武池袋線

    電車:西武池袋線稲荷山公園駅南口から徒歩10分彩の森入間公園 フレッシュアイペディアより)

  • 滝の城

    滝の城から見た西武池袋線西武池袋線

    西武新宿線・池袋線 所沢駅東口、JR武蔵野線 東所沢駅、または東武東上線 志木駅南口から、西武バス・所52系統で停留所「城」下車、徒歩3分。滝の城 フレッシュアイペディアより)

  • 横手 (日高市)

    横手 (日高市)から見た西武池袋線西武池袋線

    日高市の西端に位置する。北部は入間郡毛呂山町権現堂、東部は市内高麗本郷・久保・武蔵台、南部は飯能市永田台・久須美、西部は飯能市白子と隣接する。元々は外秩父山地東端の森林地帯であり、地域の中央部を西から東に高麗川が流れる。高麗川沿いが周囲より低くなっており、国道299号と西武池袋線がこの谷地に集中して通っている。1988年から地域南西部の山林が西武グループによって隣接する飯能市永田台とともに『西武飯能・日高分譲地』として開発された。この時整備された分譲地は、大字横手から分離して新たに横手一丁目・二丁目として設置された。この地域は分譲地外の大字横手と区別して横手台と呼ばれることが多い(例・横手台自治会館など)。分譲地内はほぼ宅地化が完了しているが、一部では現在も宅地化を進めている。大字横手地区内の字は、市原・坂下・山下・小瀬名・駒高が置かれている。横手 (日高市) フレッシュアイペディアより)

  • 久下稲荷神社

    久下稲荷神社から見た西武池袋線西武池袋線

    本殿、弊殿、拝殿、社務所(一丁目倶楽部)、覆殿、鳥居、水舎、一丁目町内会山車倉庫、納札所、猿田彦社、町会倉庫。境内北側に西武池袋線の引き込み線がある。飯能駅の駅長室には、業務の安全を祈願して当社の分霊が祀られているとされる。久下稲荷神社 フレッシュアイペディアより)

  • グリーンガーデン武蔵藤沢

    グリーンガーデン武蔵藤沢から見た西武池袋線西武池袋線

    グリーンガーデン武蔵藤沢(グリーンガーデンむさしふじさわ)は、埼玉県入間市の西武池袋線武蔵藤沢駅前にある、ネイバーフッド型ショッピングセンター。グリーンガーデン武蔵藤沢 フレッシュアイペディアより)

  • 若狭 (所沢市)

    若狭 (所沢市)から見た西武池袋線西武池袋線

    西武池袋線・狭山ヶ丘駅の南側に位置し、若狭 (所沢市) フレッシュアイペディアより)

  • 入間馬車鉄道

    入間馬車鉄道から見た西武池袋線西武池袋線

    武蔵野鉄道(現在の西武池袋線)開通前、鉄道の存在しなかった飯能地区と、南北に伸びる川越鉄道(現在の西武新宿線)とを連絡する鉄道系交通機関として重要な役割を果たした。入間馬車鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 向陽台 (入間市)

    向陽台 (入間市)から見た西武池袋線西武池袋線

    入間市の町丁である向陽台は、同市の北東側(狭山市側)に位置する。2つの丁別からなるが、1丁目は主に学校施設や集合住宅が複数建ち並び、2丁目も学校施設の他彩の森入間公園や航空自衛隊入間基地(入間市内)の一部が存在する。周辺は北西に河原町、西に高倉、南西に豊岡、南に東町と同じ豊岡地区の町とそれぞれ接している。一方北側や東側は狭山市に接しており、特に航空自衛隊入間基地と概ね接する形になっている。また当町とその東側の入間基地との境に西武池袋線も通っている。向陽台 (入間市) フレッシュアイペディアより)

605件中 41 - 50件表示

「埼玉・西武線沿線のできごと」のニューストピックワード